忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

レベルアッパーを追って学園都市のミステリーに切り込むと同時にメインキャラクターたちの友情物語を展開する「とある科学の超電磁砲」。
レベルアッパーを手に入れた佐天の葛藤と、事件を追う初春が直接顔を合わせることなく電話での会話と表情で進むAパートの構成は見事だと思う。
事件を追い詰めるジャッジメントやアンチスキルの活躍を一方向の視点から描くことはせず、無能力者や平凡な市民の視点を混ぜて多角的に映しだしている。今回のサブタイが示すとおり「サイレント・マジョリティ」こそ、このレベルアッパー編の主人公だ。黒子やレベル5の美琴がサブに回るのは必然で、要所を締める役割だ。

拍手


レベルアッパーを試すうちに倒れたアケミの姿に、我に返った佐天。親友のはずの初春にもずっと隠していたレベルアッパーの使用を打ち明ける。電話だけで続けられる会話とお互いの表情に感情、特に街を走りながら電話で佐天を励ます初春のアクションに、ちょっと懐かしい青春ドラマの香りがした。
今回のシナリオも前話に続き大野木寛。前話の山内重保のコンテ演出は悪くないと思ったが、少しもったいぶった印象を受けた。今話の須間雅人(小林常夫のペンネーム)の絵コンテと高島大輔の演出は、この佐天と初春の会話ドラマの完成度の高さのみで前話を凌いだと思う。

railgun1001railgun1002railgun1003railgun1004railgun1005railgun1006railgun1007
railgun1008railgun1009railgun1010railgun1011railgun1012railgun1013railgun1014

レベルアッパーの仕組みに「共感覚性」を思いついたことから、美琴と黒子は病院のカエル先生から被害者の脳波に共通点があるとの講釈を受け、支部で固法のアクセスでバンクにアクセス。
固法の説から、レベルアッパーの脳をつなぐAIM拡散力場のネットワークを利用したグリッドコンピューティングのようなものだと思って良いのだろう。特定の目的のために弱い能力、無能力者であろうとも休止状態の能力を数多く集めて利用する。その副作用として元の脳波の持ち主の能力が無能力者にも使えると言う仕掛けなのだろう。
特定された共通の脳波の持ち主が木山春生。かなりの能力者なのだろう。

一方、初春は佐天を救うカギを得るべく木山のところへ。
木山が共感覚性の研究者であることを知ってしまった初春は、木山によっていずれかに連れ去られることに。美琴も出動して次回は能力者同士の決戦になるのだろうか。
事件の背後にある木山の動機や、佐天のお守りや家庭のフォローを期待したい。

作監は山下喜光で、グロスがC-Station。ビィートレインの関連スタジオか、もしくはそのものだろう。

railgun1015railgun1016railgun1017railgun1018とある科学の超電磁砲 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマDear My Friend -まだ見ぬ未来へ- <初回限定盤> TVアニメ「とある科学の超電磁砲」EDテーマ
 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

レベルアッパー事件も徐々に核心に

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

伝わる言葉が、レベルアッパーの共感覚性を超えるとき言葉も能力も無力な 「サイレント・インスピレーション」 となる。無意識に構築された言葉が、無意識に感じ取れること。人は、持...

アニメ とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

『幻想御手』を利用する者。 そして犠牲となる者。 物語は一つの真実に迫っていく・・・。 ネタバレありです。

とある科学の超電磁砲 10話『サイレント・マジョリティ』

レベルアッパーを使うことによって能力が開花した涙子。 まずそのことを喜ぶはいいが、今後が不安だ……

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

★★★★★★★★☆☆(8) 脳波のネットワークですか。 個々のスペックは大したことなくてもネットワークを介することで 性能以上の機能...

(アニメ感想) とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 

とある科学の超電磁砲 第1巻 &lt;初回限定版&gt; [Blu-ray]クチコミを見る 売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその解析を依頼するが、聴覚からの刺激だけで能力の強度...

とある科学の超電磁砲<レールガン> #10「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲<レールガン> #10「サイレント・マジョリティ」です。 さ

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」【感想】

レベルアッパーに手を出した佐天。  それを知った初春は・・・。   また「共感覚」を手がかりにレベルアッパーの構造と犯人の目処が...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

能力への憧れからレベルアッパーを使用した佐天。 得られらのは、ささやかな能力。 しかしその代償に佐天も倒れてしまい…。 初春は佐天た...

