忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」

作画レベルについては語るべき言葉が見つからない。後で少しだけ述べる。
アバンからAパートにかけて、お互いの気持ちを確かめ合ったフィーナと達哉のイチャイチャ。
プレ新婚生活のような二人に麻衣の妄想シーン(ゲームオリジナルでは、こんな妄想娘ではない)も良いのだが、ミアの出番がないなあ。
ずっとそばでフィーナを見つづけてきたミアにとっての感慨を描いても良いと思うが、モブキャラ同然に出番がない。
声優の演技も悪くないが、作画の悪さに引きずられて同情すべき点が多い。

何度でも書くが、アニメオリジナルキャラに語らせる尺はあるのに、サブヒロインを使ってメインを引き立てさせる考えは無いようだ。
PS2版オリジナルのエステルを先行投入するアイディアも無かったのか?
もっともオーガストにとっては、アニメに出さない方が未知の新キャラエステルが汚されず、良かったかもしれない。

監督の目指すライバル・嫌なキャラとしてユルゲンが本格的に登場。国王にフィーナと達哉の事を報告に戻ったカレンを手先に拘束させるとは手際が良い。
それに比べて公園でのフィーナと達哉の描写はキャラソンなんか入れてのんびり。間を持て余して長く感じる。
無理に動画にしなくても、止め絵をしっかり描いてパンとエフェクトで逃げた方が確実だと思う。ZEXCS・feel.は比較的この手法を多用するが、ゲーム原作だと違和感は無い。

Bパートはリース/フィアッカがフィーナと達哉の関係に本格介入する様を中心に描くが、フィーナの介入理由や心情変化の描写があまりにも説明的過ぎて、幼時向けアニメを見ている気分。
前回までに監視と言う目的で顔出しだけは頻繁だったが、フィーナの存在の背景に何も伏線が張られていなかったので、一気に説明せざるを得ない始末になった。
リースとフィーナの観念論だけで言い争わせても退屈だし、フィーナとフィアッカの葛藤も描き足りない。第一フィアッカって、まほろさんの輝ける闇もどきを使ったりするような超能力者まがいではなかったと思う。

このパートでも階段で転び下に倒れたフィーナと達哉が、次のカットでは階段の上部に立っていたりと擁護の余地が無い。フィアッカに変身した衣装は、フェイトの戦闘服を出来が悪くしたようなデザインだが、こんなだったかなあ?
シナリオ的にはこれらの障害に打ち勝ってメデタシメデタシで締めたいのだろうが、リースはともかくユルゲンまで改心して良い人になったら気持ち悪い。

以下余談
PCゲームのアニメ化は当たり外れが大きいと良く言う。
表現方法が違うのだから当然で、シナリオと静止画で勝負する(音楽もキャラヴォイスがなくても)
ゲームをアニメ化する際に「アニメでしか出来ない手法」を使おうと張り切る監督は失敗すると思う。
乏しい予算の中でキャラを動かすのは動画や音響ではなく、やはりシナリオだと思う。
原作シナリオに無い「行間」を含んで、動画向きに微調整し補足もする脚本と、その脚本が未だ語っていない「行間」を読み取り描く絵コンテの息が合わないと、静止画にも劣るアニメ作品になりかねない。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 09話 「お姫様に迫る影」

夜明け前より瑠璃色な 麻衣編何だかもう色々と凄いことに。前回で必死にカレンを説得してフィーナとの婚約話の駒を進められたかと思いきや、今回ではそれに反対する勢力全てが寄って集って2人の仲を否定。これはどう考えても可哀相という以外の感情が思い浮かばないなぁ。..

夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」

博士「いつも通りの酷い出来じゃ」 助手「治療不可ですね・・・」

(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話 「お姫様に迫る影」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1カレンにも認められ、互いに将来を見据えた上での付き合いを始めたフィーナと達哉。しかし、そんな二人の前に現われたリースリット。彼女は、二人の関係を裂くべくいよいよ動き出したのです・・・。

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第9話 「お姫様に迫る影」

もうラブラブ。

夜明け前より瑠璃色な【第9話】

今週はフィアッカの応援に力が入りました、もうそれはワールドカップの比ではないです。しかし、止めの一撃を止めて「貴様達に猶予を与える。」だなんて・・・酷いです。

アニメ「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」第9話 感想。

第9話「お姫様に迫る影」第9話。話は段々とシリアスに近づいています。朝食の準備をする達哉とフィーナ。それを遠巻きに眺める朝霧家の方々とミア。ミアの続き、と言う言葉に妄想を膨らませる麻衣。赤くなった麻衣は可愛かったですねー。しかしあのエプロンは何とかならんの

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第9話

「お姫様に迫る影」真剣に時間の無駄な気がしてきた!!カレンを味方につけ、更にラブラブバカップルとなった達哉とフィーナでしたが、月に戻って国王に二人の仲を認めてもらうよう説得しようとしたカレンは、説得に失

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 。。。。 第9話 お姫様に迫る影? 。。。。 戦争を防ごうとする思念体があるなら、相手を攻め滅ぼしてしまおうという思念体が いてもいい気がするが・・・・

とても マトモに選べる画像が ないので せめて 見れる絵ということで フィアッカストーリーは 大団円?に向けて進むための 月と地球の運命を背負った愛の戦い編へ突入。。。。 と言ったところですが・・・・ 悲しきかな この作画。達哉とフィーナの決意は 立派なんです...

