忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Fate/Zero 第21話「双輪の騎士」

切嗣のことを外道だと言っていたら、さらに上手を行くのが言峰綺礼と綺礼に寝返ったアーチャーコンビ。雁夜の迷走を眺めて喜ぶ間桐臓硯といい、聖杯への望み以前にそれを求める者たちの苦闘をあざ笑う下衆たちの姿が目に焼き付いた「Fate/Zero」の第21話。

fate-zero2101fate-zero2102fate-zero2103fate-zero2104fate-zero2105
fate-zero2106fate-zero2107fate-zero2108fate-zero2109fate-zero2110

雁夜を炊きつけ、変身能力によってライダーに姿を変えたバーサーカーにアイリを襲わせた綺礼。事件現場の痕跡から切嗣はライダーの仕業にしては不審な点を感じているようだが、追ったセーバーと偶然居合わせたライダーが潰し合ってくれれば儲けものだっただろう、綺礼にとっては。
アイリがいないのを確認したセイバーもインビジブル・エアの一閃だけで引き上げている。
王道を歩むライダーと騎士道バカのセイバーがどのように雌雄を決するのか、謀略・外道の戦いが連続する先の楽しみとしておきたい。

fate-zero2111fate-zero2112fate-zero2113fate-zero2114fate-zero2115
fate-zero2116fate-zero2117fate-zero2118fate-zero2119fate-zero2120

まんまと綺礼に教会へと誘い出され、時臣の死体を発見する雁夜。綺礼は同時に葵も誘い出していたのだろう、雁夜が時臣に手を掛けたと思い込んだ。
つくづく雁夜は不幸な人生だが、葵に好意を寄せてしまった時から彼の運命は転落へと歩み始めたのではないだろうか。綺麗で優しい人だが、魔術師の血統を保つために時臣に嫁いでからは無個性なまま時臣に従属していたようにしか見えないのだ。
そんな葵を思い続けてしまい、養子に出され蟲に犯され続ける桜を悲しんでしまったがために彼の人生もまた彼女たちに隷属してしまったかのようだ。そんな弱みを綺礼に突かれ、臓硯からはピエロのように見られているのだ。

雁夜の思いを果たし同時に断ち切るべく、葵の体を貪らせてから絞めてくれたら良かったと思う。そんなことを書くと外道だと罵られそうだが、哀れな雁夜に最後の夢を見せてあげてもいいではないか。死亡フラグの連続で、もう彼のHPは残っていないのだから。
虚淵脚本のことだから、まだ雁夜と彼に関わる者たちを一段と不幸に陥れて幕を引く可能性は捨て切れない。

Fate/Zero コミックアラカルト 決戦編 (カドカワコミックス・エース)Fate/complete material IV Extra material. STANDARD EDITION (TECHGIAN STYLE)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]