忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

第3話にして少女たちの成長物語(おそらくだが…)のベースを整えた「花咲くいろは」。連続テレビ小説同様の実に手堅いシリーズ構成だ。
亀甲縛りのサービスシーンに目を奪われてしまいがちだが、三文文士の次郎丸のポジションは大切で、この嫌味な客がヒロインたちの負のエネルギーを刺激し代弁しながら正方向に転換するための触媒のような存在。こればかりは先輩、ライバル、身内といった登場人物では担えない。テレビドラマには欠かせないキャラクターを早々に立てて、緒花が次のステップに進むための緩衝材として活躍してくれそうだ。

hanairo0301hanairo0302hanairo0303hanairo0304hanairo0305
hanairo0306hanairo0307hanairo0308hanairo0309hanairo0310

そもそもは緒花がなぜ賄いの支度を中断して次郎丸の部屋に行ったのか起点が怪しいのだが、好奇心旺盛でなおかつお節介な彼女の性格が想像されて分からないでもない。
彼女が無理やり縛られてはいけないし、自ら縛られたがってはさらにマズい。官能シーンも同じで緒花の妄想であってはならず、しかし彼女が読み上げるという危ういバランスがエロティック。
監禁緊縛という状況でも双方に微妙に暗黙の了解が成立していなければできない。だからこれは事件ではなく、一定のルールの下で行われるゲームだと理解している緒花がそこにいる。それゆえ彼女は暴れないし大声も出さないのだが、これまで母親に代表される大人の思考を観察してきた緒花だからこそかもしれない。
これがゲームの範囲に留まり、緒花が偽大作家を炙り出すきっかけになることを女将が先読みさせていた。祖母、娘、孫と女の「血」でつながった縦軸が確立したという点では重要なエピソードになる。

hanairo0311hanairo0312hanairo0313hanairo0314hanairo0315
hanairo0316hanairo0317hanairo0318hanairo0319hanairo0320

仕事を通じての成長物語の点では菜子の変化も大きかった。仲居の仕事は上手く教えられなかったけれど、自分にも出来ることがあると気づかせてくれた緒花の登場から次郎丸の飛び込みまでの一連の騒動が彼女の変化を促すだろう。キャストが豊崎愛生だからというわけでもないが、頭に花飾りを付けると似合いそうなキャラクター。
民子は「死ね!」の言い換えワードを探す、全力な無駄な努力の結果が「ホビロン」。これに意味を見出すことは意味が無いが、探し当てた岡田磨里の悦に入った姿が想像できて楽しい。

hanairo0321hanairo0322hanairo0323hanairo0324hanairo0325

旅館の従業員総出で逃げた次郎丸を追い、途中の豆腐屋で湯葉を仕入れた後に、岸壁で一同揃っての鍋とは平和すぎて現実感に欠けること甚だしいが、ホームドラマのコメディパートだから目くじらをたてるほどでもない。
罰ゲームのほうれん草を民子は食べたが、あの里芋は菜子の口に入ったのだろうか。
温泉旅館の舞台での序盤を終え、次回予告から想像すると舞台は学校という別の日常に広がる。生徒たちと触れ合う中で、彼女たちは別の表情と気付きを見せてくれることだろう。ライバル旅館の娘で同級生という新キャラも登場し、緒花の世界がさらに広がりそうだ。

花咲くいろは 1 [Blu-ray]TVアニメ 花咲くいろは オープニングテーマ ハナノイロ(nano.RIPE)Hazy(初回限定盤)(DVD付)花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

TVアニメ 花咲くいろは イメージソング集1

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

温泉仲居泡まみれの新人研修!Σ(>ω<ノ)ノ 変態だー(;´Д`) 縛ったりさるぐつわ! 変態だー(;´Д`) こんな状況で冷静な緒花ちゃんがスゴイw モップ持った電六さんがなんか可愛い(ノ∀`*)

花咲くいろは 3話「ホビロン」

相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw    ▼ 花咲くいろは 第3話「ホビロン」  復讐のまかないを覚悟して来た民子と菜子。 でも、料理は途中の状態で、緒花の姿がない!? 

