忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ペルソナ4 第22話「It's just like Heaven」

菜々子を異空間へと連れ去ったのは運送屋の生田目だが、真犯人というにはいかにも小者くさく、終わったと思った事件は何も解決していない。
高校生の久保も連続事件の犯人と疑われて、結局は真犯人ではなかった一件と同じような脱力感はあるのだが、菜々子の容態の急変という危機感に満ちた引きのおかげで締まった話数だった。
登場人物たちと同じ当惑と不安を視聴者にも味わわせてくれている。

p4a2201p4a2202p4a2203p4a2204p4a2205
p4a2206p4a2207p4a2208p4a2209p4a2210

菜々子の異空間は、死んでしまった母への思いの強さによるものか、天国のような場所。
以外に手強い生田目のペルソナに手こずる鳴上。しかも今回はペルソナを操られて同士討ちをしてしまっている。
ペルソナバトルは派手だったが、これまでの異空間構成と違って違和感がある。
菜々子の異空間と言いながらも、敵となったシャドウは生田目のもの。菜々子が自分のシャドウに向き合い昇華する場面がない。それともあの手強い奴が菜々子ものなのに勘違いをしてしまったのか?

p4a2211p4a2212p4a2213p4a2214p4a2215
p4a2216p4a2217p4a2218p4a2219p4a2220

発熱気味だった菜々子の伏線があったが、異空間での活動のせいか、それとも霧に何か秘密があるのか、菜々子の状態はすぐれず入院に。
シャドウと向き合わず、ペルソナも得ないまま異空間から戻った場合、何か弊害があるのだろうか?
事件の真相は霧に包まれたまま、最終盤までその謎に付き合わされることになる。

p4a2221p4a2222p4a2223p4a2224p4a2225

今回は植田洋一コンテ、小林孝志演出。脚本は熊谷純。作監はアミサキリョウコと廣瀬智仁。
制作はラルケのグロス回。スタジオ雲雀の別スタジオ名ということでいいのだろうか。
それにしてもこのシリーズ、ほとんどがグロス制作で、AIC ASTA回が何回もなかった気がする。

ペルソナ4 6【完全生産限定版】 [Blu-ray]ペルソナマガジン#05 2012年 04月号 [雑誌]ペルソナ4 ザ・ゴールデン

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]