忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Steins;Gate 第19話「無限連鎖のアポトーシス」

岡部倫太郎のDメールキャンセルの時間旅行が繰り返される「Steins;Gate」。この第19話はメール回収対象者は桐生萌郁。一応は研究所のラボメンNo.005という側面はあるのだが、まゆり殺害の下手人、ラウンダーという憎悪対象と言ったほうが正確だろう。本気で殴っているし。

彼女が過去改変メールとして何を送ったのか、これまでのフェイリスやルカ子と比較して、その内容に興味がもたれるところだが、倫太郎は知っているつもりだったらしい。その誤算がドラマを盛り上げるキーにはなるのだが、ディスコミュニケーションの萌郁とあってはドラマティックな展開に持っていくことは難しい。
その分はFBとやらにミッションを与えられ、メールだけのやり取りで疑うこともなく実行してしまう萌郁のメンタル面を誇張することでしか表現方法はなかったようだ。

steinsgate1901steinsgate1902steinsgate1903steinsgate1904steinsgate1905
steinsgate1906steinsgate1907steinsgate1908steinsgate1909steinsgate1910

確かに演者の芝居は良くできていたけれど、絵作りは難しかったかな。倫太郎が奪ったケーターを返せとバカのひとつ覚えのように騒ぐ他に、彼女の抵抗手段はなかったのだから。丸腰の萌郁にとっては力の差を見せつける倫太郎の陵辱に抗うすべはない。
武器を持った時と無いときのギャップは萌郁を描く際の魅力の一つだが、設定的にはケータイしか扱えない萌郁がプロ並みの銃器の扱いが出来たとは信じられない。別の世界線では、そんなことも可能だったのだろう。

紅莉栖は次第に有能なパートナーとして変化を見せてきたのだが、別の世界線での記憶をかすかに持つからといった理由だけではなく、倫太郎が現在抱える問題を明かし共有しようとしてからのことなのだろう。「クリスティーナ」や「助手」ではなく、「紅莉栖」と名前で呼んでくれたことが大きいのだろうけれど。
萌郁への取消メールは、それを信じない萌郁によって世界線は変化せず。彼女を変えるのはFBとやらの指示だけのようで、次はFB探しのタイムトリップが始まるのだろう。

steinsgate1911steinsgate1912steinsgate1913steinsgate1914steinsgate1915
steinsgate1916steinsgate1917steinsgate1918steinsgate1919steinsgate1920

色々と残念なのは色彩設定。このモノトーンに近い美術設定も世界観を現すのにはふさわしいのだろうけれど、キャラクターの行動や表情が読み取りにくいのは難点。ビジュアルノベルのように地の文から読み取るつもりでいれば良いのだが、アニメでは演者のセリフのみに頼らざるを得ず、なかなか一度で把握できるものではない。だからBD/DVDでというセールスの訴求点と連動しているとは思うけれど…

STEINS;GATE Vol.3【初回限定版】 [Blu-ray] STEINS;GATE  蝶翼のダイバージェンス:Reverse (角川スニーカー文庫)Steins;Gate (シュタインズゲート) もふもふひざ掛け 紅莉栖・まゆり柄 Steins;Gate (シュタインズゲート) モフモフヒザカケ クリス・マユリガラ

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 19話「桐生萌郁回。後藤沙緒里さんの演技が凄かった」(感想)

今回はずっとオカリンは超真面目モードです。 桐生萌郁を止める為に、 あんなことやこんなことまで 平気でためらわずに行うオカリン。必死です!   今回は桐生萌郁=後藤沙緒里さんの演技が凄かった...

Steins;Gate 第19話 「無限連鎖のアポトーシス」 感想

岡部倫太郎役の宮野真守さんの演技が凄かった。 桐生萌郁役の後藤沙緒里さんも。 今回は、緊張感ありまくりの回でした。 次回が気になって仕方ないですよ。 Dメールを取り消していくことで1日ずつ...

Steins;Gate #19 「無限連鎖のアポトーシス」

 萌郁怖過ぎ。そして紅莉栖嫁過ぎ。

【Steins;Gate(シュタインズゲート) 第十九話 無限連鎖のアポトーシス -Endless Apoptosis- 感想】

萌郁回予想以上の驚きがあって楽しめましたわ。 狂気染みててこれぞシュタゲという感じで、ゾクゾクしてきたw まさか自殺イベント発生とはホントに意表突かれましたわw

Steins;Gate テレ玉(8/09)#19

第19話 無限連鎖のアポトーシス 公式サイトから Dメールを取り消していくことで

Steins;Gate 第19話「無限連鎖のアポトーシス」

STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074%(2010/06/02)ドラマ、宮野真守 他商品詳細を見る  桐生 萌郁、マジこえぇぇっ! 暗い部屋で携帯に「FB、FB、FB……」と打ち続け...

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 第19話 感想「無限連鎖のアポトーシス」

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)ですが、ラボでは岡部倫太郎が砂時計でカップメンをつくっています。ダルはパソコンの前に鎮座していますが、そこら中にポストイットが貼ってあります。椎名まゆりが明るく話しますが、オカリンは暗いままです。そんなオカリンを牧瀬紅莉栖が屋上に連れ出し、「まゆりが気をつかってるのが分からないの?」と叱ります。 オカリンは牧瀬にタイムリープしてきたことを話しますが、フェイリスニャンニャンやルカ子ニャンニャンの過去メールを消しても、まゆしぃの運命は一日延ばしになるだけで何も変...

