忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

いぬかみっ! 第23話「しぼむ象さんっ!」

隠された薫の秘密と決戦本番への前哨戦、ツナギの回で取りたてて見るべきところは少ない。
内容に不満を述べているわけではなくて「いぬかみっ!」らしからぬ、変態ドタバタも少なく平穏に見られた回だと思っている。
別に象さんがしょんぼりしぼむほど、シナリオは悪い出来ではない。
戦闘シーンは退屈だったが全体の作画は良く、キャラも崩れていない。キャラ原案の若月作風に見えるところもあり。

・赤道斎との裏取引を隠したままの薫となでしこ
・それに気付くようことなでしこの争い
・薫を止める啓太との争い
・真実を知らぬ薫のいぬかみたちと邪霊との戦い
・赤道斎と大妖狐の戦闘
・そして赤道斎により、人形に封じ込められた大妖狐

赤道斎x大妖狐の戦闘は熱い告白から始まるが、セリフは変態的に聞こえつつも絵は至ってノーマルでもったいない。いっそBL風に絵コンテ切ったら面白いのに。
そうでなければ「熱く濃い」男同士のバトルで、北斗の拳のオマージュでも。
そういえば千葉さん(河原崎先輩)の出番は今回無かったな。

裏取引実行のため赤道斎の援護に向かう薫となでしこ。
そこに出会った啓太とようこを誤魔化すため、偽情報で薫から引き離すなでしこだが、ようこは気付いたね。たしかこの二人(二匹)以前から因縁があるんだったかな。
他のいぬかみたちは邪霊と戦っているが、今回は完全にサブキャラポジション。
ようこが段々と正ヒロインらしくなって来つつ、なでしこの裏ヒロイン的な振る舞いとのコントラストで締まった構成になっている。これは啓太と薫も同様な関係。
各エピソード毎に、ヒロインとサブを明確にキャラ立てしている美点は崩していない。

薫がいぬかみたちの前で真実を語ろうと「僕はね・・・」で終わる。
これでは「続きはDVDに収録」の某作品のように最終回かと思うではないか。
次回は仮名さんが見つけた大殺界に乗り込むのか。

以下、落書きが続きます・・・

いぬかみっ! VOL2っ!! =特装版=
いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(7) ごきょうや・フラノ・てんそう&啓太
by AffiliSearch

薫の秘密となでしこの真実を整理したら、何も解決せずに最終回でも良いと思う。第二期へ丸投げでも構わない。
幼児化した啓太をようこが育て、15年後から始まるのはどうだろう。
その15年間のようこの愛と悲しみ、傷心(多分)のなでしこのエピソードをはさんで構成すると面白いんだけどな。
他のいぬかみたちも年齢の加速はユルイから外形的には大丈夫。
人間の方は仮名さんは今の赤道斎くらいになってるか、でも宗家は・・・
シナリオ二次創作してみようかな。

有沢先生、このネタ使っても構いませんけど。

以上、戯言でした。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

(アニメ感想) いぬかみっ! 第23話 「しぼむ象さんっ!」

いぬかみっ! VOL2っ!! =特装版=ついに始まった大妖狐と赤道斎の戦い。街に舞台を移しての戦闘は壮絶を極め、危機感を抱いた薫はいぬかみ達に街の人々を安全に避難させるよう指示します。そして、薫となでしこは赤道斎の元へと向かいます。しかし、途中で啓太とようこに遭...

いぬかみっ! 第23話「しぼむ象さんっ!」

 赤道斎vs大妖狐の戦いが始まった。

せんだんかっこいい!

「いぬかみっ!」の第23話を見ました。<感想>大妖狐がかませ犬になってる。赤道斎が強過ぎと言った方が適切かもしれないけど。なでしこが皆に全て終わってから話せばいいと薫に告げるあたりは、独占欲がモロに溢れている感じがしました。それだけならいいんだ....

いぬかみっ! #23 「しぼむ象さんっ!」

「スゴイ象さんー!」そうか、赤道斎の象さんはスゴイんですね^^;(今回は、赤道斎xオトサンのBL話!?) ↓ ↓

いぬかみっ! 第23話 しぼむ象さんっ!

のっけから男同士で愛の告白とは飛ばしてくれていますね。300年越しの愛なんて美しいじゃないですか、やり合うのが男で無ければ。赤道斎と大妖弧の戦いは、魔術師の流儀に則り赤道斎の勝利に終わる。簡単に術に嵌るとは大妖弧は結構迂闊なお方なんですね。川平の結界...

いぬかみっ! 第23話「しぼむ像さんっ!」

いぬかみっ!公式サイトアニメ・パプリカサブタイどおり、確かにしぼんだけど、自分としては、直ぞうさんかと思って楽しみにしていたけど、流流石にそれはなかったなぁ、残念…。しかし、久々に大暴れって感じだった今回。大妖狐も赤道斎も容赦なく始めちゃっ....

