忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

さんかれあ 第11話「特別…なんかじゃ…ない」

娘に対する本音を千紘に図星を言い当てられ、激昂のあまり刺してしまうというファンキーな親父だが、何くわぬ顔で海外に高飛びする堂々とした様は流石というべきか。
千紘vs.親父の構図も結構いい加減なところがあって、最終話に持って来なかったのは正解かもしれないと思う「さんかれあ」の第11話。

sankarea1101sankarea1102sankarea1103sankarea1104sankarea1105
sankarea1106sankarea1107sankarea1108sankarea1109sankarea1110

実は親父、全然反省していないんじゃないかと見えるフシもある。
千紘に譲歩したように見えるのも、当面の共通の利害を共有した上で、いずれは娘を我が手に取り返すつもりに違いあるまい。礼弥が亡き妻の面影を残す限りは、礼弥に受精する唯一許された遺伝子、それは親父自身の精子にほかならないとの考えは変わっているように見えない。
一時的な停戦の中で親父は娘を人間に戻す方法を模索する旅に出たのだろう。「人間に戻った礼弥」に受精する目的を叶えるために。

sankarea1111sankarea1112sankarea1113sankarea1114sankarea1115
sankarea1116sankarea1117sankarea1118sankarea1119sankarea1120

刺された千紘の方が無事だったのは半ゾンビ化していたためか?
千紘がゾンビになって礼弥が人間に戻る、そして礼弥は親父者とへ戻るという悲劇的な結末を期待したのだが、そうでもなさそうだ。
ただ、礼弥に傷口ペロペロされると半ゾンビ化するという便利なネタの伏線として今後も使えそうだ。

何だかんだと書いてはみたが、この話の見どころの半分は礼弥のコスプレシーンでできている。ゾンビの怪力を持ってすれば早々に脱出できそうなものだが、さすがはお嬢様、メイドたちの強制コスに律儀に付き合っているし、バニーやナースのコスはまんざらでもない様子。これがお嬢様が望んでも叶えられなかった「普通」のことだと誤解したまま、今後の降谷家での日常の中に持ち込まれたら、日常パートにカオスさが増して面白くなるかもしれない。

sankarea1121sankarea1122sankarea1123sankarea1124sankarea1125
sankarea1126sankarea1127sankarea1128sankarea1129sankarea1130

先は長くないかもしれないけれども「普通の女子高生」としての未来を望む礼弥に対し、かつての絆を拠り所に過去からの延長を望む蘭子が再び立ち上がった。
もう負け戦は避けられないというのに、それでも再チャレンジする蘭子というチャレンジャーもまだまだ描き様がありそうだ。
次回の最終話はまとめというよりも、次への展望のある締めくくりを期待したいところだ。

さんかれあ 2 [Blu-ray]TVアニメ さんかれあ オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]