忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」

今でも匡平を「様」付けで呼ぶまひる様。彼女の登場でようやく役者が揃った。
第1話アバンの過去編に登場していたのだが、本格参入をシリーズの終盤まで引っ張っただけの価値がある、圧倒的な存在感。
詩緒と桐生の手打ち式をぶち壊し、阿幾から平城への回答を遮り、前半パートは傍若無人、縦横無尽のまひる様無双の「神様ドォルズ」の第10話。

kamisamadolls1001kamisamadolls1002kamisamadolls1003kamisamadolls1004kamisamadolls1005
kamisamadolls1006kamisamadolls1007kamisamadolls1008kamisamadolls1009kamisamadolls1010

阿幾を座敷牢から逃したのは村出身の国会議員平城ということらしい。平城役には堀内賢雄。
村の守旧勢力、おそらく日向の爺さんとか案山子の秘密を握る者たちに対抗して、自らその力を利用しようという野心家なのだろう。先生の件や過去の経緯から村の者たちをよく思っていない元・隻の阿幾に目をつけたのか。
それにしても案山子や阿幾のルートから空守村の謎を追った久羽子が、この国会議員ルートに辿り着いたのは意外だ。父親の警察ルートに絡んで展開するのかと思ったのだが、どうも親父は無力な官憲のポジションで終わってしまうのかも知れない。
久羽子、阿幾、平城の関係にまひる様を加え、というかまひる様も利用しようと平城が画策した混成チームがメインルートになることはない気もする。
匡平、阿幾、まひる様の3人が自分たちの過去を清算しトラウマを振り払うためには、このチームで案山子と村の秘密に向きあうしかないだろう。3人とも隻として。

kamisamadolls1011kamisamadolls1012kamisamadolls1013kamisamadolls1014kamisamadolls1015

現在と過去をつなぐ今話の構成は自然で巧み。
Aパートのまひる様の大暴れを見せておいてから、彼女が匡平を慕い阿幾に妙な誤解をしたままという現在の状況を決定づけた過去編のBパートにつなぎ、それと並行して匡平は勾司朗に「玖吼理の左手」を初めて使うことになった事件を語り始め、先生の事件からさらに遡る事件に至る。そしてラストは縛られた阿幾を足元に転がし、匡平を想い慕うまひる様の恍惚の表情で引いた。このまひる様の表情と傍若無人ぶりからして、きっと今回の事件もまひる様をフックにして一同が窮地に陥り、そこで匡平の真価を再び問うことになるのに違いないという確信がある。
今思うと石神井公園での詩緒と桐生のバトルで、ピンチの玖吼理から発せられたビームはあの左手によるものだったのかも知れない。それは詩緒の能力だったのか、隻としての資格を失ったものの匡平が無意識に発したものか、その答えもこれからの展開で得られるはずだ。

kamisamadolls1016kamisamadolls1017kamisamadolls1018kamisamadolls1019kamisamadolls1020

隻と案山子の関係は精神感応みたいなところがあるようで、過去パートでまだビギナー隻のまひる様が案山子から干渉されたのも、同じ理由なのだろう。案山子をコントロールするのではなく、案山子に取り込まれるというダークなエピソードも考えられるが1クールでは尺が足りないか?
空守村編では日向の爺さんが温存していた天照素が見られたが、今回の過去編で匡平たちが見つけたものと同じかな。天照素に適合する隻選びが裏で進行して、ラストに結果が突きつけられるのかもしれない。

kamisamadolls1021kamisamadolls1022kamisamadolls1023kamisamadolls1024kamisamadolls1025
kamisamadolls1026kamisamadolls1027kamisamadolls1028kamisamadolls1029kamisamadolls1030

まひる様に対する反応がほぼ一様で笑えるが、彼女を知る者にとっては予想の範疇の行動なのだろう。詩緒は兄を巡るライバルであり隻としてはまひる様が先輩、桐生は日向家内でももらい子みたいな存在だから肩身が狭そう。日々乃は匡平に馴れ馴れしく近づくちんちくりんの乱暴者くらいにしか思っていないかもしれないが、まひる様は意外と日々乃を匡平を巡るライバルと意識し、日比乃の凶器が匡平をたぶらかすことを警戒している。

キャラの登場でオープニングやエンディングを徐々に変化させる、岸監督お得意の手法だが、今回で完成かな。
まひる様の登場でとても慌しく見終えて疲れた第10話だったが、内容は充実していた。これで第1話アバンの伏線は回収されたが、再び過去と同じ喪失のドラマをなぞるのか、それともいよいよ匡平が主人公として完全燃焼するか否かの選択が待ち構えているようだ。次回を楽しみに待ちたい。

神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray]テレビアニメーション「神様ドォルズ」オリジナルサウンドトラック神様ドォルズ 6 (サンデーGXコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

神様ドォルズ 1話「匡平に全てを捧げるまひる大活躍の回」(感想)

匡平はおそらくものすごい力を持っているのでしょう。 彼のものすごい力がまひるを 依存させる・なびかせる要因になっているようです。 今回はまひるさんの匡平に対する愛が感じられた回。 そしてアキには毎度おなじみ拉致監禁シーンもありました。 何より戦闘シーンの充実が目立つ展開でした!  

神様ドォルズ 第十話 美姫、繚乱

 まひる回でしたね。あの性格は凄過ぎです。

神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」 感想

明かされた匡平の過去、人の心を喰らう案山子との戦い、それが匡平がククリの左手を使った最初で最後の時でありまひるに慕われる切欠でもあった

神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」

匡平、無自覚に危ない子にフラグ立てて放置しちゃダメw 禍津妃を操るまひる登場! その力で村では立場が上なので増長しまくって性格わるし。 でも匡平には様をつけるメンヘラヒロインでした(^^; ▼...

