忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

Fate/Zero 第24話「最後の令呪」

最終話直前というのに、どうにも救いようがない未来しか見えない「Fate/Zero」の第24話。
切嗣の願う世界の平和などというものは、多数の選択を重ねた収斂の先には孤独しかもたらさないという皮肉を聖杯が叶える望みに映して見せてくれた。
この救いのなさこそが世界の真実の一面でもあろうし、それでも願い続けて止まない人間たちに希望の光を僅かばかり感じることが出来る。アニメではやや無常観が強いだろうか?

拍手


fate-zero2401fate-zero2402fate-zero2403fate-zero2404fate-zero2405
fate-zero2406fate-zero2407fate-zero2408fate-zero2409fate-zero2410

救いが最もなさそうなのは雁夜。ヴァーサーカーの強大な魔力に自らの肉体も滅してしまった。彼の望んだ聖杯への願いは描かれてきたのだが、彼が最後に見たであろう絶望と希望は最終話でフォローして欲しいところだがどうだろうか?
同時にヴァーサーカーことランスロットとセイバーの遺恨も掘り下げることなく終わってしまったが、尺の関係で仕方ないところか。
それにしてもこの第四次聖杯戦争でも次の第五次聖杯戦争でも、仲間や臣下の忠誠を信じてきたセイバーの絶望で幕を引きそうなのだが、聖杯を自らの手で破壊せざるを得なかった今回の痛恨の結末が次の召喚につながったであろうことは想像できる。

fate-zero2411fate-zero2412fate-zero2413fate-zero2414fate-zero2415
fate-zero2416fate-zero2417fate-zero2418fate-zero2419fate-zero2420

切嗣が聖杯に託した願いの結末は綺礼も見たはずだが、激闘の末に切嗣に撃たれて倒れた。
次回の聖杯戦争でも登場するので生きながらえたということになるが、綺礼もまた聖杯の呪いに囚われ、生き続けるしかなかったということなのかもしれない。
そして聖杯が見せた切嗣の願いの結末はアイリの呪いとして、この聖杯戦争の結末と第五次聖杯戦争へとつながる。
駆け足気味の第24話だが、ここまでのまとめと最終話への整理としてコンパクトにまとまっていたと思う。
セイバーが打ち壊すはずの聖杯が彼らに何をもたらすのか、最終話に期待したい。

Fate/Zero (3) フィギュア付き限定版 (グッズ付書籍)Fate/Zero 300ピース 小憩の騎士王 300-592
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]