いぬかみっ! 第23話・「しぼむ象さんっ!」を見て寸評

 いよいよバトルも佳境に入ってきた!のは表面上だけで、結局は赤道斎のまんもすさんに押し切られてしまうような気がするのだが。 それよりも、とうとう薫と赤道斎の関係がバレてしまったな。これで薫が犬神を全員啓太に預けてハーレム…にはならないか。 ごきょうやが見

いぬかみっ!・第23話

「しぼむ象さんっ!」 街を闊歩し混乱を巻き起こす赤道斎。そして、その前に立ちふさ

いぬかみっ! 第23話 「しぼむ象さんっ!」

開始早々「あ、おっきいぞうさん」いきなりそう来ますかwさすがは、立派な変態「赤道斎」サブタイとか先週の次回予告はアレですが、大妖狐VS赤道斎、薫の謎、黒なでしこと真面目な話。それでも、ぞうさんはありますけど。

いぬかみっ! 。。。。 第23話 しぼむ象さんっ!。。。。 魔導師 VS 大妖狐 の 大空中戦 ・・・・ すべては 筋書きのままに。。。。

今回のヒロインは せんだん我が軍は そう思うあれ? カッパさん さよなら? なん?だとしたら あのカッパさんの存在意義は 何だったのであろうか?薫の裏切り 発覚。はて?裏切りと言っても 啓太サイドから見れば となりますが。。。。薫 と なでしこ が...

いぬかみっ! 第23話感想

「しぼむ象さん」 まず、サブタイで笑った。 このアニメにおいての象さんって、アレの事だもんね。 アバン、あからっさまに、街中でのフルティン騒動。 久々に来たか、と思ったら、すぐにシリアス展開に突入。

いぬかみっ! 第23話 「しぼむ象さんっ!」

     大きな象さんを見せびらかしながら現れた赤道斎(笑) フルフルフル・・・・・・・・・・・・Pーーーーーー!  ヘンタイだぁー!!  その赤道斎を追いかけるように現れた大妖狐・・・。 街中で激しい戦闘を開始する赤道斎&大妖狐! 誤解...

いぬかみっ!#23「しぼむ象さんっ!」

ついに(香となでしこ)の演技がバレる。といっても今回は赤道斎と組んでるらしいってことだけ。そしてようやく闘うことになった”ようこ×なでしこ””啓太×薫”。いつかは来ると想定してま

いぬかみっ! 第23話

大妖弧と赤道斎が市街地上空で激突するお話。いきなり巨大な象さんを見せて登場したものの、変態成分がかなり少なめでちょっと残念でした。中身は一気にシリアスに、いよいよ薫の秘密が明かされそうですが犬神達を裏切るのに近いことをしてまで何をしようとしているのや....

いぬかみっ! 第23話

『しぼむ象さんっ!』ギャグで突っ切るのかと思いきや、いよいよシリアスに突入してきましたね。ただし、赤道斎の最終目標は、あくまでもアレだけど(笑)。赤道斎と何らかの取引をした薫。ごきょうやたちが別荘の地下

いぬかみっ! 第23話「しぼむ像さんっ!」

もう、タイトル書くのやんなるな~(苦笑)コレでもマジメな展開ですから、制作の意図がわかりません!複線拾い?かおるの正体しかり、赤道斎との約束しかり。まだまだ、謎は残りますがー。 初っ端から下半身ネタはやめーい!大妖狐と赤道斎は両想いだそーで(笑)一応、突

いぬかみっ! #23

 <あらすじ>大妖狐と赤道斎の戦いが始まってしまった。啓太と「ようこ」は二人を止めに向かう。薫達も向かうのだが肝心の薫がどうも不穏な動きをしていた。

いぬかみっ! 第23話 「しぼむ象さんっ!」

露出狂にも赤ちゃんにもなる。啓太の人生。いつだって波乱万丈!!!!!

いぬかみっ! 第23話「しぼむ象さんっ!」

博士「変態大戦争じゃ・・・orz」助手「全くその通りです・・・orz」

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

メロン食べたい

  • by jiro
  • URL
  • 2006/09/08(Fri)12:03
  • Edit
せんだんはツバをつけるのが遅すぎました。

>BL風に絵コンテ切ったら面白い
それはいいですね。
いぐさ監督に任せてみたい場面です。

にしても今回wataru様ならなでしこのメロンに反応するかと思いきや終始クールですね。
あれにはちょっと惹かれました。むしゃぶりつきたいな、と。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/09/08(Fri)12:52
  • Edit
今回はテンション上がらず、かと言って下がるわけでもなく冷静に見てました。

せんだんも己の役割を良く果たした回でいたし、ほかのいぬかみたちもキャラを崩さなかったのは胸に来るものがありました。
ようこの啓太とオトサンへの想い、なでしこの薫への想いなどラストが近いんだなと少々センチメンタルになっていました。
次週、なでしこの行く末が心配で心配で、メロンにもギンギンになりませんでした。

二次は二次

  • by 通りすがり
  • 2007/01/29(Mon)02:30
  • Edit
考え付くいろんな展開が、それこそ人の数だけあると思うし、それを二次創作するのは自由だと思います。が、作者が一番だと思って書いているもの、それが既刊ですよね?

こんな展開あったらいいかも、という自分にとって理想のネタを、作者さんに「つかっても構いませんけど」というのは失礼なんじゃないかとちょっと気になりました。

戯言と前置きしておいても、作者さんが目にする可能性もあるわけですから……。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]