忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

WHITE ALBUM 第22話「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

主人公の周りで女神たちが乱舞するドラマも22話目。大詰めは明星音楽祭での由綺と理奈のステージ対決を目指して進んでいると漠然と思うものの、この段階に至っても何の確信はない。
消えたと思った美咲ルートに田丸、平良木、そして松山めのうが絡んでメインラインを補完する体制になってきたり、マナはともかく、芸能関係に縁のないはるかの芽は消えたと思っていたが冬弥に体を開いた。女神たちの翻弄に戸惑いがあっても然るべきだが、その冬弥ははるかを救済するかのように取り繕う。独り取り残された理奈が冬弥にそこまで依存していたとは意外だが、次回は理奈のターンか、まだ美咲さんか。
記憶の限りでは冬弥は由綺を女神と呼ばず、彼の日常の一部分としか認識していなかったが、今はどうなのだろう。そんな冬弥の日常を守るために女神たちが体を張って居るようだ。その意味においては主人公は冬弥、メインヒロインは由綺で間違いはない。どんなに留守電だけの一方通行の会話ですれ違いが続こうとも。

whitealbum2201whitealbum2202whitealbum2203whitealbum2204whitealbum2205whitealbum2206whitealbum2207
whitealbum2208whitealbum2209whitealbum2210whitealbum2211whitealbum2212whitealbum2213whitealbum2214

美咲さんを再び表に引っ張り出すための田丸の役目は重要。ストーカー平良木の方は意気地のないことに金と引き替えにネガを弥生さんに渡す始末。弥生さんの体と金を張った気迫には平良木程度では敵わない。かなり迂遠だが、弥生さんの行動はあくまでもアイドルという商品「森川由綺」のイメージを守ることが第一、第二は間接的に冬弥がその障害にならないことで全てが説明できそうだ。
美咲さんは押しに弱いだけのタイプかと思っていたが、2年前は田丸にまとわりついていたというのが意外。シリーズ前半でも、後半の所々にも少々「ダメ女」の気配を漂わせていたが、いまさら田丸と縒りを戻すことで目の前の難を逃れようとするのは彼女らしい。その意味では彼女も冬弥への災いを体を張って防ぐ女神だ。

美咲さんの窮地は「めーちゃん」こと松山めのうが救う。
ジャーナリストを気取る田丸がめのうの追っかけだったとは噴飯ものだが、セミヌード撮影させて自らの暴露ネタを釣り餌にして追い払った。美咲にインタビューのテープ起こしを依頼するシナリオは少々不自然だが、こうでもしないとこの人たちの縁は作れない。
美咲の前で冬弥の幼なじみを自称し、美咲と同じ「女神」であると告げためのうだが、冬弥は幼い頃から「女神」を乱発していたのだろうか。
付き人にしか見えないなつこを呼んで弾き語りさせるめのうだが、これはゴーストシンガーソングライターであることを現しているのだろう。スタジオのシーンでも数々の暗示があった。田丸に与えたネタはこれだろうか。
明星音楽祭前に暴露記事掲載では、めのう押しの神崎社長も理奈に差し替えざるを得なくなる。音楽祭は理奈対由綺に自然と決まる。元々めのうは芸能界に執着などないのだろう。素行態度からしてもアイドルではない。ひょっとすると可愛がっているなつこの実力が明らかになってデビューすることも期待しているのかも知れない。

whitealbum2215whitealbum2216whitealbum2217whitealbum2218whitealbum2219whitealbum2220whitealbum2221
whitealbum2222whitealbum2223whitealbum2224whitealbum2225whitealbum2226whitealbum2227whitealbum2228

マナとの交流で兄を失った過去の痛みから復帰したように見えたはるか。
兄でも友達でも恋人でもない状態で冬弥から放置された鬱積が解放されたのか、山荘で冬弥の体を求めるはるか。冬弥との関係に割り込んできた由綺に距離を置いていたのも頷ける。
屋外で頭を冷やした冬弥だが、ハートと下半身は熱いままだったようで、直接描写はないもののベッドではるかを抱いたようだ。冬弥にとっては都合良く扱ってきたはるかへの贖罪の行為で、これで一区切りか終わらせたかったはずだ。ベッドを出たはるかの表情はなかったが、彼女にとってはこれが始まりになるのではないだろうか。冬弥の身辺に混乱を望むようなはるかではないだろうが、火が付いたとしても不思議ではない。

自ら女神の理奈には盾となる女神は居ない。事務所からもかつては頼りの兄からも孤立して目指す方向は歌しかない。孤独な理奈の気持ちに冬弥は鈍感だ。
オヤジの方は見舞いに来たマナに惚けたような物言いだが、いつもの世迷い言か死期が迫っているのか曖昧だ。
由綺の方は迷いながらもひたすら歌の道に一直線だ。ただ冬弥と理奈の関係が重くのしかかっていることは疑いはない。それを晴らすのは音楽祭か、直接の行動で示すのか、残り4話と言うのが信じられないほど行方は混沌としている。

WHITE ALBUM Vol.5 [Blu-ray]WHITE ALBUM VOL.6 [Blu-ray]WHITE ALBUM2 -introductory chapter- 初回限定版 (予約キャンペーン特典「オリジナルフィギュア」付き)

WHITE ALBUM キャラクターソング POWDER SNOW (緒方理奈)
WHITE ALBUM キャラクターソング タイトル未定 (森川由綺)
WHITE ALBUM サウンドステージ01

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

WHITE ALBUM 第22話

[[attached(1)]] おい、タクシーの運転手ww 冬弥が乗ってきたタクシーなのにマナちゃん乗せて帰っちゃったぞ(^^; 普通は乗せて来た客に何か確認とかとらない? まあ、お金さえ払ってくれれば客なんで誰でもいいんだろうけどさw [[attached(2)]] 田丸死ねよww お前の顔芸の方がよっぽど安いわw って、美咲さんと田丸は昔付き合っててその時に妊娠させられたのか。 てっきり、田丸が執拗にストーキングしてたのかと思ってたのに。 美咲さんは、田丸、冬弥、...

WHITE ALBUM 第22話「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

「もう一人にしちゃ、嫌だ…」 冒頭でマナがタクシーを使った為、冬弥は置き去りにされた訳です…が。 どうやら奴は、はるかとも一晩を過...

WHITE ALBUM 第22話

第22話『口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから』WHITE ALBUM Vol.5 [Blu-ray]今回は・・・また別の女に手を・・・

今日のWHITE ALBUM #22 ★★★☆☆

マナちゃん居たああああ!!っておかしいな。俺の隣で 寝てたはずなのに。冬弥置き去りにされててクソワラタw はるかとマナちゃんは冬弥を巡る口論をして以来、気まずさがあったので会ってないと踏んでたらいつの間にか仲直りしてたみたい。 マナちゃんを見つけた冬弥が「

WHITE ALBUM 第二十\二頁 「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

冬弥と篠塚弥生が付き合っていることを知ってしまった澤倉美咲。このことを知ったのは、例のヘタレ僕の田丸から仕事の話だと喫茶店に呼び出されて、手篭めにされることところを助けたのは、松山めのう。

WHITE ALBUM第22話感想

#22「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

[アニメ]WHITE ALBUM:第22話「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

オアシスは枯れはて、汚れたドロだまりになる。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]