『神様ドォルズ』#10「美姫、繚乱」

「あの時、匡平様がいなかったら私たちみんな死んでた。 匡平さまが玖吼理の左手を開かなかったら─── せっかく詩緒と桐生の仲直りがなったと思ったら、 日向まひるの登場により、またしても案山子での戦闘が始まってしまう。 なにやらこのまひるという少女は、 匡平のことが好きなようで周りにとっては寝耳に水!? 勾司朗も知らなかったらしく、あとで匡平に事情を聞くことに。

神様ドォルズ 第10話 『美姫、繚乱』

この娘もやっぱりアレなのね。颯爽と登場していきなり匡平に抱きついた日向まひる。彼女は匡平だけが大事でその他はどうでもいいという超メンヘラ。次期当主の勾司朗の言うことさえ聞きやしません。 更に隻の自尊心がものすごく強いらしく、器師の靄子は元より村を出た人間にも超尊大。着ている服といい、勘違いした田舎貴族丸出しです。でもその割に対立する枸雅の人間である匡平に入れ込んでいる不思議。  当然周囲の反発を買うのですが、禍津妃には結界という強みがあった。これに囲まれるた案山子は操作不能になってしまう。でも...

神様ドォルズ 第十話「美姫、繚乱」 感想

まさか……暴走!? 詩緒と桐生の仲直りの場に、まひるが禍津妃(マガツヒ)を操り乱入してきた。 匡平と会うために村から出てきたまひるは、匡平以外を敵視し傍若無人に振舞う。まひるとの関係を勾司朗か...

神様ドォルズ 第10話 感想

 神様ドォルズ  第10話 『美姫、繚乱』 感想  次のページへ

神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」 感想

本当に皆さんやりたい放題です 和解の現場に乱入してきたまひるを匡平達と勾司朗は共同戦線を張り退ける。 後日改めて勾司朗に呼び出された匡平はまひるとの関係を問い質されることに。 匡平の口から語られる過去のとある案山子を巡っての事件。 子供の時の匡平、凄く主人公らしかったです。

神様ドォルズ テレビ東京(9/06)#10

第10話 美姫、繚乱 会いたかったわ、匡平様。日向と枸雅の隔たり、越えられないと

神様ドォルズ #10「美姫、繚乱」感想

ここにきてまたも個性が濃い新キャラまひるかなり高飛車な女のようで容赦ない危ないなぁ、しかし匡平にはラブラブみたいで力を持つと血の気が多くなるのかな隻のみんな喧嘩っ早くて場所を選ばないのな村出身の国会議員彼の手引きで阿幾を逃してあげたようでかなりの大物かと思いきやまひるが出てきてからは小物臭が半端ねぇ・・・匡平からの回想シーン隻の三人は子供でかわいいなぁ、仲良さそうでいいんですけどとある坑道の中にある謎の案山子?を見つけてさぁ大変。匡平は心が強いな、そこで記憶にない部分で一体何が行われたのか匡平は隻を辞め、...

神様ドォルズ 10話「美姫、繚乱」

まひるが匡平に執着する理由―。 神様ドォルズ 第1巻 [Blu-ray](2011/09/21)岡本信彦、福圓美里 他商品詳細を見る

神様ドォルズ ♯10

口を出す資格ないでしょう?     ___ 隷属すべき平民の分際で。

神様ドォルズ 10話

寝た子を起こすな。好奇心が猫を殺す。 というわけで、 「神様ドォルズ」10話 untouchable goddessの巻。 まひる様、鮮烈! 禍々しいまでに、ピュアだな。 思い込んだら一直線。そのまっすぐさが...

神様ドォルズ 第10話 美姫、繚乱

禍津妃の隻・まひる登場。 匡平を慕っているまひるですが、かなり喧嘩っ早く、やはり問題ありな人間ですね。 美人で一途というのは美点なのですが、匡平以外はどうでも良いという ...

神様ドォルズ 第10話 おおぅ!アースドラゴンみたいでカッコイイぞコイツ!?

■第10話 美姫、繚乱 花澤さん演じるメンヘラヒロインがアップを始めました。 それにしてもこのアニメ、子供の頃に力と権力を持つとろくな大人に成長しない事を視聴者に訴えかけたいのか、阿幾に始まり...

神様ドォルズ 第10話 感想「美姫、繚乱」

神様ドォルズですが、真昼にまひる登場で匡平になれなれしく腕を組み、日々乃と詩緒は穏やかではいられません。阿幾と久羽子は因襲ドロドロ村出身の代議士と会いますが、ロボット有効利用を考えています。再生可能エネルギーにでもするのかもしれません。 まひる様は政治家ともつながっていますが、「のぞくんじゃねえよ!」キックなど、誰彼構わず喧嘩うって暴れ回ります。(以下に続きます)

神様ドォルズ 第10話 「美姫、繚乱」

Sなお嬢様がお漏らし!「神様ドォルズ」第10話。 テレビ東京アニテレサイトはこちら。 匡平の腕を極めると思いきや抱き付いて「会いたかったわ、匡平様」と好意的な 態度を取る「日向まひる」。対抗す...

[アニメ]神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」

どうなるんだろう、これ? 伏線が徐々に解消されて面白すぎてたまらないのだけれど、解消されると同時に張られる伏線。これは最後にどんでん返しとか来てもおかしくない。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]