『夜明け前より瑠璃色な』 第9話 観ました

とうとう…恐れていた日が…来てしまった…ギャグ分の少ない日が…ギャグの少ない『あけるり』なんて『あけるり』では在りません。ちなみに…『あけるり』と、『けよりな』は一見同じ作品を省略したように見えますが…内容は全然別物と言うのがファン達の公式見解らしいです

いっそ紙芝居にしてみては?

「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」の第9話を見ました。<感想>フィアッカの正体は宇宙外的生命体・・・とまではいきませんが、月と地球による戦争の苦しみが生み出した思念体。やけにファンタジーになりましたね。それならエネルギー波も木の葉乱舞も使えて当....

夜明け前より瑠璃色な 第9話 お姫様に迫る影

フィアッカ (リースリット・ノエル)私の名は、フィアッカ。リースリット・ノエル (フィアッカ)ごめんなさい…。もう、LOVELOVEぢ

夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」

夜明け前より瑠璃色な 第9話お姫様に迫る影 超設定きたわぁ!オリジナル色の強い流れになってきましたよ。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話

リースのなかに存在するフィアッカが達哉とフィーナに対して襲いかかるお話。今までリースは監視していただけでしたが、ついにフィアッカが本気で動きました。リース&フィアッカ大好きな私としては、これだけ動いて喋ってくれるだけで大満足です(笑)。達哉とフィ....

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話 「お姫様に迫る影」

第9話  「お姫様に迫る影」 かつて戦いがあった――。月と地球双方に忘れられない傷を残した…初デートのフィーナと達哉の前に突然現れたリースリットは、二人の関係を裂きにくる。月と地球が近づくことが新たな戦いの

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話「お姫様に迫る影」感想

もうなんなんだろうね。新キャラの意味ほとんどないじゃん。画像上げる気も失せたので今回は文章だけでご勘弁を。粗筋としては、達哉とフィーナの関係を認めさせるべく、月へと向かうカレン。国王に接見して、説得す

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話「お姫様に迫る影」

うわぁ、いきなりバカップルになってますフィーナと達哉。ペアルックのハートエプロンとは流石。何が流石なのかは知りませんが。恋する乙女は綺麗になるとは言ったもの!ただでさえ可愛いフィーナは恋をしてま

夜明け前より瑠璃色な −Crecent Love − 「お姫様に迫る影」

ラブラブな達哉とフィーナ。しかし、周りに危機が迫りつつあった。ユルゲンが、カレンを拘束。遂に始まりましたね。

夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」

DVD版の方は、作画をやり直すそうですが、話も変更しないと売れないと思いますよ、バンダンビジュアルさん!

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話「お姫様に迫る影」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第9話「お姫様に迫る影」フィアッカの登場

夜明け前より瑠璃色な 第9話「お姫様に迫る影」

 前回の告白により完全にラブラブモードに入ってしまったフィーナと達哉。

夜明け前より瑠璃色な第9話の感想−それでも視聴者を信じて進むしかないんだ!

今回の作画は、前回より改善されてましたね。演出がアランスミシー氏だったり、バンダイビジュアルの謝罪があったりなど、いろいろあって、中の人は大変なようですね。ちなみに、公式HPのスタッフ一覧の総作画監督の欄が空欄なのは、前からなのでしょうか。今回の原画の人

夜明け前より瑠璃色な #09

夜明け前より瑠璃色な第9話。作画が一向に安定しないアニメw

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

こんにちは

  • by isamu
  • URL
  • 2006/12/01(Fri)12:45
  • Edit
初めまして。
このたびTBを送らせてもらったのですが、思い切り送る記事を間違えてしまいました。削除してあげてください……すいません。
よあけなの作画レベルについては、私も語るべき言葉が見つかりません。
シナリオも面白いとはいい難いですし、厳しいですね。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/01(Fri)13:32
  • Edit
isamu様、コメントとトラックバックありがとうございます。いつもこちらから送りっぱなしで恐縮です。

>厳しいですね

ですね・・・
意地で最後まで見届けます。

川澄綾子ファンなのでストレイン見たいのですが、今期はもう余裕がありません orz

舐めてるのかなぁ

  • by jiro
  • URL
  • 2006/12/01(Fri)23:56
  • Edit
wataru様どうもです!

いつもより長めの文章が
ほぼグチで埋め尽くされる当たり、本当に絶望だということを殊更実感します。

前回看取ろうと決心した矢先にこれはないです。視聴者や原作者を舐めすぎ。

私からもトラックバックさせていただきます。

Re:舐めてるのかなぁ

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/02(Sat)05:58
  • Edit
jiro様、こんにちは。

いつもより長いですか。
まだ批評する元気が残っている、ということで。
DVDは第3話のリテイクだけで済まないと思いますね。
これじゃ売れないでしょう。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]