忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

妖狐×僕SS 第5話「春の蜻蛉」

これまでに現れたことのない理解者の登場に揺れる凜々蝶の気持ちなど知ったことかとばかり、騒がしい新キャラの登場。この前に登場した渡狸も虚勢張りまくりの鬱陶しさがあったのだが、まだ可愛げがあった。今回はSとMで正解の全てを区別する、青鬼院蜻蛉の登場。しかも双熾の元主で、凜々蝶の婚約者を自称し、今はカルタの主。

拍手


inuboku0501inuboku0502inuboku0503inuboku0504inuboku0505
inuboku0506inuboku0507inuboku0508inuboku0509inuboku0510

放浪癖があるのか、妖館の住人なのにほとんど寄り付かないようだ。中の人が杉田智和なので鬱陶しさも倍加するのだが、意外と暴走はしていない。
凜々蝶を狙うストーカーまがいの行動は、彼特有のシャレのつもりらしい。
凜々蝶から見れば幼い頃の単なる文通相手で、婚約なども親同士が勝手にしたこと。だが双熾の主であったことから、双熾は主の婚約者が凜々蝶であった事を知っていたという事自体が、彼女のこれからの想いの妨げになりそうだという新事実を示している。

inuboku0511inuboku0512inuboku0513inuboku0514inuboku0515
inuboku0516inuboku0517inuboku0518inuboku0519inuboku0520

双熾への想い、それは忠誠を尽くしてくれることへの感謝の想いとは別に、新しく芽生えてきた感情に悶々とする凜々蝶の戸惑いの表情。それ以上に感情を表してくれる足の動きなどを楽しむことにしばらく困ることはなさそうだ。
話が進みそうで進まないのは、登場人物の機微を大切にする少女漫画風の作風によるところもあるのだろうが、キャラクターの作り込みを丁寧にしていると評価したい。

制作はスタジオコメットのグロス。エンディングのコンテ・演出・作監・作画は板垣伸。歌がひどすぎるので何だが、OP/ED職人らしさはよく出ている。

妖狐×僕SS 1【完全生産限定版】 [Blu-ray] 妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)ニルヴァーナ(アニメ盤)
 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]