忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

神様ドォルズ 第8話「神様の役割」

水着回かと思ってみれば肩透かしだが、さすがに第7話での怒涛の回想編を受けた話数だけに意外と濃密。隻と案山子の謎というよりも、人の業や宿命を中心にした展開へと変化している。これまで気にならなかったキャラクターの行動や表情の一つ一つが終盤へつながる伏線として効いてきそうだ。
日々乃がビキニのトップスの紐を詩緒に結ばせたことで、匡平の目の前で起きる惨劇の伏線になると信じたが、ポロリなどなかったのは遺憾。

拍手


kamisamadolls0801kamisamadolls0802kamisamadolls0803kamisamadolls0804kamisamadolls0805

玖吼理の修理完了とともに空守村編の第一幕はアバンでアッサリと片付けた印象だが、短い中にも変わったもの変わらないものをキッチリと描き出している。匡平の母と日々乃が仲よさそうに見えるのは、女同士の不思議なコミュニケーション能力の結果だろうか。それとも日々乃は所詮はお客さん、ヨソ者でしかないことを際立たせようという演出なのか。どちらとも解釈できるのだけれど、前者であって欲しいと願う。
それと比較すると男親と息子の関係なんてどうしようもない事はわかりきっていて、最後まで他人事の父親と匡平との関係は悪化こそすれ良くなることもない。匡平が度々見せる疎外感は隻の資格を失った原因にあるのだろうが、その疎外感や不完全燃焼感は今でも村に住む父親のほうが確実に大きい。阿幾には自分の邪悪な裏側を見て、父親には自分の将来を見る。今の八方塞がりの匡平には逃げ道すらもないのかも知れない。

やっと逃げ出したと思った東京での学生生活も阿幾と村の人々に侵され、彼は自分が何者であるのか、遅まきながらも匡平の自分探しが終盤に待っているはずだ。先生と阿幾の事件の記憶を辿る前回だけでは匡平にカタルシスなど訪れず、全ては第1話アバンのもっと幼い頃の事件を昇華してくれる出来事を待たねばならないのだろう。しかしそこでは再び阿幾と、そしておそらくまひると向き合う時が来る。そこでは匡平の成長を描くことはなく、過去と現在の清算をした上でリスタート地点に立つことが彼の物語の終わりだろうか。

kamisamadolls0806kamisamadolls0807kamisamadolls0808kamisamadolls0809kamisamadolls0810
kamisamadolls0811kamisamadolls0812kamisamadolls0813kamisamadolls0814kamisamadolls0815

阿幾はどれだけ匡平が好きなんだよと思わせてくれるが、空守村から帰郷した早々に図書館で日々乃が出くわした。以前は日々乃を使って匡平を誘い出すかのような物言いだったのだが、少し変化しているような気がする。先生との過去に触れられてカンに触るところはあったけれども、日々乃をどうこうしようとは思っていないだろう。今回は詩緒と玖吼理が日々乃を守ったが、案外と危害は加えられなかったのではないかと思う。
先生の面影を日々乃に重ねている、似ていると匡平をからかったこともあった阿幾だが、容姿や性格が似ているわけではなく、閉鎖的な村に外からやってきた先生、逃げ道もふさがった匡平に村のことなど知らない日々乃という状況が似通っているだけなのだろう。外の人、ヨソ者の匂いの記憶が日々乃を先生にダブらせているだけだ。
先生は村の中に入った結果、むごたらしい結末を迎えてしまったのだが、日々乃は案山子と空守村の観察者としてどのような運命を迎えるのだろう。自らの好奇心で動いているにせよ、彼女が外堀が埋まったというのは今の状況を予感していたのだろう。決して匡平への恋愛感情だけを指すのではない。

kamisamadolls0816kamisamadolls0817kamisamadolls0818kamisamadolls0819kamisamadolls0820
kamisamadolls0821kamisamadolls0822kamisamadolls0823kamisamadolls0824kamisamadolls0825

