忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第1話「はじまりの物語」

「とある魔術の禁書目録」のイタリア編でも始まったのかと思った「カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」の第1話。元々ジェネオンの製作ラインがワーナーに移動したためか、原作は違えども似通った作品をチョイスするものだと思う。
今回はAMW原作ではないが、こちらも付き合いの多い集英社スーパーダッシュ文庫のラノベが原作。

拍手


campi0101campi0102campi0103campi0104campi0105
campi0106campi0107campi0108campi0109campi0110

制作ラインもバーナムスタジオのプロデュースでディオメディア制作、音響監督も岩浪美和といつもの顔ぶれで固めてきた。それだけに手慣れた作りになると思うのだが、監督には草川啓造、シリーズ構成に花田十輝を迎えて、どのような化学反応を見せるのか期待される。

campi0111campi0112campi0113campi0114campi0115
campi0116campi0117campi0118campi0119campi0120

詳しい理由も背景も触れぬまま、謎の石版を返すためにイタリアを訪れた主人公が、美少女魔術師エリカと出会い、そして神々の争いに介入し神殺しとなるまでを描くシリーズの導入部。
石版は魔導書であり、その本来の持ち主であるはずのルクレチアはそれを受け取らずに主人公・草薙護堂に再び預けた。護堂が神殺しとなるきっかけを作った一人だが、イタリア編だけの出番だろう。護堂を無下に扱っていたエリカは、彼の能力を認めたのか惚れただけなのか知らぬものの、日本までくっついてくることが公式サイトの制服の姿から想像される。

campi0121campi0122campi0123campi0124campi0125
campi0126campi0127campi0128campi0129campi0130

護堂の性格はまだ全てわからないものの、上条当麻から暑苦しさを少し取り除いた後にエッチ成分を追加したといった印象。いきなり神殺しになったにしては、事前の覚悟のようなものを全く感じさせず、順応し過ぎだと思うのだが、これは日本での彼の日常や生い立ちから説明されることになるのだろう。
過度な期待は抑えつつも、しばらく視聴継続したい。

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]カンピオーネ! 神はまつろわず (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)カンピオーネ! 1 (愛蔵版コミックス)

 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]