「とある科学の超電磁砲」10話 サイレント・マジョリティ

佐天はレベルアッパーを使ってしまったのか…。 あの力の発動からすると能力は普通にサイコキネシスでよさそう? レベルアッパーを麻薬のよ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

佐天の立場になって物事を考えられなかった自分を悔やむ美琴ちゃん。過去を顧み何が悪かったのか思案して悔い改める。極端な自己中心的考えの持ち主である上条君では絶対に行わない行為ですねw 

とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想

レベルアッパーを作ってばら撒いた、木山の目的は何なのか。とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 の感想です。 ...

とある科学の超電磁砲 10話 「サイレント・マジョリティ」

やべ、不覚にも涙腺にきました…… あの涙シーンでの初春アップの作画は反則ですって…。 思わずつられてウルウルと…。 アニメ観て目頭熱...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

能力を覚醒&増幅する音楽ソフト、幻想御手(レベルアッパー)を偶然手に入れてしまった佐天。 初春達に自慢するつもりがタイミングなどのせ...

とある科学の超電磁砲(レールガン)第10話『サイレント・マジョリティ』の感想レビュー

美琴と黒子、佐天と初春の絆で盛り上げつつ、レベルアッパー事件の核心に迫る内容でした。 ひょっとしたら、オリジナルエピソードを挟みつつ2クール目の最後の方までひっぱるのかな〜と思っていたので意外でしたが、年末はビリビリしまくりで盛り上がりそうですね。 お話的には、レベルアッパーの正体が明らかになったものの一足遅く、それを使った佐天とそのお友達が昏睡状態に。 カエル顔の医者の検査報告から、共感覚を利用して脳波に影響を与えているという手掛かりを得た黒子達がたどり着いたのは、レベルアッパーを作った黒幕が木山だと...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 見ましたぁ〜 やっぱし使っちゃったんだ でも、佐天の気持ち何となくわ...

とある科学の超電磁砲 10話「サイレント・マジョリティ」

佐天はレベルアッパーを使っちゃったか・・・  とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 涙子は誘惑に勝てず、幻想御手(レベルアッパー)に手を出して...

とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ

「能力者である事を求められる学園都市の非力な生徒達。彼女らを待ち受ける未来は…?」「とある科学の超電磁砲第10話サイレント・マジョリティ」「黒子とイカれた能力者との戦いから数日後、幻想御手・レベルアッパーの被害者は増える一方だった」「学園都市で脳を学習装...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」 

アバンでレベルアッパー使っちゃっててびっくり。 …使えば確実に能力が上がるだけに、1度使ったらやめられない… まさに麻薬と同じですね。 その副作用?は突然の昏倒…お友だちを巻き込んじゃった佐天さんは初春ちゃんにSOSを… …ここで初春がちゃんと佐天の話を聞い

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

メインヒロイン(←違ぅw)が精神的にも肉体的にも窮地に追いつめられる鬱展開のはずなのだけれど、どこまでも友愛の暖かさを真摯に描く感動的エピソードに仕上がっていて脱帽。

とある科学の超電磁砲第10話感想

#10「サイレント・リポート」 レベルアッパー使用の対価は、脳をネットワークで共

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

レベルアッパーの副作用で倒れる佐天、初春は絶対に救い出すと操作に尽力する。一方黒子達は医師の脳波の話で決定的なヒントを掴むのだがそ...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

[[attached(1)]] 「これを使って白井さん以上の能力者になったら、今までの仕返しにあんなことやこんなこと…」 「大丈夫ですよ♪誰も見たくないですから」 黒初春光臨ww 企み顔とかテレポトートで飛ばされた時の「あぁ〜〜〜」という悲鳴にが良かったですw [[attached(2)]] 「佐天さんは欠陥品なんかじゃありません!能力なんか使えなくたって、いつもいつも私を引っ張ってくれるじゃないですか!?力があってもなくても、佐天さんは佐天さんです!私の親友なんだから!!」...

とある科学の超電磁砲 #10 『サイレント・マジョリティ』(感想)

反省した美琴に蕩れ♪ ちょっと思いやり欠け無神経だった自分に悔いる美琴に萌えたw

とある科学の超電磁砲第10話『サイレント・マジョリティ』感想

不覚にも泣いてしまった、、、、というかかなり良いお話でした。博士がカエルに似てるってところもねレベルアッパーを同じレベル0仲間と使用する佐天。みんな能力者になれた事を喜ぶも使用した仲間が倒れ、昏睡状態になってしまう事態に、、、自分の気持ちを初春に吐露する

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

売人からの情報をもとに「幻想御手(レベルアッパー)」を手に入れた黒子たち。 増加する「幻想御手」を使った犯行を防ぎつつ、木山にその...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

みんなでやれば怖くない!というわけでレベルアッパーに手を出してしまった涙子。やっちまったよ・・・。レベルアッパー被害は止まることを知らず・・・。まぁジャッジメントがボッコボコにしてますけどw消毒に悶える黒子かわいいですww曲を使って聴覚以外の五感を刺激す....

