忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

謎の彼女X 第13話「謎の彼女と彼氏」(最終話)

シリーズ開始当初はヒロインとの涎交換というハードルの高さに引き気味だったのだが、二人の関係の進展にニヤニヤしてみたり、最後はホロリとしてみたりと想定外の佳作だった「謎の彼女X」。
最後は登場キャラ総登場での大団円で締めくくる作品が多い中、名脇役の丘やライバルの早川の存在すら感じさせることなく、卜部と椿くんの未来を予感させて収束したのは思い切りが良い。

nazokano_x1301nazokano_x1302nazokano_x1303nazokano_x1304nazokano_x1305
nazokano_x1306nazokano_x1307nazokano_x1308nazokano_x1309nazokano_x1310

アバン、Aパートではまさかのお姉ちゃん当番回でシリーズを終えるのかと思ったが、そこから巧みに椿くんの家庭や彼がこれまで自覚していなかった母親への感情を描き起こし、これから二人の「もっと不謹慎」な未来の物語を予感させる第一幕の終わりだった。
では第二幕のアニメ化があるかと問われると、少し難しいかなと思う。
謎なのは卜部であって、あくまで普通の男の子である椿くんの不謹慎な願望を描いてもキャラの年齢的に限界があるだろう。
かといって、卜部に「おあずけ」状態に調教された抑圧Mの椿くんの姿を見続けるのも忍びない。
お姉ちゃんが言っていたように、先の関係はどうなるのかわからないけれど、今をきちんと生きていく覚悟が二人の姿から見られたことがハッピーエンドの最たるものだと受け止めたい。

nazokano_x1311nazokano_x1312nazokano_x1313nazokano_x1314nazokano_x1315
nazokano_x1316nazokano_x1317nazokano_x1318nazokano_x1319nazokano_x1320

渡辺歩監督は原作のキモを生かしつつも独自の解釈で提示して見せてくれる手腕が優れているのかな、というのが本作を見終えての感想。金子志津枝総作監も、決して今風の萌え絵ではない植芝理一の原作キャラを可愛らしく(キモカワイイという見方もあるが)表現している。
卜部役の吉谷彩子の棒芝居も、それもひっくるめて「謎の彼女X」なんだと納得できる見事な昇華具合だった。

謎の彼女X 1(期間限定版)(Blu-ray Disc)謎の彼女X 2(期間限定版) [Blu-ray]DVD付き 謎の彼女X(9)限定版

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]