観察者といえば思い出すのは久羽子だが、阿幾を拾い案山子に興味を持ったとなれば空守村の秘密にたどり着くのも先のことではない。彼女の場合はキャラのポジションとしてはそれが死亡フラグになりそうな気もするのだが、あのバイタリティからすると意外に活躍するのかも知れない。次回予告では第8話での出番がありそうだ。久羽子の父の刑事が殺人事件と匡平と案山子にアタリを付けて張り込みを始めたが、こちらの方が死亡フラグ立ちそうな予感。単なる残念ポジションで終われば幸いだと思う。

水着回というか嵐のペンションパートは玖吼理を使って救助に役立つ案山子のポジティブ面を描き、図書館の阿幾と日々乃のパートでは人間の憎悪と案山子の負の側面を映し出す。
救助やバトルの中では詩緒の案山子のコントロールの成長の成果も見られるのだが、負の側面を強調されて落ち込む場面もある。日々乃も詩緒に負けず劣らずショックを受けていたのは、彼女はもう赤の他人ではなくなってしまったせいだ。村で靄子の記憶を覗き見た阿幾の笑顔、過去の惨劇と目の前の阿幾のギャップが彼女を惑わせるのだ。

kamisamadolls0826kamisamadolls0827kamisamadolls0828kamisamadolls0829kamisamadolls0830

再び阿幾を追って勾司朗と桐生が東京に出てきたが、靄子も同行してきた。ダメージが大きかった武未禍槌は完調ではないからメンテ要員ということか。でも内心は阿幾に会いたいのか、捕らえられるとしても自分の目で確かめたいという女心か。今でこそオヤジ言葉が難点だが、回想編を見たところでは意外と乙女。そんな可愛い靄子を見たいものだが、チャンスはあるだろうか。

制作はMarvy Jackのグロス。昨日最終13話のカッティングが終わったとのことだから、後半も大崩れすることなく、制作は順調に進むことだろう。
最終話までには確実にもうひと山あるはずなので、続きを期待したい。
昨晩のイベントでも村瀬さんが指摘していたが、喫茶店のシーンでの日々乃の突然の反転、壁を打つ匡平の拳との間に滑り込んだりなど、日々乃はテレポート能力があるんじゃないか。今回も暴風の立て看板から玖吼理で日々乃を救った描写だが、日比乃が反射的に飛び込んだんじゃないかと疑われる。

神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray]テレビアニメーション「神様ドォルズ」ドラマ・キャラクターアルバム Vol.1神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)
 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

神様ドォルズ 第08話「神様の役割」 感想

道具は使う人の心次第で善にも悪にもなり得るもの 玖吼理の修復が終わり東京へ戻ってきた匡平達。 日々乃の父の勧めで海のペンションへ遊びに行くがあいにくの台風で・・・。 図書館で阿幾と遭遇した日々乃と詩緒。 案山子の本質について阿幾から聞かされ悩む詩緒が出す答えは・・・。 詩緒が出てくると良い意味で物語が和むなぁと再確認できた回でした。

神様ドォルズ 第8話

第8話「神様の役割」です。 神様と呼ばれる案山子の存在意義とは。 破壊と殺戮しかできない神様、いい事や人助けができる神様。 今回はククリちゃん&詩緒ちゃん大活躍、でも悩んでしまう詩緒ちゃん。 ...

