忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

電波女と青春男 第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

青春男と呼ぶよりも青春野郎と呼び捨てたくなるほど青春している「電波女と青春男」の第11話。その分、電波が弱めでエリオは添え物。でもサブタイの「女々たん」はどこに行ったんだろう?

denpa1101denpa1102denpa1103denpa1104denpa1105
denpa1106denpa1107denpa1108denpa1109denpa1110

町をうろつけばヒロインに当たるマップ移動式ギャルゲを彷彿とさせて、前川さんに出会った。お昼をご馳走してくれて、しかも両親は不在という絶好のシチュエーションだが、床下には自称超能力者がいたりするのでドキドキさせる場面はない、残念ながら。
でも前川さん、これまでは電波女と青春男に対しては傍観者の態度だったのだが、青春ポイント加算方向で介入してきた。安易なハーレムは勘弁だが、エリオへの着火剤とリュウシさんへのガソリン投下だと思えば期待できるキャラクターかもしれない。野球とお祭りの最終話につなぐガイド役と言えるかもしれない。

denpa1111denpa1112denpa1113denpa1114denpa1115
denpa1116denpa1117denpa1118denpa1119denpa1120

バスケの試合のリュウシさん、いつものウザ可愛さは拡散せずにバスケに集中。真の学園生活では紛れもないメインヒロインだが、相変わらずモヤーッとした状態から足を踏み出せないでいる。リュウシさん側が多少積極的ではあるのだが、真の側にそれを受け止めるだけの自覚がない。関係が深まったとしても学校ではリュウシさん、家に帰ってはエリオという二股生活はこの主人公には無理だろう。エリオとリュウシさんの嫉妬も可愛いけれど、もてあそばれる形で描いて欲しくはないものだ。
フリースロー前のリュウシさんに声援を送る真。告白めいた自身の心情吐露などは、それこそモノローグで片付けて欲しかったが、おそらく原作では真の熱さをこれで表現しているのだろう。

シャフト作品には珍しく無駄なコマ数で演出することもなく、ブリキ原案、西田亜沙子キャラデの少女たちを正面から切り取ったこの作品、どのようにまとめるか最終話を楽しみにしたい。
トランス・アーツのグロス回だった。

電波女と青春男 2(完全生産限定版) [Blu-ray] 電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版 (電撃文庫)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

電波女と青春男 第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

「ようは諦めがたいということを表明したかったのさ」

電波女と青春男~第11章「今年の夏はバスケ...

 高校2年生の丹羽真(にわまこと)はおばの家にあずけられた。 その家で出会った謎の少女エリオとの物語、11話目。小学5年生のころ、地元の少年サッカー団に所属していた。練...

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭と野球と女々たんと」

最終回まで一挙二話放送、でもレビューは分割です。「電波女と青春男」の第11話。 TBSの番組公式ページはこちら。 夏休みの日中を何の予定もなく寂しく過ごす真。かと、思いきや買い物に出たところで ...

電波女と青春男 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』&12話『秒速0.00000000198センチメートル』

先週お休みで、今回は2話連続放送になります。ヘンテコな登場人物が多い反面、やってることは日常系に近い本作ですが、どんな締めになるんでしょうか。 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』 前川さんはもっ積極的になっていいと思う。 玄関でたら前川さんと遭遇。虚弱体質なので日傘は必需品でしょうか。でもへそ出しミニTシャツにマイクロミニのデニムスカート。露出が高めであんま意味無い気がします。  彼女に招待されて前川宅へ昼食を呼ばれる真がホント羨ましい。・家...

電波女と青春男 第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

『前川さんと街でバッタリ出くわしことから、前川家で昼食をごちそうになる真。食事の後、一緒にゲームをして遊んでいると、不意に前川さんが「転校生は何かをあきらめるのが得意そうだ」と、真への印象を語り...

[アニメ]電波女と青春男 第11話「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」

「諦めたら、そこで試合終了だよ」の壮大なパロだと思った。だけど、その視聴者へのメッセージに映像を混じえて、真の過去を混じえて、毎日を本気で挑むリュウシさんの人生をかけ ...

電波女と青春男 11話/12話(最終回)

あきらめるな。逃げるな。立ち向かえ。 というわけで、 「電波女と青春男」11話/12話(最終回) Believe yourselfの巻。 前川さんのターン! いつもの着ぐるみ、キャストオフ! 雌伏の時を経て私...

電波女と青春男 十一章 今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと

電波女と青春男 第11話。 超能力に目覚める人間と目覚めない人間の違い―――。 以下感想

電波女と青春男 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 感想

今回は今作の中でもかなり青春していたような気がするね。 第11話 「今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと」 感想は続きから

電波女と青春男 11章『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』

真は小学5年生の頃、地元の少年サッカー団に所属していた。 しかし、彼はサッカーに向いていなかったか、試合に出れず。 それなのにわざわざやってくることになる両親に申し訳なく、1年で退団した。 状況を受け入れてしまったのであれば、もうそれ以上は望めまい。だから、その頃から真は自分の背丈より高いものに手を伸ばすことに躊躇するようになった。

電波女と青春男 11章『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』 感想

なんとかなるのではない。なんとかするのだ(`・ω・´)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]