忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ギルティクラウン 第17話「革命 exodus」

誰が王であろうとも、終わった国の終わった集団の成れの果てに君臨したところで何が残るのか、大いに怪しくなってきた「ギルティクラウン」の第17話。
出てくるキャラどれもがクズに成り下がったようで、このザマを見ずに早めに逝ったハレは幸せだったのかもしれない。

guilty-crown1701guilty-crown1702guilty-crown1703guilty-crown1704guilty-crown1705
guilty-crown1706guilty-crown1707guilty-crown1708guilty-crown1709guilty-crown1710

ヴォイドのヴォイドによるヴォイドのための王国など砂上の楼閣。
ひょっとすると集自身は信じてはいないで、すがるよすがが欲しかっただけなのかもしれない。親衛隊連中はアンティボディズとユウの情報工作によって役目を演じていただけだし、ランク分けされた生徒たちは怯えていただけ。
案外と八尋あたりはマジでこの恐怖政治が成功すると思っていたのかもしれない。だが彼もすがるのは集の力だけだったのだろうか。

guilty-crown1711guilty-crown1712guilty-crown1713guilty-crown1714guilty-crown1715
guilty-crown1716guilty-crown1717guilty-crown1718guilty-crown1719guilty-crown1720

学園に逃げ込んだは良いが立場的に微妙なのは、元葬儀社の綾瀬やつぐみ。
集の独裁には付かず離れずといったところだったのだが、涯の再登場で旗幟を鮮明にすることだろう。集につくことはない気がするが、いのりはどうする(どうなる)のか。
どうなったところで、国連からは日本国の消滅ミッションが発動された危機の前には大差なさそうだ。
またマッチポンプシナリオで、涯が死亡もしくは集をかばって消滅。最後は集が真の王になるラストが用意されている不吉な予感も。

肉体を投げ出してまで外部との通信を隠し通し、会長の座から彼女を追い落とした集に復讐したつもりの亞里沙。財閥のお嬢様救出ミッションによる騒乱など、革命でもクーデターでもない。涯の登場で塀の外への脱出に成功したようにみえる亞里沙だが、その先にある日本消滅の危機は同じだし、どうで政略結婚で外国に売られるのだから、彼女の逃げ場はない。そんな素振りも見せずに勝ち誇る彼女もまたクズの仲間ではある。

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray]The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]