忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

何から書きましょうかね…。
「神様ドォルズ」の第7話は事前に噂されていたように、シリーズ折り返しのクライマックス。匡平と阿幾、そして空守村と住人たちの過去に遡り、これまでの6話を通してなぜ今に至ったかを解きほぐす重要な話数だったことは認めよう。
瀬能千波野という女教師を通して彼ら(匡平、阿幾)が変わったこと、そして何も変わらなかった多くの村人たちのことを物悲しく描いている。
しかしこの物語が悲しいのかと問われると、それを肯定する自信はない。過去が悲しいのじゃなくて、今もその悲しさを引きずっている阿幾が悲しいのだろう。この点では回想の主人公は阿幾だった。匡平は阿幾の悲しみの何割かしか、その心に映してはいない。

拍手


kamisamadolls0701kamisamadolls0702kamisamadolls0703kamisamadolls0704kamisamadolls0705
kamisamadolls0706kamisamadolls0707kamisamadolls0708kamisamadolls0709kamisamadolls0710

事件の結末の是非はともかく、憎しみも悲しみも昇華されなかったのは、これで第1話の振り出しに戻るからだろうか。いや、それは早計だろう。
この第7話の村八分や強姦、大量殺人などのエキセントリックな仕掛けに誤魔化されがちだが、今回は中盤の中締めにしか過ぎないからだ。
たまたま今回の事件は偶然だったのかも知れないし、今までもこの村ではそうっだったのかも知れない。しかし、これからはそうでないと断言できないのはアマテラスの伏線が気にかかるからだ。

kamisamadolls0711kamisamadolls0712kamisamadolls0713kamisamadolls0714kamisamadolls0715
kamisamadolls0716kamisamadolls0717kamisamadolls0718kamisamadolls0719kamisamadolls0720

この結末で第1話本編には戻ることはあっても、今回の回想編の中学生時代以前に相当する第1話アバンがまだ宙ぶらりんではないか。おそらく阿幾の性格からして、半分は捏造されて誤解されての結果ではないかと想像するが、隻の資格を失い暗密刀を取り上げられたことも表面をなぞったに過ぎない。終盤のクライマックス前には再び回想とともに匡平と阿幾の過去を暴くことが必要になるだろう。今のままでは匡平が主人公であることの意味を問わずにはいられないし、一旦アク抜けした阿幾と違って不完全燃焼なガスを貯めたままの匡平が大爆発をする気がしてならないからだ。

kamisamadolls0721kamisamadolls0722kamisamadolls0723kamisamadolls0724kamisamadolls0725
kamisamadolls0726kamisamadolls0727kamisamadolls0728kamisamadolls0729kamisamadolls0730

そもそも妻のいない男と関係を持っても不倫とは言わないと思うのだが、そこはそれ。狭い地縁血縁ですぐに噂になる田舎を象徴する事件だろう。責められるのは子供に目撃されてしまったといううっかりさなのだが、村人から「様」付けされる隻の言うままにならないからだという理不尽さも千波野先生を追い込んでいる。
先生の役は鍋井まき子の熱演、地味な役だが中学時代の靄子も良い演技でフォローしている。
過去の物語を日々乃に語り終えた形で匡平が締めるモノローグ以外、回想本編では全般にセリフでの説明は最小限に抑えられて、絵と音から理解する演出。絵コンテにはベテラン大宙征基(奥脇雅晴)と来たもんだ。処理は菅原静貴助監督。
レギュラーのオープニングもエンディングもなしで尺いっぱいに使った第7話だったが、アッサリ語られた暗密刀の封印や隻をやめた匡平のことなど、少しの物足りなさは次回への余韻だと受け取っておきたい。

神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray] 神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)神様ドォルズ-隻・詩緒 (サンデーGXコミックス 10YEAR’S CHRONICLE)

テレビアニメーション「神様ドォルズ」オリジナルサウンドトラック
テレビアニメーション「神様ドォルズ」ドラマ・キャラクターアルバム Vol.1
テレビアニメーション「神様ドォルズ」ドラマ・キャラクターアルバム Vol.2
 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

神様ドォルズ 第7話

第7話「追憶の肖像」 遠い記憶、悲しい記憶 阻害され、孤立し、遠くに行きたいという先生。 優しい気持ちを取り戻しかけていた阿幾。 ただ幼すぎて、どうしていいのかわからなかった匡平。 遠くで見...

