忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

境界線上のホライゾン 第10話「スタートラインのラッパ吹き」

ホライゾン奪還作戦が開始されたがトーリは相変わらずの道化者で、主人公たる魅力は何も感じさせてくれない。敵艦載ロボに対してのマルゴット&マルガのウィッチペアの空中戦がメインの「境界線上のホライゾン」第10話。

genesis-horizon1001genesis-horizon1002genesis-horizon1003genesis-horizon1004genesis-horizon1005
genesis-horizon1006genesis-horizon1007genesis-horizon1008genesis-horizon1009genesis-horizon1010

空中艦隊だから海上戦ではなく、空中戦と地上歩兵部隊の二局面での戦いだ。
地上戦は武蔵側は1個小隊での単純突撃で、率先垂範と書けばカッコイイがトーリの適当な独断先行で結局は隊列を分断され包囲される。何の策もなさそうなところを同人作家兼軍師のトゥーサンや他のメンバーが必死にサポートしているようにしか見えない。
この無手勝流が戦法という価値はなく、やはりトーリの軽薄な表皮を抉った話数の後でなくては彼に何も共感できない。

genesis-horizon1011genesis-horizon1012genesis-horizon1013genesis-horizon1014genesis-horizon1015
genesis-horizon1016genesis-horizon1017genesis-horizon1018genesis-horizon1019genesis-horizon1020

この作品は個性豊かな能力者同士のバトルが本来の持ち味なのではないかと思うのだが、単純に敵方にロボを出してきたのはサンライズのせいなのか?アイマスをロボット戦に仕上げるサンライズのことだから、この作品でもメカを描きたくて仕方ないのかも知れない。
武蔵の同性愛ウィチペアに対して、聖連側はヘンタイ紳士を向かわせるべきだと思うのだが、そんなタマは持ち合わせていなさそうなことが残念だ。
あのストパニの構成・脚本の浦畑さんには百合百合な展開を期待したのだけれど、最後のキスが精一杯だった。

1組ごとに相対する戦法がこの世界の流儀なのか、他の戦力を持ちながらも空中戦は乱戦とはならずに、聖連ロボを撃墜した後に武蔵は次の駒を繰り出すというお行儀の良い手順で戦闘は進む。
1クールはホライゾン奪還成功で幕引きとなりそうだ。

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 3 (初回限定版) [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]