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でしたが、こ...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど視聴していて面白いですし、今回は色っぽい女の子の姿を見ることもでき満足です それにしましても今回はいつも以上に蝶が映し出されていたように思われのですが、蝶はもちろんのこと鳥や花の象徴から作品と結び付けていきながらキャラクターの心情などを見ていきたいと思います それでは以下、感想を書かせて頂きたいと思います

花咲くいろは  第3話 ホビロン

 ほんとに  びっくりするほど  論外

花咲くいろは 3話

はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似してみて、作家...

花咲くいろは・第3話

「ホビロン」 明日の朝食で、嫌いなものを食べさせる。緒花の宣言に戦々恐々としながら、調理場へ向かう菜子と民子。しかし、そこに緒花の姿はなく、作りかけの食事が……。その頃、緒花は…… ……………………。 ...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想

1・2話を越えて、さらに面白かったです。 ・・・べ、別にエロが良かったわけじゃないんだからねっ! 絶対違うんだからねっ!

花咲くいろは 3話「ホビロン」

緒花の銀河はきっと輝く!

【花咲くいろは 第三話 ホビロン 感想】

素晴らしい!!! いやいや、一話→二話→三話とここまで昇華していく作品もなかなか出会えないですよ。 菜子ちゃんが照れて、勇気を出して、緒花と打ち解けて、自分の殻を破る成長を見守れたことに感謝で...

花咲くいろは 第3話  ホビロン 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第3話

アニメ「花咲くいろは」 第3話 ホビロン

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)(2011/03/22)P.A.WORKS商品詳細を見る 次郎丸さんは、ほんとの、ほんとに小説家さんです!! 「花咲くいろは」第3話のあらすじと感想です。 観察眼。 ...

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」

花咲くいろは  第3話 「ホビロン」 よいではないかよいではないか

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

前回は驚きのラストでしたが、こういう引きをやるときはだいたいオチはたいしたことないんですよ。何度期待して裏切られてきたか!ま、緒花が本当に何かされるなんてあるわけが… 監禁&亀甲縛り…だと…? どうやら私は小説家を侮っていたようです、こいつは本物の変態だー!!www

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「私… 頑張るよ。 この場所で輝けるように…………」 うん、最後はうまく締りましたね。最後は・・・ねw 緒花が新たな決意をしました、どんどん成長している姿が描かれていますね。 さて、下の文章で色々書いていきますか・・・www

[アニメ]花咲くいろは 第3話「ホビロン」

あぁ、好きだ。この世界のみんなが好きだ。もうね、そのうち「好き」という言葉の変化形略も民子に作ってもらいたい。

花咲くいろは第3話感想

#3「ホビロン」 「わたし、輝きたかったんです!」 そ、そうだったのか!Σ('∀

花咲くいろは第3話『ホビロン』

それぞれの人がそれぞれの場所で輝けるようにッ♪ 私もこの場所で輝きたいッ♪ この場所で輝けるようにッ♪☆キラ~ン☆ゞ

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子に潔く復讐さ...

花咲くいろは‐第3話 『ホビロン』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 今期No.1は、『花咲くいろはに』決定だな! シリアス、ギャグ、エロ…まさに全てを兼ね備えた作品ですね。素晴らしいの一言につきますw まさか、ここにきて火サス要素投入とは。まさか、ここにきて電六じいちゃんが圧倒的な存在感を見せつけるとは。まさか、ここにきてが菜子が……。「まさか」の連続に、もう舌を巻くことしか出来ません。 ─────とりあえず、次郎丸最高!! では、以下レビューです ↓

花咲くいろは 第03話「ホビロン」 感想

前回はとんでもないところで終わったけど・・・。 【27%OFF】[Blu-ray](初回仕様) 花咲くいろは 1価格:5,979円(税込、送料別) 早速感想。 今回も面白かった・・・これまた予想外の方向で。 予想外...