とある科学の超電磁砲 第10話 感想

 とある科学の超電磁砲  第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想  次のページへ

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

あー、結局レベルアッパー使っちゃったのね、 佐天さん。

とある科学の超電磁砲 第10話

[関連リンク]http://www.project-railgun.net/#10 サイレント・マジョリティレベルアッパーを使用した佐天初めての能力に喜ぶ佐天だが…一方レベルアッパーを見つけたことでさっそく木山に報告...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

テンポが良く楽しめました。

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 の感想

とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)冬川 基 アスキー・メディアワークス 2008-06-10売り上げランキング : おすす...

とある科学の超電磁砲 第10話 『サイレント・マジョリティ』 感想

『私、能力者に・・・なったんだ♪』 使っちゃった。・゚・(ノд`)・゚・。 レベルアッパーを使用した佐天さん達。 その力は美琴たちの力と...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

浮かぶ心、沈む意識。

とある科学の超電磁砲 10話 『サイレント・マジョリティ』

使ってしまったか・・・ あれだけレベルアッパーに接近していた佐天。 やはりこの状況で使うなという方が無理なのか…。 それでもやっ...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」 感想

動き出した黒幕―

とある科学の超電磁砲 第10話

「サイレント・マジョリティ」 なんと、脱ぎ女は悪い人だった! とぼけた雰囲気でギ

『とある科学の電磁砲』 第10話 観ました

・・・ あ、やっぱり使っちゃったんですね・・・ 佐天さんもせめて初春さんに相談してからだったら良かったのに・・・ でも、そう言う歯がゆい展開だからこそ物語りは面白いんですよ。見ていてね。 と言う訳で肝心のレベルアッパーの効果は使ってみたみんなにあったのでした。 佐天さんも手の中の葉っぱを舞わせる程度とは言え、いままでぜんぜん使えなかった能力が使えるようになったので素直に喜んでいたです。出来ないと、思っていたことが突然出来るようになった時の喜びはひとしおです。でも、それだけにそのあとの事が、予想のつ...

アニメ「とある科学の超電磁砲」 第10話 サイレント・マジョリティ

とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)佐藤利奈新井里美商品詳細を見る 力があってもなくても、左天さんは左天さんです! 「とある科学...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

レベルアッパーの使用により、友達と共に能力を使える喜びをかみしめる佐天。 しかし、その喜びもひと時だけのものだった・・・。 沢山の...

『とある科学の超電磁砲』#10「サイレント・マジョリティ」

「レベル0って、欠陥品なのかな?」 後悔と罪悪感 レベルアッパーが音楽ソフトだとわかったものの、 それを使った犯行があとを絶たず、黒...

とある科学の超電磁砲 #10 サイレント・マジョリティ

欠陥品は涙子じゃなく俺です・・・ とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)(2007/11/10)鎌池 和馬商品詳細を見ると...

とある科学の超電磁砲 #10

Amazon.co.jp ウィジェット さてんさーーーーーん!!! が、ログアウトしました。m(_ _)m それと、第4波動ネタはもうあきました。 レベルアッパーの副作用(?)で意識不明の状態になりました。 さてんとういはるのやりとり。 不覚にも・・・・、 なんか作画滲..

とある科学の超電磁砲 #10 サイレント・マジョリティ

正直…佐天に涙。まさに涙子。 ってなわけで初春と佐天はすごく魅力的だと思うとある科学の超電磁砲第10話。

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに使ってしまったレベルアッパー・・・・ 佐天はレベルアッパーを使い手に入れた能力 それは手の上でコノ葉が舞うぐらい微々たるもの しかしそれでもその能力に喜ぶ佐天 と初春たちジャッジメントもレベルアッパーの出所をキャッチ 早速、ダウンロードし木山にも転送して相談 テスタメントと言うモノであれば可能らしいが 音楽ソフトだけでのレベルアップは難しいとのこと 初春は連絡の取れない佐天が心配な様子 と!なんかレベルアッパーを使った事件が多発して来て黒子は大忙し!! 生傷の絶えない黒子は初...