神様ドォルズ 8話「日々乃さんの水着回だと思いきや…でもサービス満載!」(感想) 」(感想)

詩緒はまた一つ成長しましたね。 確かにまだアキには 案山子との戦いでは勝てませんが それでも案山子を「人助け」になれると 言ったのは大きな一歩です! そんな今回はついに日々乃さんの水着姿が見られた回でした。 そしてやはり日々乃さんのおっぱいは揺れませんね…    http://sephiroth777.blog97.fc2.com/blog-entry-221.html

神様ドォルズ 第八話 神様の役割

 メトネルの客……

神様ドォルズ 第08話 感想

 神様ドォルズ  第08話 『神様の役割』 感想  次のページへ

神様ドォルズ第8話感想

#8「神様の役割」 この喫茶店の客って…。詩緒とともに去りぬ。カリオストロの城じ

神様ドォルズ テレビ東京(8/23)#08

第8話 神様の役割 お姉さんらしい笑顔を練習する詩緒。でも笑えないことに気づく。

神様ドォルズ 第8話「神様の役割」

詩緒ちゃんの笑顔が引きつって不気味な笑みになっとるw

『神様ドォルズ』#8「神様の役割」

「あいにくと俺達の神様にできるのは破壊と殺戮、それだけさ。なぜだか分かるか?中身は人間の心だからさ」 玖吼理の修理を終え、東京に戻ってきた匡平たち。 休む間もなく、海に惹かれて台風の中、出かけるのだが…。。。

神様ドォルズ 8話

図書館内で案山子の使用はご遠慮ください。 というわけで、 「神様ドォルズ」8話 いいも悪いもリモコン次第の巻。 中身は人間の心だから、破壊と殺戮しかできない。 そんな結論を出した、一方さん...

神様ドォルズ 第08話 『神様の役割』

水着が・・・。空守村から戻った匡平達は息つく暇もなく海沿いのペンションへ。台風直撃。まあそれだけならギャグとして処理できますよ。台風一過のあとに普通に水着を見せてくれれば。 二人で海行ってこいよ→CM→CM明けたら家に戻ってる。なんじゃそりゃ!似たようなネタが「猫神やおよろず」でもありました。でもあちらは最後にいちおう水着披露してました。それすら無いなんて・・・。水着で海に来たのなら、最低限のお約束があるでしょうが!結局水着は詩緒の妄想と台風対策で着ただけ。これはリベンジがあると信じ...

神様ドォルズ 第08話 「神様の役割」 感想

夏だ、海だ、雨漏りだ〜。そして神様は人助けなのか人殺しなのか。 この作品にはそういった正反対な、「対極」な要素が多いですね。

神様ドォルズ ♯08

やだなー・・お客さん、   ___ その手のばっかりになっちゃったら。

神様ドォルズ 8話「神様の役割」

神様の使い方を学んだ詩緒。きっと、彼女は優しいククリの使い手でいてくれますよ! 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

『神様ドォルズ』 第8話 感想

前半と後半で凄いテンションの落差〜。 まるで『まどマギ』では無いですが、ジェットコースターみたいな展開。 詩緒のテンションが上がって上がって、ガクンと落ちていくお話でした。

神様ドォルズ 第08話 「神様の役割」

空守村から東京へ戻ってきたと思ったら海水浴。「神様ドォルズ」第8話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 「笑えばいいと思うよ」 じゃないけど、日々乃からの弟である桐生への接し方のアドバイス。 ...

神様ドォルズ 第8話 感想「神様の役割」

神様ドォルズですが、匡平、日々乃、詩緒は海に行きます。日々乃たちは水着も買っていますが、雨がザンザン降りで泳げません。日々乃は「殿方もいるし」という古風な表現で、とりあえず水着は着てくれます。 日々乃は図書館で阿幾と会いますが、緊張感も漂います。(以下に続きます)

[アニメ]神様ドォルズ 第8話「神様の役割」

今週は待望の水着回。需要に合わせて、日々乃さんが数秒だけ張り切ってくれました。だけど、あえて、水着は描かないシリアスほんわか風味の感動話にするスタッフ最高やでー。

神様ドォルズ 第8話 「神様の役割」 感想

「神様ドォルズ」  神様ドォルズ 第8話 「神様の役割」 の感想記事です。   空守村を後にし、東京へと戻ってきた一行。   ふとした事から、海へと出掛ける事なりますが・・・

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]