忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第2話「王様のいる風景」

主人公の草薙護堂がウルスラグナを倒しカンピオーネとなったあとも、第1話では語られない争いがイタリアではあったようだ。そこで日本に戻ってヒロインたちとの新章が始まるかと思わせておいて、第2話Bパートでは再びイタリアが舞台という慌ただしい構成。
なぜウルスラグナを倒せたのかも伏線充分とはいえない中で、コロッセウムで護堂を値踏みするかのようなテストマッチが展開される。おそらく東西諸々の神々の覇権を掛けた争いが背景にあると思うのだが、原作未読者に親切とは思えない「カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」の序盤だ。

拍手


campi0201campi0202campi0203campi0204campi0205
campi0206campi0207campi0208campi0209campi0210

来日し学院に転入までしてきたエリカの真意を疑う護堂だが、妹・静花を巻き込んでプライベートシーンは騒動になるかと思ったが、この妹、毒舌だが深く追求するということはなかった。静花役には日高里菜だが、りりちよ様や赤の王に近い演技か。
巫女の万里谷祐理は国の機関である正史編纂委員会の依頼で動いているが、これも本意では無いのだろう。もう一人のヒロインとして護堂のサポート役となるのだろうか。コロッセウムでの護堂を監視していた銀髪少女もまたヒロイン候補で、やがてはハーレムアニメとなる予感もある。

campi0211campi0212campi0213campi0214campi0215
campi0216campi0217campi0218campi0219campi0220

魔術結社や国家機関が裏で蠢き、アバンでのアテナや消滅したウルスラグナなどの神々、そして他のカンピオーネの存在など、護堂の前に立ちはだかる者たちが数多く登場しそうだ。護堂とヒロインたちの結束が鍵となるのだろうが、敵との争い自体よりもそこに至るまでの諍いや波乱を楽しむべきかもしれない。
エンディング曲は余韻じゃなくて不安を掻き立てられる歌唱で、もうちょっと何とかならなかったものか?

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]BRAVE BLADE!カンピオーネ! 3 はじまりの物語 (カンピオーネ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]