忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

戦姫絶唱シンフォギア 第13話「流れ星、堕ちて燃えて尽きて、そして」(最終話)

プロットは王道要素満載だが、狙い過ぎなのか演出のせいなのか邪道な仕上がりを見せた「戦姫絶唱シンフォギア」も最終話。
ラスボスをフィーネに仕立てたが、最後は壊れた月の欠片から地球の危機を救うために戦姫たちが力を合わせ散ったはずだったが、やっぱり生きていました。

symphogear1301symphogear1302symphogear1303symphogear1304symphogear1305
symphogear1306symphogear1307symphogear1308symphogear1309symphogear1310

未来のモノローグによるシリーズ導入と結末だったが、いっそのこと全編を未来視点の語りで進めても良かったかもしれない。フィーネやノイズ、各国の動きなどの謎に包まれた部分を未来と一緒に視聴者はうかがい知れない状況で進めても面白かったのだが、そうすると構成上ハードルが上がってしまうか?

symphogear1311symphogear1312symphogear1313symphogear1314symphogear1315
symphogear1316symphogear1317symphogear1318symphogear1319symphogear1320

3戦姫たちの目指すところはバラバラだったが、最終話に近付くに連れてまとまってきた感じはある。でもその変化を細かく描ききれていないのは1クールに詰め込んでしまったからかも…
翼もツヴァイウィングの生き残った片割れのまま、響との関係もイマイチぱっとしないまま。最後くらいは3人での合体技でも見せてくれると思ったが、技自体は個別の持ち技の進化形に過ぎなかった。

symphogear1321symphogear1322symphogear1323symphogear1324symphogear1325
symphogear1326symphogear1327symphogear1328symphogear1329symphogear1330

3人一緒なら絶唱しても生き返るのは不可思議で、じゃあ奏はなんだったのかと。
第2期はフィーネが蘇るのか、それともノイズを利用する新たな敵の出現となるのか、何でも作れそうなまとめ方だった。
でも、上松さんには厨二趣味は一区切りしてもらって、音楽生活に没頭して欲しい気がする。

戦姫絶唱シンフォギア 2 (初回限定版) [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]