忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

11eyes 第4話「仮面の微笑 ~a doboz mögött maszk~」

平和な学園生活と戦いの赤い夜の往復、思わせぶりな設定に少々飽きが来ていたところだが、新キャラのメガネっ娘広原雪子の豹変と活躍。駆たちだけではなく見ている側も救われた気がする「11eyes」の第4話。
眼帯の下の右目に隠された能力があるはずのに、何も力がないことを悔やみ無駄に剣の修行をする駆。駆から守られるだけの存在のようでいながら、実は覚醒前のラスボスじゃないかと個人的には疑っている幼なじみのゆか。序盤での二人の関係を後から見れば、きっと皮肉な構図なのだろうと想像する。
その二人の所に赤い夜の戦いを通じて、陰陽師の美鈴、接近戦の戦闘娘雪子、炎の使い手で不良の賢久が関係してくることになった。

保険医の赤嶺彩子と謎の怪我の絶えない賢久の掛け合いと鬼ごっこ。美鈴の道場で駆の剣の稽古と、Aパートはいままでのおさらいのようで、やや退屈な構成。
それでも普段は天然系の雪子が主催する「考現学部」とやら怪しいものの、学園では平和そうな生活を送っているのがうかがえる。おっぱいの研究も考現学の分野なのだろう。
普段の平和な学園の風景に、一般的なキャラクターの登場が少ないのが惜しい。それは香央里と匡のコンビに代表させたようだが、いかんせん登下校時に絡む程度なのが物足りない。それとも彼らも巻き込まれることになるのだろうか。
微妙なポジションで姿だけ見せている帰国子女?の百野栞だが、さすがに一般人ということはないだろう。出番はまだだと推測するが、素人が「禁書目録」などを持ち歩くはずもない。イタリアから帰国という設定はバチカン関係の魔術サイドの人間で別の展開のカギを握り、状況を監視しているのかもしれない。

11eyes040111eyes040211eyes040311eyes040411eyes040511eyes040611eyes0407

この話数の赤い夜でのメインヒロインは広原雪子。
メガネは彼女の能力の解放スイッチを兼ねている、または彼女を作った者が備えた安全装置か。
傷の回復が早いことは見せていたが、瀕死の状態でも死ねない、死ぬことができない体とは自己修復機能付きのアンドロイドかもしれない。殺戮の国で生まれた生い立ちを語りかけた様子からは、彼女自身が殺戮兵器として作られたのかもしれない。雪子の殺気に身じろき剣を一瞬向けた美鈴の態度からも、人ではないものへの恐れが現れているように見えた。
そんな雪子が黒騎士に単独向かう、ダガーの接近格闘戦のアクションはなかなか良かった。普段のあんなキャラの活躍は、ギャップ萌えの琴線をくすぐる点があるようだ。
シリアスな格闘戦にも、パンチラカットを忘れない制作姿勢は表彰モノだ。

11eyes040811eyes040911eyes041011eyes041111eyes0412

黒騎士の一体にトドメを刺すタイミングで横槍を入れられた瀕死の雪子だが、群れることを嫌いな賢久が救い、赤い夜が明ける。
駆の死んだ姉菊理に似た少女や、先に書いた帰国子女栞の動向を気にしつつ、水晶の少女や黒騎士との赤い夜への往復が続くかもしれないが、転機が欲しいところでもある。
タイトルの「11eyes」は、隻眼の駆と5人のことだろうが、ゆか、美鈴、雪子、賢久に残りは菊理に似た少女のことか、それともどんでん返しがあるのか、種明かしを待とう。
世界観や設定はあまり追及しないほうが見やすいだろうから、登場キャラクターの活躍中心で楽しむことにしたい。
今話の制作はAIのグロスで、杉本光司作監だった。

Arrival of TearsArrival of Tears(初回限定盤)(DVD付)11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)11eyes-罪と罰と贖いの少女-11eyes CrossOver (イレブンアイズ クロスオーバー)(通常版)11eyesCrossOver ビジュアルガイドブック (JIVE FAN BOOK SERIES)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

11eyes 第4話 「仮面の微笑」 感想

『考現学』というものを知ったのは収穫でしたが。11eyes 第4話 「仮面の微笑」 の感想です。 wikipediaによると、考現学とは考"古"学をもじ...

11eyes 第4話「仮面の微笑〜a doboz mögött maszk」

駆たちは、雪子が部長を務める考現学部に入部する事に。 いつも明るい雪子ちゃんは、一同のムードメーカーになりそうですね。 そんななか美...

11eyes 第4話「仮面の微笑」

戦闘機械の少女。

11eyes 第4話「仮面の微笑」

11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)(2009/12/25)小野大輔後藤麻衣商品詳細を見る 賢久の方が駆よりも主人ぽい性格をしていますね。不良ぽくて、自称...

11eyes第4話『仮面の微笑〜a doboz mogott maszk』の感想レビュー

考現学部始動!&雪子の正体が明らかに!!という雪子メイン回でした。 発火能力をもつ賢久の活躍も描かれ、味方陣営が少しずつ揃って行く様子は頼もしかったですが、片や一匹狼、片や不死身wwという2人が、戦いに与える影響とは? 以前から赤い夜を戦い抜いてきた雪子は、美鈴先輩と面識があったわけですが、賢久とも以前から顔なじみであったことが明らかに。 逆に、美鈴先輩にはもう1人赤い夜のことを知る人物がいるということも伏線的に描かれていましたが、今回は出番が無かった様ですね。 消去法で行けば1人しか該当者がいない気が...

11eyes 第4話「仮面の微笑」

ユキポンのつくった考現部が今後の駆達の活動拠点に決まり、ユキポンが以前から知っている賢久を誘うが、賢久は自分の能力に自身があるようで群れずに駆達とは一線をおいて一匹狼で戦うようです。この賢久とユキポンが活躍しました。

11eyes 第4話

第4話『仮面の微笑』11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)今回は・・・一人仲間(?)が増えました。

11eyes 第4話

今回は賢久も赤い夜で戦っていたと分かる話でした。 冒頭からいきなり格好良く戦ってましたけど、何気に強そうですねぇ。 能力的には現状で一番という感じ、一人で生き残ってきただけのことはあるんですかね。 雪子率いる考現学部なる意味不明な部活動は何なんでしょう....

11eyes 第4話「仮面の微笑」

新しく仲間になった雪子ちゃん。 その能力は一体なんなのか!? は、よく分かりませんでした(≧Д≦;) ものすごく動きが素早い・・・? ...

先週の11eyes #4 「仮面の微笑〜a doboz mögött maszk」 ★★★☆☆

雪子ちゃんも加わって2人でパンチラ計8回だった一方、 肝心な部分が画面外、乳揉みNG酷過ぎるよ。うゆ〜!! 初っ端からパンチラ、戦闘シーンでも余すところなく存在感を見せつけてた雪子ちゃんのお披露目回。常時パンチラのゆかちゃんも 今回ばかりは駆の隣に居る女の子

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]