忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ちょこッとSister 第11話「恋、去りぬ」

憧れなのか片想いなのか、はるまが綾乃さんに惹かれる(または執着する)のが判らないまま、今回は温泉地での自殺未遂騒動と片想い2組の転機を描く。

はるまが単に綾乃さんを「好きだから」で片付けられても、今まで何の伏線もないから視聴者は置いてけぼり。
だから綾乃さんが元カレとの復縁に悩んでも指輪を捨てようとしても、素直に味方になれないでいる。綾乃さんに罪はないが、シナリオの浅さ故に彼女を別の意味で可哀相なキャラにしてしまっている。シナリオ引き伸ばしに使われただけのような気もする。
今回図らずもはるまが彼女の背中を押してしまったから、元カレに再アタックする事になったようだ。
(滝壷の前で背中を押していたら殺人犯だったかもしれないが・・・)
結局ははるまは傷心のままで第2クールに向かうのだろう。

もう一組の片想い、管理人さんも可哀相に描かれていると思う。
シナリオのアクセントに妄想癖は良いとしても、ウケ狙いのあざとい描写が多いからネタキャラに堕ちてしまう場面が多い。
はるまと同室でもノーブラで浴衣をはだけて夢オチ。
その夢も、ちょこがビール瓶の口を含もうとするシーン・・・

その他にもはるまに抱きしめられるちょこをローアングルからパンツ見せカット。
土産物屋での、管理人さんの好きなマツタケ状の秘具。
どこかずれている。秘孔を突く微エロを研究してもらいたいところだ。

そんな管理人さんもはるまへの想いは叶わず消え去る予感。
ギャルゲ―攻略的には綾乃さんバッド、管理人さんバッドルート進行中。
本命はちょこ?大穴で真琴、対抗で珠美先輩。
この先登場の金髪お嬢様も攻略可能か?管理人さん巻き返しなるか?

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ちょこッとSister・第11話

「恋、去りぬ」 旅先で見たのは綾乃さんでは? 自分の気持ちに改めて気付くはるま。

ちょこッとSister 第11話 恋、去りぬ

はるまの対象は大人な綾乃からちょこへ。ってい、なんで抱き合う姿を下からのアングルで?パンツ見せたいのは分かるけど、時と場所を考えてよ。しかも純白の布っきれにスッと濃い一本の縦線。確かな狙いも大概にした方が良いです。そして唐突なパンモロだけでは飽きた....

ちょこッとSister 。。。。 第11話 恋、去りぬ 。。。。 去るものは 追わず、手の届かないものは 求めず。 それが最善の場合も多々あるもの

ホルシュタインのポーズ?(爆)ほぉ、中山道の馬龍峠の温泉宿が当たったんだ。妻龍宿も近いよねぇ。我が軍の 駐留辺境にも 案外近いじゃん。はるま の失恋旅行。。。。 に結果的になったんだ。まあ、見え見えの結末ですが とーぜんの結果でしょう。旅行から...

ちょこッとSister 第11話

温泉旅行先で滝に向かう道ではるまが綾乃を発見するお話。綾乃関連も終盤といったところでしょうか。そんな本筋はともかく、KEEP OUTは無かったのに今回はエロいネタが多かったですね(笑)。前回ラストのシーンに続いてちょこは朝から露天風呂。気持ち良さそうで....

ちょこッとSister 第11話 「恋、去りぬ」

「いい気持ち〜」温泉再び・・・しかし、温泉はこれにて終了(悲)で今回は綾乃さんの話です。KEEPOUTは無し。でも、この画面斜め半分のあまりにも不自然な湯気には笑った。まぁ、とにかく湯気邪魔ですねw

ちょこッとSisterを観る

やり場の無い気持ちを、ちょこちゃんにぶつける、おにいちゃん!!立ち入り禁止の遊歩道で、ちょこちゃんを抱きしめる「ゴメンちょこ、しばらくこのままでいさせてくれ」「うん、いいよ。おにいちゃん」「あたし、ギュッとされるのスキだから」驚き戸惑い微笑むちょこちゃん

[ちょこッとSister]第11話 恋、去りぬ

「ちょこッとSister」第11話です。う〜む・・・管理人さんの妄想が暴走している・・w旅行の影響でしょうかね^^;まぁ、それはそれとして女将さんに観光名所とか無いかと尋ねるとその名所とやらの滝で身投げがあたっとか・・orz思いっきり気分が沈む話題で

ちょこ、ぎゅっとさせてくれ!

