忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

緋弾のアリア 第12話「ブラド」(最終話)

ラスボスはブラドか。
実態がはっきりしないけれども、留守宅管理人の小夜鳴徹は擬態するための器で、ブラド自身はドラキュラ。優秀な血を集めるために教師の姿でいたようでもある。
理子を監禁してルパンの優秀な子孫を残すための子作りマシンとしていたようだ。このブラドが倒されたことでイ・ウーが壊滅したのか、それとも真のラスボスがいるのか、このシリーズでは明かされずじまいだった。

aria1201aria1202aria1203aria1204aria1205
aria1206aria1207aria1208aria1209aria1210

キンジとアリアの成長物語かと思ったけれど、結局は理子編でテレビシリーズはまとまってしまった印象だ。その理子にしても立ち位置が定まらないまま、ある時は敵に、利害が一致すれば味方にという信頼のおけないヒロインのままで終えてしまっている。
武偵憲章の仲間を裏切らないという一文と、キンジへの偏愛がつなぐ頼りない絆のままで、アリアとの決着も未完。
ジャンヌ・ダルク、白雪、レキは最終話での出番すらなかった。レキはオオカミの件で伏線が回収されたからマシかもしれない。

aria1211aria1212aria1213aria1214aria1215
aria1216aria1217aria1218aria1219aria1220

キンジの謎の知り合いとしてカナちゃんがその姿を現したが、今度ばかりは理子の変装ではないだろう。この伏線は原作の進行状況との関連か未回収のまま。
トリを飾るアリアの姿がマイクロビキニとは、この作品らしいといえばらしい。
ネタアニメとしても消化不良だし、パンツアニメとしてもTBS製作では場違い。この最終回の理子は?あれはきっと水着だったんだ。
第2期がなくても失望はしない出来栄えだった。

緋弾のアリア Bullet.2 [Blu-ray] TVアニメーション「緋弾のアリア」教養学部 音楽教材 ORIGINAL SOUNDTRACK

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

緋弾のアリア 12弾『ブラド』

理子がロザリオを欲しがった理由。 それは、このロザリオがリュパン一族の秘宝でもあったから。 自分に力を与えてくれることに気付き、囚われた檻から逃げられる要素になるから……

緋弾のアリア 12弾『ブラド』 感想

お顔は大切(`・ω・´)

緋弾のアリア 第11話「潜入」&最終話「ブラド」

緋弾のアリアの第11話と第12話を見ました。 第11話 潜入 ブラドの屋敷を管理していたのは東京武偵高非常勤講師・小夜鳴徹だったために偶然の出会いに互いに驚くが、屋敷を管理する小夜鳴はハウスキ...

〔感懐〕緋弾のアリア 最終日感想 時窮して 節見ゆる

緋弾のアリア、最後まで見ました。

緋弾のアリア 第11話「潜入」/第12話「ブラド」

ブラドの屋敷は横浜にありました。 ここって横浜? ってくらい大きなお屋敷。 さすが横浜! 大峡谷とかもあるらしいですよミルキー★(ぉ) ▼ 緋弾のアリア 第11話「潜入」/第12話「ブラド」   最後の対戦相手は 有名人の子孫でなくご本人? と言うか もう何もかも別人なような…。

緋弾のアリア 11話/12話(最終回)

で、カナって誰よ。 というわけで、 「緋弾のアリア」11話/12話(最終回) 弱点表示つきラスボスの巻。 ま、まさかメガネイケメン先生が悪者だったなんてー(棒読み) 優良遺伝子とリョナが大好き...

緋弾のアリア 第11話、第12話 感想

己を信じ、仲間も信じよ―

緋弾のアリア 第12話 ブラド

キンジとアリアとの再戦をしようとする理子ですが、乱入した小夜鳴によって理子撃破。 小夜鳴がブラドで、その正体は吸血鬼。 理子の動きは知られていて、泳がされていただけでし ...

緋弾のアリア 第12話(最終話) 「ブラド」 感想

ブラド登場!!? やっぱり先生がブラドでした(つ∀-) なにこのドSw ってか、あの絵のまんま化け物だったのか。 抽象的な表現かと思ってたwww ・・・・・・リコが噛ませ犬的過ぎる(´;ω;`) 【関連サイト】 http://www.tbs.co.jp/anime/aria/

緋弾のアリア 第12弾 ブラド

緋弾のアリア 最終話。 ブラドとの戦い、キンジたちは吸血鬼を倒せるのか―――。 以下感想

キタキタ来ました。設定伏線投げっぱなしジャーマンEND!。だが、それがいい!?。こまけぇことは気にするな(笑) 緋弾のアリア 緋弾のアリア 第11話「潜入」 第12話(最終回)「ブラド」

TVアニメ 緋弾のアリア 第11話「潜入」 第12話(最終回)「ブラド」 の感想。 第11弾「潜入」 脚本:白根秀樹 絵コンテ:渡部高志 演出:山口頼房  ブラドの屋敷を管理していたのは小夜鳴だった。キ...

緋弾のアリア最終話感想

#12「ブラド」 小人閑居して不善をなす。というわけじゃないけれど。うちの視聴環

緋弾のアリア 第12話(最終話) 「ブラド」 感想

2期への希望が残る終わり方でしたね。 第12話(最終話) 「ブラド」 感想は続きから

緋弾のアリア 第12話(最終回) 「ブラド」

理子の裏切りにあったキンジとアリア一触即発かと思いきや…

緋弾のアリア 12

第12話 「ブラド」 個人的にはパッとしないアニメでしたが、「風穴」や「ヒスる」など、新しいネタを提供してくれました。 最後でリコが逆襲、そんなずるいことするから先生にやられるんだよ。 でもさすがに女の子の顔面踏み付けはいかんよ。 リコの中の人も色々声変えて大変ね。 先生は完全にS、そして人間じゃねえ。言葉まで失ってやがる(笑) なんか前期の「ゾンビ〜」を思い出すようなシーンだな。 さすがにこんな化け物を銃だけで風穴は開けられんだろ。 で、この化け物の正体はドラ...

緋弾のアリア 第12弾

「ブラド」 いよいよ最終回 今回一番エロかったのは、理子がアリアのうなじを舐める

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]