忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド 第7話「うん、先生が最強だよ!」

理科準備室の妖精さんは担任の先生で、しかも魔装少女であり大先生の先生という正体が明かされる「これはゾンビですか? オブ・ザ・デッドの第7話。
何やら過去の事件で魔力を奪われて追放されていたようで、この学園に潜り込んでいたのも魔力が集まるところとして復活を目論んでいたようだ。学園祭をバックにシリーズ後半のシリアスモードにスイッチする転換点だ。

korezon2_0701korezon2_0702korezon2_0703korezon2_0704korezon2_0705
korezon2_0706korezon2_0707korezon2_0708korezon2_0709korezon2_0710

魔力をユーから吸引して魔装少女が復活したハルナだが魔力をコントロール出来ないのか喋ると頭痛に悩まされ、今度は溢れ出る魔力が緩和されたのか喋れるようになったユーと立場が入れ替わったボーナスステージみたいなAパート。
ユーの中の人が妄想以外で喋ったセリフ量は今回が随一だろう。
ハルナの魔力吸引器、通りすがりのオジサンから歩がもらいトモノリに渡した魔力コントロールの指輪など、アイテムが揃い始めたところで満を持して妖精さんことクリスが復活した。

korezon2_0711korezon2_0712korezon2_0713korezon2_0714korezon2_0715
korezon2_0716korezon2_0717korezon2_0718korezon2_0719korezon2_0720

前半は立場を入れ替えたハルナとユーのギャップに新鮮さを感じ、後半はクリスの正体に不安を覚えつつも外見に萌える展開。
オッサンの姿に変えられていたクリスは不遇をかこっていた自分と、封印された原因に対して相当の恨みを持っているようだ。今回は一時撤退したものの、当然次回から本領を発揮することだろう。外見に騙されながらも、それ自体をクリスから指摘される主人公たちと視聴者は同類なのだが、そんなメタなシナリオを甘受しながら見続けるのも悪くはない。

korezon2_0721korezon2_0722korezon2_0723korezon2_0724korezon2_0725
korezon2_0726korezon2_0727korezon2_0728korezon2_0729korezon2_0730

大先生がクリスの復活を感知したようだし、大先生が監禁している京子が何やら取引を持ちかけたような引きなので、次回は京子復活か?
大先生はクリスと因縁がありそうで、また京子はこの機会を利用して歩たちに復讐戦を仕掛けるのではないだろうか。

これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド 第2巻 [Blu-ray]これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド 第3巻 [Blu-ray]これはゾンビですか?10 DVD付限定版  はい、ラブリーでチャーミングだけどあたしは (単行本1(5000円未満))

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]