STEINS;GATE 第19話「無限連鎖のアポトーシス」

次に取り消すDメールは萌郁のもの。 Dメールを取り消すごとに まゆりの生存は1日延びてるようで。 コミマの日まではついに来ましたね。 萌郁のメールを消せば、まゆりは無事になるのか? それとも…。 ...

STEINS;GATE 19話

所詮お前は指示待ち人間…! というわけで、 「STEINS;GATE」19話 ケータイ依存症Lv100の巻。 あなたはどの世界線にいても一人じゃない。私がいる。 理解と覚悟のある女、最強のパートナー、頼れる...

『Steins;Gate』#19「無限連鎖のアポトーシス」

「誰もお前を助けになんて来ない!FBもだ!」 AD 2011.08.15 20:03 フェイリス、ルカ子のDメールを取り消して行くたびに、 まゆりの死亡日時は1日ずつ延びて行くが、死亡は回避できず… 次は萌郁のDメールを取り消すために、オカリンはクリスに協力を求める。

シュタインズゲート第19話『無限連鎖のアポトーシス』の感想レビュー

萌郁回前半でした。 物語での重要性が高いIBN5100の行方が遂に判明!という展開に加え、萌郁を問い詰めるオカリンの鬼気迫る演技が鳥肌モノで必見でしたね。 Dメールを打ち消すごとに1日のペースでまゆしぃの寿命が延びる計算になっているとのことで、コミケの夜までは...

第19話 『無限連鎖のアポトーシス』

本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 (;゚Д゚) では、以下レビューです↓

STEINS;GATE 第19話 無限連鎖のアポトーシス

今回は萌郁回ですが、るかのDメール取り消しでもIBN5100が手も度に戻ってきていない事などを全部すっ飛ばしてしまっているので、雑と言わざるえない構成です。 岡部は今回、萌郁のD ...

Steins;Gate 第19話

Steins;Gate 第19話 『無限連鎖のアポトーシス』 ≪あらすじ≫ 残るは桐生萌郁の送ったDメールを打ち消すのみ。万全を期したい倫太郎は、この世界線でのまゆりが死ぬデッドラインを見分けるため、わざと行...

アニメ「Steins;Gate」 第19話 無限連鎖のアポトーシス

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー005☆桐生萌郁(2010/10/20)桐生萌郁(後藤沙緒里)、後藤沙緒里 他商品詳細を見る 居場所をくれた、私に。 「Steins;Gate」第19話のあらすじと感想です。 ...

STEINS;GATE 第19話感想「無限連鎖のアポト...

今日は無事でも明日は------------!!コミマに行くとはしゃぐまゆりに、不安を隠せない岡部。むすっとした岡部の態度に、思わず屋上へ彼を連れ出す紅莉栖。だが、話を聞かされた紅莉栖...

Steins;Gate 19話「無限連鎖のアポトーシス」

声優さんの演技に脱帽! STEINS;GATE Vol.3【初回限定版】 [Blu-ray](2011/08/24)宮野真守、今井麻美 他商品詳細を見る

Steins;Gate 第19話「無限連鎖のアポトーシス」

『Dメールを取り消していくことで1日ずつ時間がずれていくものの、まゆりが死ぬ結果に変わりなかった。まゆりはおそらく8月16日、コミマの日に死ぬ――そう、紅莉栖に告げた岡部は、まゆりを彼女に任せてDメール...

(アニメ感想) Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第19話 「無限連鎖のアポトーシス」

STEINS;GATE ドラマCD γ「暗黒次元のハイド」ダイバージェンス2.615074%(2010/06/02)ドラマ、宮野真守 他商品詳細を見る ☆ Steins;Gate -シュタインズ・ゲート- 第18話 「自己相似のアンドロギュノス」の感...

STEINS;GATE第19話感想

#19「無限連鎖のアポトーシス」 アポトーシス=細胞の自殺。 世界でもっとも孤独

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by うーぱ
  • 2011/08/11(Thu)08:17
  • Edit
>ケータイしか扱えない萌郁がプロ並みの銃器の扱いが出来た

初投稿&長文で失礼します。原作既読の者です。
萌郁の銃の腕は全ての世界線で素人のままです。現在居る1%未満のα世界線でまゆりの死が確定している=「死」という結果に対して、その原因に強制的な補正がかかる、という形です。

原因:銃で撃たれた→『偶然』弾丸が脳天直撃で死亡
原因:地下鉄で逃げようとした→『偶然』第三者に突き落とされて死亡
原因:コミマに行った→『偶然』心臓麻痺で死亡(今回、紅莉栖が確かめた死因)

全ての『偶然』が必然にすり替えられている状態です。
アニメでは殆ど説明を省かれていますが、これが原作で語られた最重要設定『世界線の収束』です。
数年後の未来で死亡が確定している岡部、牧瀬の両名は、2010年の現在に置いては100%死にません。
目の前で銃を乱射されても、数発身体に命中こそすれ、必ず生き延びます。自殺しようとしても絶対に助かります。

世界線の収束=ご都合主義なのですが、そのご都合主義を設定レベルとして組み込んでいるのが今作品の魅力であり、岡部の最終目標はそのご都合主義への反逆、となります。
(そのご都合主義で、毎回タイムリープ成功している岡部の存在そのものが皮肉なのですが)

Re:No Title

  • by wataru
  • 2011/08/11 15:12
うーぱさん、コメントありがとうございます。
「偶然」に左右されて因果律が働かない世界とも解釈される世界観ですが、結果だけを「必然」に強制置換するサブルーチンに迷い込んでいるのだと、今のところは思っておきましょうか。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]