「ちょこッとSister」の第11話を見ました。<感想>はるまがとうとう綾乃さんを諦める決心をしたかという回。もうそっちは望み薄なのでこれでケリが着くといいのですが。ちょっとだらっと感がしているので。そんな落ち込むはるまを管理人さんが見抜いてこっ....

ちょこッとSister 第11話「恋、去りぬ」

ここ最近の管理人さんプッシュはたまりませんなぁ。おもちの中では完全に管理人さん=妄想少女というポジションで固まってます。やはり綾乃さんは温泉に来ていたようです。失恋旅行といったところでしょ

ちょこッとSister 第11話・「恋、去りぬ」を見て寸評

 今回は、温泉旅行の続きのお話。はるまがある人物と偶然にも…→画像ありマッスル。 いや、今回の見所はそこでは御座らん。何と言っても冒頭画像のちょこがセクハラシーン!管理人さんが太くて先っちょの方が逞しいアレを思い浮かべてしまうのが何とも。 …でも、これっ

【ちょこッと】恋、去りぬ【Sister】

ちょこテンションたけーよwwwwwwwwww

ちょこッとsister 第11話

 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工ネコミミアイキャッチ1回限りだったの〜?  こ

(アニメ感想) ちょこッと Sister 第11話 「恋、去りぬ」

ちょこッとSister 6 (6)ちょこ、千歳と共に、とある旅館へ温泉旅行にやってきたはるま。しかし、はるまは昨日旅館の窓から見た綾乃らしき女性の姿が、頭から離れないでいたのです。そして、ロープウェーで山に登り観光を楽しむ三人ですが、立ち入り禁止の滝へと人が入っ....

ちょこッとSister 第11話

「恋、去りぬ」 はるまのシリアス恋愛なんか、どうでもいいのじゃ〜(^_^; エッ

「ちょこッとSister」

「恋,去りぬ」 う〜ん、「はるま」の未練たらたらなのはちょっとみっともないぞっ!男ならすぱっと忘れちぁえ!って告白もしてないのにあんなに悩めるのはすごいよなぁぁぁ〜、告白してふられたのであれば悩む

ちょこッとSister 第11話「恋、去りぬ」

今日はお山に登ったんだけど、ロープウェーからの眺めも最高で・・・それから、写真を撮って貰って、お猿さんも居て、それからそれから、んーとそれから、あんなに重そうなのに管理人さんのおっぱいがお湯に浮いていたのがとっても不思議でした。あと、折角一緒にお風呂には

ちょこッとSister 第11話「恋、去りぬ」

テトラ「温泉編の後編!    あんなことやこんなことが…(*´Д`)'`ァ'`ァ」副館長「決してないので。」

ちょこッとSister 第11話 『恋、去りぬ』 感想とか

うぉ〜い、スタッフ空気読め〜(でもナイススージーさん!!

ちょこッとSister 第11話「恋、去りぬ」

 温泉街で見かけた綾乃の姿がどうしても気になるはるま。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ありがたみが・・・ね

  • by jiro
  • URL
  • 2006/09/21(Thu)11:03
  • Edit
wataru様どうもです!

>秘孔を突く微エロを研究してもらいたい
そうですね。特にちょこの無意味なパンチラとかは見直して欲しいかな。
見せすぎはありがたみも減るしなぁ。

>本命はちょこ?
真面目な話ちょこは消えるかと思ってるんだけど・・・。じゃなきゃこれまでの伏線が台無しな感もするし。

自分がはるまならちょこでファイナルアンサーなんだけど。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/09/21(Thu)15:06
  • Edit
jiro様、どうも。
綾乃さんも管理人さんも薄幸な感じですね、今のところは。

余談ですが綾乃さんの中の人、駅自動音声案内もやってますね。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]