花咲くいろは 第3話 感想「ホビロン」

花咲くいろはですが、民子と菜子は新参者の松前緒花に振り回されます。賄いには腹いせのほうれん草と里芋が大量に用意されていますが、肝心の緒花がどこにもいません。その頃、緒花は自称・小説家の次郎丸に監禁されて縛られていますが、あまり緊迫感もなく、緒花もまったく怖がっていません。(以下に続きます)

花咲くいろは 第3話

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 です。 <キャスト> 松前 緒花(まつまえ おはな):伊藤かな恵 鶴来 民子(つるぎ みんこ):小見川千明 押水 菜子(おしみず なこ):豊崎愛生 和倉 結名(わ...

花咲くいろは 第三話『ホビロン』

まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちと向き合わないと あそこまでノートに書き綴ることはできませんよ。 “好き”の反対語は“嫌い”じゃなく…

花咲くいろは 第03話「ホビロン」

「でも、お腹空かせておかないと」

花咲くいろは 第3話 ホビロン

ほんとにびっくりするほど論外!

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね〜 意を...

花咲くいろは 03話『ホビロン』

「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略である。 孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵の事ではない。 −岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)−  

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 「従業員として働きながら高校に通うこと」と、祖母である四十万スイから 厳しく言われ、スイが経営する温泉旅館“喜翆荘”で、新...

花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想

前回の続き(*^ω^*)

花咲くいろは 第3話『ホビロン』 感想 

エロ小説家がヤマカンに見えてしまった自分は末期かもしれない。 録画してたのを観て、ネットみてたらいつの間にか略称がえろはになってるのな。 昼ドラマ的なお約束が満載だったです。 もうちょっと後...

花咲くいろは 第3話

「ホビロン」 とんでもないドラマが私に降りかかっていたのです… ホントだぁww  こんな出来事そうそう無いと思われる((゚m゚;) 朝のまかないと途中に緒花が居なくなった? やっぱり波の間が怪しかったねww   軽く拉致というかこの状態じゃ、普通に拉致

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか?

花咲くいろは 第03話

[関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟しながら部屋に入るもな...

花咲くいろは 第3話 ホビロン

花いろ 第3話。 小説家の魔の手が緒花に迫る―――。 以下感想

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事を書くことに...

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

復讐のまかない--------------!!緒花の勢いに押されて話してしまったキライな食べ物。それを朝のまかないに出すと宣言していた緒花。少しだけ戦々恐々の民子と菜子。食堂の扉を開ける...

花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想です ホビロンってアヒルの孵化しかけた卵なんだって!? えっ?え〜〜っ! 食用なの? そんなの食べれないよ〜

花咲くいろは 3

第3話 「ホビロン」 アニメの質と完成度で言えば今期No.1ではないかと思われる今作。 「実直な製作」という言葉が似合う、真面目な先品です。 復讐のまかない…緒花への仕返し? 一方の緒花は、例の小説家とすごいことを。 なぜ縛る?(笑) 緒花も少しは抵抗しろ。 そして風呂シーン。と思ったら小説か。こういうサービスもあるんだな。 てか女の子に見せるな!! そして完全に手玉に取られてるな。 いかん、女将がサマーウォーズのおばあちゃんにしか見えん。 ...

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」

(感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」 初回、前回にかけてのドラマのような雰囲気は今回はちょっとなかった かなという印象ですが、それでも緒花の方向性が見えてよかったかなっ☆

花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 感想

ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。

花咲くいろは 第03話 『ホビロン』

自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズものだった。 なんか路線が変わったエロ小説家は態度大きいだけのヘタレ。監禁されている緒花も抵抗するどころか小説の感想を述べるなどほのぼのムード。 前回の緊張感なんて無かった。これまで夜逃げに強制労働と、シリアス7割ぐらいだった方針が大幅に変わった模様です。 部屋の外では消えた緒花を宿屋総出で必死に捜索し...

花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから

【花咲くいろは 第3話−ホビロン】

輝きたいんですっ!想いをその一言に込めて。

花咲くいろは 第03話 感想

 花咲くいろは  第03話 『ホビロン』 感想  次のページへ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]