とある科学の超電磁砲 10話 「サイレント・マジョリティ」 感想。

今話は初春の優しさと頼もしさが伝心…(;д;) 友達思いでめちゃいい子ですね。 泣きはしませんでしたけど、↑の描写ウルっときましたw...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

 佐天さんは欠陥品なんかじゃありません!  その佐天は冒頭において、能力を持った喜びに震えています。  この表情から、いかに佐天が...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

リアルゲコ太登場! カエル顔だったんですねw そう言われると、かわいい気がしてくるかも(*´∀`*) 上条さんは今なにしてるのかなぁ。。 ...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに手にした力--------------------!!佐天の気持ちは分かる。目の前であんなすごい能力を使った戦いを見せつけられたら、黒子たちとはもう次元が違う世界なんだって想い知らされてしまうわけで・・・。レベル0の自分と、能力を生かして戦うジャッジメントの黒子。そ...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

今週も始まりましたレールガン! 今回は前回佐天さんが手に入れた レベルアッパーで大変なことになってしました。 木山もついに本格的...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

ついに、佐天さんが一時退場orz しかし、今回も4人ともそれぞれが違ったいい味を出していて、 なかなかいい話に仕上がっていました。

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

「私、能力者になったんだ!」 美琴や黒子の活躍を見てきた佐天にとっては、たとえささやかな力であっても能力者になれたというのは、と...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

「力があっても無くても、佐天さんは佐天さんです!!」 昏睡に陥った佐天達を救う為、皆が調査を行う話。 今回は話に進展があり、あっさ...

とある科学の超電磁砲 第10話 

第10話「サイレント・マジョリティ」

[アニメ]とある科学の超電磁砲:第10話「サイレント・マジョリティ」

絶対的多数であろう佐天さんの悲痛の思い。

とある科学の超電磁砲 第10話

第10話『サイレント・マジョリティ』とある科学の超電磁砲 第1巻 初回限定版 [Blu-ray]今回は・・・レベルアッパー事件の犯人が明らかに?!

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

幻想御手をとうとう使ってしまった左天とそのお友達。 手に入れた力は中々手放せない。 左天とそのフレンズたちの運命や如何に!? 音楽ソフトで能力を上げるのは難しい。By木山 でもテスタメントなら…。 幻想御手でいい気になる輩が増加中。 黒子が、黒子が日々傷....

とある科学の超電磁砲 #10「サイレント・マジョリティ」

レベルアッパー分析 さすが科学サイドの話だけに専門用語多すぎw ではレールガン感想です。 とある科学の超電磁砲 第1巻 [Blu-ray](2010/01/29)...

とある科学の超電磁砲 第10話「サイレント・マジョリティ」

(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

とある科学の超電磁砲 第10話感想です。 二人の絆

とある科学の超電磁砲 第10話

#10 サイレント・マジョリティ 公園の広場で、アケミとむーちゃんが向き合って立った。アケミが両手を前に突き出し、じっと意識を集中させる。 むーちゃんの体が浮き上がった。そこに集った全員が、「おお」と声を漏らした。 「凄いよ涙子! 私、紙コップを持ち上げるのがやっとだったのに!」 アケミが笑顔で振り返った。むーちゃんの体が落ちた。かなり派手な落下音がした。マコちんが慌ててむーちゃんに駆け寄っていった。 佐天涙子はアケミ達から背を向けていた。何かを掬い上げるように、両掌を持ち上げ、視線を...

とある科学の超電磁砲 10話 サイレント・マジョリティ

佐天さんが可哀想過ぎるっ!そして初春が良い奴過ぎるっ! というわけで、とある科学の超電磁砲 10話感想です。 遂に佐天さんとその友...

とある科学の超電磁砲 第10話 「サイレント・マジョリティ」

禁書のほうでも重要キャラとして、登場したかえる医者、外伝初登場 御坂ネットワークにつながるはなしがでてき

【とある科学の超電磁砲 第10話−サイレント・マジョリティ】

レベルアッパーを使用してしまった佐天。 支払った対価で得たものは、かけがえのない絆・・・。

とある科学の超電磁砲 10話

とある科学の超電磁砲の第10話は、涙子もレベルアッパーの副作用で倒れました。レベルアッパーの仕組みと真犯人も判明。冥土帰しの再登場もあります。

とある科学の超電磁砲 第10話

今回は、レベルアッパーに手を出した涙子が倒れてしまうお話でした。 またしても1週遅れの感想になってしまって申し訳ないです。 もっとも、アスラクラインなんてそろそろ2週遅れになりそうなのですが・・・。 涙子やその友人達は早速レベルアッパーを使っているんで....

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]