忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

おおかみかくし 第11話「終焉」

サブタイそのままに終わってしまったかのような「おおかみかくし」の第11話。残る一話はエピローグなのか、番外編なのか、嫦娥町の秘密の一端を知ってしまった堕ち人へ神人の口封じでもあるのか、いずれにせよ投げっぱなしで終わるわけにも行かないだろう。
ドラマチックではあったものの、ひねりの無い展開や屈託のない博士たちの笑顔のエンディングに、何となく呆れた感情を持ったりしてしまう。
伝奇ミステリーやサスペンスとしては迫力不足のエピソードだったし、謎解きの楽しさも今ひとつ。
何よりもヒロインキャラの立て方には疑問を抱かずにいられない。マナは捨石にすらならず、眠も謎に隠されて真意が不明なパートが前半に多い。後半はかなめが博士のパートナーとして活躍したものの、伝奇への探究心が中心で、博士に特別な感情を持っていないようで残念だ。まあ、眠、五十鈴、かなめの3人で比べてしまうと、普通の人間のかなめでは話が膨らまずに不利だろう。それとも最終話でかなめの豹変した姿でも見せてくれるというのだろうか。


okamikakushi1101okamikakushi1102okamikakushi1103okamikakushi1104okamikakushi1105okamikakushi1106okamikakushi1107
okamikakushi1108okamikakushi1109okamikakushi1110okamikakushi1111okamikakushi1112okamikakushi1113okamikakushi1114

嫦娥町に伝わる神人の秘密と、存在そのものを炙り出して物語の終結に導く役割を賢木に担わせ、その動機を堕ち人狩りで殺された恋人の復讐に定めた。それは良い。ただ、眠と博士を閉じ込めて共倒れにさせる策や製薬プロパーに化けて院長を陥れたり、はたまた一誠の恋人を暴走させて対立の火種にしたりと、小技ばかりに頑張った残念なピエロのようだ。賢木一人ではなく共犯者と分担したり、いっそのことダム放水や決壊の大ネタに照準を定めても良かったのではないか。

okamikakushi1115okamikakushi1116okamikakushi1117okamikakushi1118okamikakushi1119okamikakushi1120okamikakushi1121

事件により真相を垣間見た人々が去り始め、クラスの生徒数も激減。
「今度は僕が守る」といいながら、香織に持っていかれた博士くん。本当にいいところは次回最終回で見られるだろうか?
一段落して博士ハーレムになるかと見せておいて、最終話では背筋も凍る事件の真相でも明かしてくれることを期待したい。でも予告ナレーションとは違って、おちゃらけた内容の予感がする。
作画は良かったと思う。今回は古川英樹作監。絵コンテ・演出は高本宣弘監督。

おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray]おおかみかくし 第2巻 [Blu-ray]時の向こう 幻の空おおかみかくしおおかみかくし嫦娥町ガイドブック (KONAMI OFFICIAL BOOKS)おおかみかくし 嫦娥町異聞集 (BROS.COMICS EX)おおかみかくし 都忘れ編 (ガガガ文庫)

おおかみかくし 特別版+嫦娥町ガイドブック(コナミスタイル特典付き)
エンディングテーマ 月導-Tsukishirube- (南里侑香)
おおかみかくし オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

おおかみかくし 第11話 『終焉』

・・・・・・・・(絶句) おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)小林ゆう伊瀬茉莉也商品詳細を見る やはり竜騎士に『ダム』は付き物なのか...

「おおかみかくし」 第11話

☆ 「おおかみかくし」 第11話  ☆   何だか終わったような、終わってないような、微妙な〆方でしたが、本編の方は多分これで終了なのでしょう。 次回の「予告」がありましたが、これは2期があるというのではなく、おそらく逸脱したギャグ回のようなものを ...

おおかみかくし 第11話「終焉」 レビュー キャプ

八朔祭が行われる中、賢木の策略によって神人と神堕人のいがみ合いが 始まってしまったが、賢木の真の目的がダム決壊による嫦娥町自体の壊滅だと いうことを聞いた眠達は、その計画を阻止する為にダム管理棟へ向かう。 祭会場に駆けつけた重三は、葛西の部下から、賢木=製薬会社の男=便利屋だと いう事を聞き、自分達は騙されていたのか・・と愕然・・・。 賢木は途中で隠していた銃を拾い弾を込め、ダムへと向かう。 博士とかなめもダムへと急ぐが、その道すがら、博士は自分のせいで 小笠原や一誠、そして、見知らぬ神人達、五十鈴、...

おおかみかくし 第11話「終焉」

あれ・・・最終回じゃない・・・!? カエルのようで〜カエルじゃない♪ ウサギのようでウサギじゃない♪ かわいいw 来週もあるんです...

おおかみかくし 第11話 「終焉」 【感想】

「自分とは違う存在を―― 」 「ただ恐れたり、忌み嫌ったりせずに…分かろうとする事だと思う」 予てから眠が願ってきた神堕人との共生...

おおかみかくし 第11話 「終焉」

もうこれ最終回でしょw

おおかみかくし 11話「終焉」

もうこれが最終回でもいいよねw おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)小林ゆう伊瀬茉莉也商品詳細を見る

おおかみかくし 第11話 「終焉」 の感想

おおかみかくし by G-Tools 眠ちゃんに全てを持っていかれた・・・ -公式ホームページ- おおかみかくし 公式ホームページ -作品概要- 原...

おおかみかくし 第11話 「終焉」

さあ、あと二回。 ここまで来たならいっそ最後まで... ... どうやら今週は「名前で呼ぶ」週のようですね。 「眠さん」 「はい」 照れる...

(アニメ感想) おおかみかくし 第11話 「終焉」

おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray]クチコミを見る まさみは眠に粛清される。しかし、それでは事態の収拾はつかなかった。 賢木が眠を糾弾し、会場が騒然となる。 それが波及し、神人と堕神人のいがみ合いが始まる中、。賢木は騒動をよそに、姿を消す。 彼の真の目的は、ダムを...

おおかみかくし 第11話「終焉」

おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)小林ゆう伊瀬茉莉也商品詳細を見る ハッピーエンドとはいきませんでしたけど、綺麗に纏まった終わり方で...

おおかみかくし 第11話「終焉」

ダムの決壊、嫦娥街は----------------!!嫦娥街が崩壊する。それに気付いた街の人は、ようやくその危機感に恐れ、逃げ惑う事に!!すべての根回しを賢木がしていた事を知った櫛名田の祖父。急ぎダムへ向かう眠たち。賢木は銃とナイフを片手にダムの管理システムへと入り...

おおかみかくし 11話『終焉』

ダム放水の話により、混乱する町民。 そんな中、町田は、便利屋であり製薬会社の担当である賢木に騙されていたことを重三に知らせる。 気付くのが遅かったか……

おおかみかくし 第11話 「終焉」

いい最終回でした…ってお約束な感想で纏めるしかないですね(笑) 嫦娥街の住人への復讐。 ダムを壊そうとする賢木に、眠たちが必死に止め...

おおかみかくし 第11話 「終焉」 感想

まさみは眠に粛清される。しかし、それでは事態の収拾はつかなかった。 賢木が眠を糾弾し、会場が騒然となる。 それが波及し、神人と堕神...

[アニメ]おおかみかくし:第11話「終焉」

自分を見つめ直し、自制を働かせることの大切さ。

おおかみかくし 第11話 「終焉」

衝撃的な結末だったなぁ…。 おおかみかくし11話の感想です。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]