忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」

波乱に満ちた鈴羽編のまとめとなった「Steins;Gate」第16話。
ラボが襲撃され、まゆりが死亡する原因となった最初のDメールをSERNのデータベースから削除するため、1975年に跳びIBM5100を入手する片道ミッション。
このタイムマシンは過去への一方通行だが、時間は未来へと流れるから年月を過ごせば自然と現在までたどり着く。これが未来への一方通行マシンだと、こうはいかない。

拍手


1975年に直行すべきだった鈴羽の運命は、この2010年に寄り道したことで明暗を分けたようだ。探していた父親はまゆりの感と状況証拠のみでダルだと衝撃の決定がされたのだが、この当時で運用可能なタイムマシンを作っていたのは彼らだから、そう不自然な展開でもない。初めての親子の出会いと急な別れはあまりにもぎこちない態度だが、この戸惑いの大きさの方がリアルな演出だ。

steinsgate1601steinsgate1602steinsgate1603steinsgate1604steinsgate1605
steinsgate1606steinsgate1607steinsgate1608steinsgate1609steinsgate1610

落雷による故障を引きずったままのタイムトラベルの結果、記憶を失った鈴羽はミッションを達成すること無く、失意と絶望の淵で自殺した。ミスターブラウンに託された鈴羽からの手紙は後悔の言葉で呪われたような遺書だった。この悲劇で幕を閉じても良いのかと思うが、未来は変えられないと諦める選択は岡部倫太郎にはないし、鈴羽の願いでもない。
鈴羽の父親の件も鈴羽との思いでさえも消し、世界線を変えるDメールを送る倫太郎に躊躇はない。まゆりの悲鳴と引き換えに世界線はわずかばかり変わったのだろう。ダイバージェンスメーターがその事実を示している。
鈴羽の死因が自殺から病死に書き換えられた世界線で、まゆりの死亡フラグも消えたのだろうか。

steinsgate1611steinsgate1612steinsgate1613steinsgate1614steinsgate1615
steinsgate1616steinsgate1617steinsgate1618steinsgate1619steinsgate1620

この2010年に出現し、自らをジョン・タイターと名乗った鈴羽の物語は終わったのだろうが、2000年にアメリカのネットに現れたジョン・タイターは何者なのだろう?
次回はフェイリスの運命に再び影響しそうなエピソードだろう。
世界線を変えるたびに涙と泣き顔ばかり増えて、心から笑える光景は遠い昔のことのようだ。知らなければ良かった世界に足を踏み入れている彼らの収束する未来に笑顔があるのか、心から心配させられる。

STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray] STEINS;GATE  蝶翼のダイバージェンス:Reverse (角川スニーカー文庫)Steins;Gate (シュタインズゲート) もふもふひざ掛け 紅莉栖・まゆり柄 Steins;Gate (シュタインズゲート) モフモフヒザカケ クリス・マユリガラ
 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

シュタインズゲート第16話『不可逆のネクローシス』の感想レビュー

遂に鈴羽の父親が判明!回でした。 見た目は可愛い、頭脳は天然!名探偵まゆしぃ☆爆誕w …と、どう見てもハッピーエンドに一歩前進だなぁ〜と思わせておいて、直後に絶望のどん底へ視聴者を叩き落すドS感パネェっすorz アクセサリー屋の情報を元に、もう一度タイムリープ...

STEINS;GATE 第16話感想「不可逆のネクロー...

真実の向こう-------------!!毎回クライマックス!!な内容が続き、驚きと感心の連続です。すごい作品だわ、これは。ピンバッチの依頼者は、バレル・樽や風船のような大男。だが、製...

【Steins;Gate(シュタインズゲート) 第十六話 不可逆のネクローシス -Sacrificial Necrosis- 感想】

鈴羽どうしてこうなった・・・・ Aパートでダルさんとのハグでウルッときてたら、Bパートで一気に絶望に堕とされたよorz まゆしぃの生存ルートと引き換えに鈴羽は犠牲になったの?

STEINS;GATE(シュタインズゲート) 第16話「不可逆のネクローシス」

お父さんは、樽!? ピンバッチを作ったバレル・タイターは樽なのです!m9(`・ω・´) まゆしぃの名推理でついに鈴羽のお父さんが明らかに!? まゆしぃはできる子なのです(p・ω・。q) 鈴羽のタイムリープは成功するのか! なんかもう重すぎてうわぁってなる。゚(。ノωヽ。)゚。

Steins;Gate テレ玉(7/19)#16

第16話 不可逆のネクローシス 公式サイトから 露天商にピンバッジを注文したのは

STEINS;GATE 第16話「不可逆のネクローシス」

時間はめぐり、絆もめぐる…。 ピンバッチを露天商に頼んだのは樽みたいな男…。 時間をたどり探して見れば、ダルだったw 鈴羽のためにダルが偽造したものだったのですが…(^^;  ▼ STEINS;GATE 第1...

Steins;Gate #16 「不可逆のネクローシス」

 失敗した失敗した失敗した……

『Steins;Gate』#16「不可逆のネクローシス」

「こんな人生は、無意味だった───」 まゆしぃ、鈴さんのお父さんが誰なのかわかっちゃいましたぁ! 8月12日14時ごろ、 鈴羽の父の形見であるピンバッチの情報が露天商からもたらされ、 慌てた駆けつけるオカリンだったが…

(アニメ感想) Steins;Gate シュタインズ・ゲート 第16話 「不可逆のネクローシス」

STEINS;GATE Vol.1【通常版】 [DVD](2011/06/22)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲...