神様ドォルズ 第07話「追憶の肖像」 感想

閉鎖された村の因習に振り回され・・・ 村の外からやって来た教師の千波野。 些細な出来事から徐々に村の住人に排斥され孤立していく。 精神的に不安定になっていった千波野は自分と同じ境遇の阿幾と接近していき・・・。 分かってはいましたがとにかく重い回になりました。

神様ドォルズ 第07話 『追憶の肖像』

今回は欝になる回だとうすうす思っていました。でもあまり欝にはなりませんでした。だって先生酷いんだもの。今回不満が多いので、好きな方は閲覧をお勧めしません。 先生の下半身は公私混同上等。田舎に若い教師が赴任してくる。そりゃ何かあったとは思いますよ。生徒の親といい仲になって、それを生徒に見られた。ショックを受けた生徒が飛び出して交通事故。何その酷い理由。 いい大人なんですから、恋愛しようがセックスしようが構いませんよ。倫理上問題のない相手であればお付き合い大いに結構。でも教師が生徒の親とねんごろになっちゃダメ...

神様ドォルズ 7話「回想回。すべての始まりは先生だった」(感想)

匡平とアキの対立には先生の存在がありました。 思春期の少年同士による恋物語。 ふられたものと愛を失ったもの。 神様ドォルズの物語はここから始まりました。 村の外から来た先生の存在は、 村しか知らない匡平ヤアキにとって魅力的だったのでしょうか。 一方で村を知らなかった先生は、それがもとで最悪の悲劇を迎える。 何にしても、この作品の全ての元凶は「村」です。  

神様ドォルズ 第七話 追憶の肖像

 わんこかわいそうです。

[アニメ]神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

涙で画面が見えないよ。なんで、こうなったかな。なんで、こうなるかな。なんで、なんで、なんで……。

神様ドォルズ ♯07

案山子なしじゃ   ___ 何もできないんだな。

【作品の核心回】『神様ドォルズ』7話『追憶の肖像』レビュー!(今回は『匡平と阿幾』の過去話でしたが『瀬能先生』を巻き込んだ『阿幾の事件の結末』には胸が締め付けられました・・・深い作品ですね・・・)

今回は 2011年7月放送開始アニメ 『神様ドォルズ』第7話『追憶の肖像 』 レビュー♪     原作は やまむらはじめ さんで 『月刊サンデージェネックス』 に連載中のマンガです!       監督は 麻枝さん脚本の『Angel Beats!』 の監督をされた 岸誠二監督 で、製作は 『デュラララ!!』などを製作している『ブレインズ・ベース』 と気鋭の製作陣です!     ...

『神様ドォルズ』#7「追憶の肖像」

「ねぇ、どこか遠くに行きたい。あなたと二人で」 阿幾よりむしろ先生の方が魔性… 6年前、阿幾との間に起きた出来事を日々乃に話して聞かせる匡平。 それは外から若い女教師・瀬能千波野が村にやってきたところからはじまる。

神様ドォルズ 7話

ひどい話だ。 というわけで、 「神様ドォルズ」7話 まったく、ムラ社会は最低だぜの巻。 先生のあれやこれやに関しては賛否両論あると思います。 確かに、モラルに反する行為だったとは思います。 ...

神様ドォルズ 7話 「追憶の肖像」

来たぁぁ、過去編!!!作画危うしと序盤心乱れましたが、大丈夫でした。阿幾ぃぃぃぃぃ!!!!!(号泣)

神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

予想以上のシリアス回、わかった点もあれば疑問も残ってしまった

神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

阿幾と匡平、そして先生と…過去編。 隻の座を奪い返しても 篤史の復讐にされされボッチだった阿幾。 犬を庇ってボコされたとこを助けてくれたのが臨時教師の千波野だった。 ▼ 神様ドォルズ 第7話「追...

神様ドォルズ第7話感想

#7「追憶の肖像」 「これでようやく元通り。ようやくお前と二人で、だろ?今度こそ

神様ドォルズ 第7話 感想「追憶の肖像」

神様ドォルズですが、阿幾と先生の過去についてです。ロボット大暴れの封建的因習がドロドロと渦巻く隠れ里ですが、都会からやってきた女先生が爽快な風を巻き起こします。匡平も「あの頃はよかった」と懐かしみますが、幸せな日々は長くは続きません。(以下に続きます)

神様ドォルズ テレビ東京(8/16)#07

第7話 追憶の肖像 阿幾が連れている犬は自分たちの犬だと文句をつける 枸雅篤史。

神様ドォルズ 第07話 感想

 神様ドォルズ  第07話 『追憶の肖像』 感想  次のページへ

神様ドォルズ 7話「追憶の肖像」

予想以上に重い・・・ 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

神様ドォルズ 第7話「追憶の肖像」

あんな人間を様付けでは呼びたかねえーな。

神様ドォルズ 第07話 「追憶の肖像」

阿幾の暴走、匡平が隻を辞め村を出た過去のお話「神様ドォルズ」第7話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 DQN隻が苛めていた犬を庇う阿幾との間に割って入る「先生=瀬能千波野(せのうちはや)」...

神様ドォルズ 第07話 「追憶の肖像」 感想

僕の先生への幻想 (イマジン) が ブレイカーされてビックリな回! そして村の平和なイメージなんぞは、夕立ちと共にずぅっと遠くへ。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]