忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ちゅーぶら!! 第11話「彼女といた午後」

学校非公認の同好会では文化祭に出られないから、演劇部の舞台用下着制作とメイドカフェのメイド服デザインで参加する下着同好会、というか奈由が一人で頑張っているだけ。同時に奈由は兄の転勤に伴う転校を予定しており、文化祭を前に言い出せない。
皆の力を合わせて、文化祭への障害をクリアする体制になっていないのは大変残念な構成。察しの良い清乃が転校の話題を振ったけれども、どうも他のキャラクターの芝居と絡みが悪い。次回最終回では何とか成るのだろうが、その過程を見せるのが上手くない。キャラクターたちだけではなく、視聴者も状況を察しないとならないようだ。

chuubra1101chuubra1102chuubra1103chuubra1104chuubra1105chuubra1106chuubra1107
chuubra1108chuubra1109chuubra1110chuubra1111chuubra1112chuubra1113chuubra1114

清乃の雑誌モデルと非公認の同好会活動を塚本先生から指摘され、下着のお手伝いをした演劇舞台も中止命令。
ダメな大人だと思った水野先生も締めるところは締めて来る。もうちょっと腑に落ちる伏線が張られていれば良かったのだが、体を張ってかばう姿はいつもの妄想担当ではない。
出来上がった衣装を実際に見てからの判断とのことで、出来具合に感心する塚本先生。そういえば塚本先生は手芸部の顧問だと伏線があった。そこに奈由の小学校の男担任を乱入させて、下着蔑視の発言をさせるのだが、そこまでえげつないシナリオにしなくても良いと思う。堅物だけれども本質を見誤らない塚本先生の眼が奈由たちの活動を条件付きで認めた形が望ましいのに、これでは男教師に反発した塚本先生が意固地になって認めてしまったみたいではないか。
テンプレ展開だとしても、興をそがれてしまう。

chuubra1115chuubra1116chuubra1117chuubra1118chuubra1119chuubra1120chuubra1121

意地悪3人組とでもいうのか、奈由と下着同好会の活動を良く思わない彼女たちもやり口が中途半端。悪いなりの活躍を見せてもらいたいところ。
ヒロインたちの成長物語にしては、乗り越えるべき障害がお粗末。下着教育番組でもないし、エロコメディーでもない割り切りの悪さが最後までつきまとう。

Choose Bright!!Shy Girlsちゅーぶら!! キャラクターソングマキシ(1)葉山奈由(茅原実里)ちゅーぶら!! キャラクターソングマキシ(2)神宮寺弥子(寿美菜子)ちゅーぶら!! キャラクターソングマキシ(3)白石遥(矢作紗友里)ちゅーぶら!! キャラクターソングマキシ(4)天原清乃(日笠陽子)

TVアニメ「ちゅーぶら!!」サウンドトラック&ドラマCD

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]