Steins;Gate 第16話 「不可逆のネクローシス」 感想

鈴羽の父親については、予想通りでしたね。 過去に跳んだ鈴羽の最後と手紙は、悲しすぎですよ。 露天商にピンバッジを注文したのはダルだった。 鈴羽のタイムマシンは過去にしか跳べず、1975年に行け...

STEINS;GATE 第16話 感想

 STEINS;GATE  第16話 『不可逆のネクローシス』 感想  次のページへ

Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」感想

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗したあたしは失敗した。

STEINS;GATE 16話『不可逆のネクローシス』

凶真が持ってきたものとセイムなピンバッジの制作を依頼した者がいる。 それを知り、凶真はそれがどんな者だったか、その特徴を訊く。

Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」

『露天商にピンバッジを注文したのはダルだった。鈴羽のタイムマシンは過去にしか跳べず、1975年に行けばもう戻ってこられない――そのことを知ったダルは、父親が見つからなかった場合、ウソでも鈴羽を喜ばせよ...

STEINS;GATE 16話

思い出と引き換えに、未来を。 というわけで、 「STEINS;GATE」16話 名探偵まゆしぃの巻。 タイムマシンは、過去にしか飛べない。 一度進んだら、もう二度と引き返せない道。 だが、行くと決めた...

Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」

STEINS;GATE Vol.2【通常版】 [DVD](2011/07/27)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る  名探偵まゆしぃ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!この娘さんは一見するとのんびりしているようで、妙に鋭いところがあっ...

STEINS;GATE 第16話 不可逆のネクローシス

アクセサリー屋のピンバッチを作ってもらいに来た客がいたという情報から、タイムリープで接触。 その男はダルでした。 万一、鈴羽の父親が見つからなかった時の為、傷付けない為 ...

Steins;Gate 第16話

関連リンクhttp://steinsgate.tv/第16話 不可逆のネクローシス手がかりを掴んだピンバッヂを作った者果たしてその正体は?連絡を受けて露天商の所へいくもピンバッヂを作ろうとした男の体格の特徴だけしかわからなかったしかし倫太郎はある考えを思いついていたそれは...

STEINS;GATE 第16話「不可逆のネクローシス」

父を思う心、友を思う心。

STEINS;GATE 第16話「不可逆のネクローシス」

STEINS;GATE Vol.1【初回限定版】 [Blu-ray]鈴羽編のラスト! ついに、父親の正体を突き止めて幸せな一時が訪れました。 しかし!しかし!

Steins;Gate 第16話 「不可逆のネクローシス」 感想

ようやく最新回に追いついた。 【27%OFF】[Blu-ray](初回仕様) STEINS;GATE Vol.6価格:6,439円(税込、送料別) 早速感想。 波乱に満ち、数奇な運命を辿った鈴羽の話がここでまとまった感じ。 一人...

STEINS;GATE 第16話「不可逆のネクローシス」

四八マンによって作られたディストピアの世界線出身の阿万音鈴羽さんの語る未来の様子            '´  ̄  ̄ ` ヽ、        、__/ : : : : : )ノ: :ヾ: : : \ .      

Steins;Gate シュタインズゲート 第16話 「不可逆のネクローシス」 感想

別れ Steins;Gate 第16話感想です。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 16話「こんな人生、無意味だった」(感想)

失敗 失敗 失敗… 鈴羽にとっての天国と地獄。 父と巡り合えた幸せ。 記憶を失った事を知った絶望。 ひどい結末を迎えた鈴羽を救う為に、 オカリンはまた背負い込みました。 その為にまたオカリンは孤独になっていく展開でした。 そしてまゆしぃは本当に救われたのか…  

第16話 『不可逆のネクローシス』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 やっぱオカリン、カッコいいわ…。『うさぎドロップ』の大吉といい、パッと見冴えない感じの主人公の方が、何だか個人的には好感が持てます。ほんの少しですが、希望が見え始めてきましたね。さぁ、果たしてここからどう巻き返していくのか。今後のオカリンの行動に、ますます目が離せません!そして、そろそろ私のるか子を出して下さい!w  では、以下レビューです ↓

Steins;Gate #16 不可逆のネクローシス

シュタゲ 第16話。 鈴羽の父親の正体と彼女の旅の結末―――。 以下感想

Steins;Gate 第16話

Steins;Gate 第16話 『不可逆のネクローシス』 ≪あらすじ≫ 遂に鈴羽の父親の手掛かりが掴めるかもしれない。倫太郎は迷わずタイムリープをし、露天商に鈴羽の持っていたピンバッチを依頼した人物を捕ま...

Steins;Gate 16話「不可逆のネクローシス」

何も出来なかった悔しさ・・・ STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray](2011/07/27)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

STEINS;GATE第16話感想

#16「不可逆のネクローシス」 バイト戦士さんの数奇な運命…。 いやこれは凄い!

STEINS;GATE 第16話「不可逆のネクローシス」

「嘘には二種類ある。人を傷つける嘘と、優しい嘘だ…」 やだ、カッコイイ…///って、ダルのくせにいい声を出すなw ということで、前回の露天商が言っていた男はダルでした。なんでこんな紛らわしいことを?と思ったけど、これも過去にしか飛べないタイムマシンに乗る鈴羽に対するダルの優しさなんですよね。

Steins;Gate 第16話 『不可逆のネクローシス』 感想

タイムマシンが生み出す孤独。 Steins;Gate 第16話 『不可逆のネクローシス』 のレビューです。

シュタインズゲート第16話『不可逆のネクローシス』

あなたの人生は 絶対ッ!!無意味なんかじゃ無いっ><;!! 巡り巡って人は誰かに助けられて生きている・・・、 だから君も・・・、

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]