忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

あうーっ、気持ちが重い。
今までは満遍なく伏線を張りながら淡々と進んできたのだが、完全に真琴シナリオに突入してキーパーソン?が色々と登場。
プリクラ見つめる美汐、今回は声がなかったが坂本真綾があてるのだろうか。
猫のぴろ(まだ名は無い)、登校時の名雪にも絡んで、お決まりの猫アレルギーを発症させてしまいました。アレルギーの癖に猫に目が無い糸目の名雪も可愛らしかった。
物見の丘の森で見送るかのような狐の姿。

今回はアバンのあゆモノローグは無し。ぴったりと真琴にフォーカスして構成しようとする制作の意思を感じる。
深夜3時、真琴の祐一襲撃のお約束。さすが夜行性の真琴。昼は眠そうだが夜は生き生き描かれている。そんな真琴は朝食で秋子さんの謎ジャムの被害に。
名雪の「イチゴジャムでご飯3杯はいけるよ〜」
Aパート、香里と北川も久しぶりの出番。
学園内では北川が「忙しそうにしてる」と言う通り、祐一はお決まりのフラグ立て活動に精力的に動く。
商店街で祐一にタックルかけるあゆも、今回は真琴に尺を譲ってさっさと退散。
各シナリオ毎にメインヒロインとサブの立ち位置を明確にして、サブも無視することなくメインを引き立てる構成がしっかりしているので、安定感がある。

Bパートは真琴にフォーカスが戻り、サブタイそのままの展開。
キーワードだけ挙げておく。
祐一「猫と同じレベルで喧嘩してどうするんだ!」
真琴「動物なんて、要らなくなったらポイッでしょ」
祐一「考えてみれば、あいつのこと何も知らない」
真琴「私たち一緒だね、どこへもいけない」

ぴろと真琴の相似形、祐一の欠けた記憶。
ぴろを無造作に捨てる事での復讐。
奇跡の力か、物見の丘には雪が無く草がそよぐ。
ぴろ登場の意味、美汐の正体は?

夕食後「ちょっと出かけてくる」と言う祐一を、全てわかったように見送る秋子さんは最強の母親。
真琴探しにいたずらに尺を使うことなく、定位置の夜の学校で舞が「物見の丘にいるかも、そんな気がしただけ」と教える。
今まで何度も真琴を気にかけた発言をしていたが、魔物を撃つ力の一端と思うと納得しやすい。
物見の丘で眠り込む真琴を回収(w

夜食で食卓を囲むシーンをソフトフォーカスで描写。
真琴の「居場所」を感じさせる柔らかな映像が印象深い。
AIRほどではないが「家族愛」を感じさせる演出は京アニならではか。彼らに「CLANNAD」作らせたらどうなる事だろう。
「祐一への復讐」の記憶だけを持って生まれてきたかのような真琴。
ここが彼女の居場所になるのか束の間の安住に過ぎないのか、さらに真琴シナリオが加速。
まだ今回は入り口に過ぎない。

次回予告の真琴の表情のスライドショー、真琴への愛を感じる・・・
と、同時に追悼シーンにも見える不吉さも。
サブタイ fuga の通り真琴シナリオの旋律が先行し、他のシナリオが互いに共鳴しながら追走してくる事が明確になった。
この進行具合から行くと真琴シナリオも残り2〜3回で終わりそうだが、一気に進める構成なのか?東映版シナリオは真琴のフォローなしが悲しかったから、このシリーズでは優しくしてあげて欲しい。
Kanon Original Soundtrack
Kanon 真琴 名刺ケース
by AffiliSearch

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲(フーガ) ~fuga~」

秊 特に今回は構図に力があり、カット繋ぎのタイミングも虚を突いてきて素晴らしい出来。 例えば、祐一がうぐぅに後ろからタックル喰らってコケた後に、普通なら立ち上がるカットなどで繋ぐ所を、直後既に二人を立たせており、しかもその時に街の雑踏音を繋げh

Kanon第7話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」見ました

Kanon第7話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」見ました。なんか今回女の子とのイベントが細切れが多かった様な気が…。原作やっていないし、東映版も見ていなくて、話が全然分かっておりませんので大事なシーンを大事と知らず見過ごしているかもしれません。ご容赦の程を。栞も

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」真琴の行動に許せないところあり。

Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

真琴―――(TДT)―――!!!あははー あははーおいちゃんは泣きソーダ―!

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲〜Fuga〜」

 フーガ、好きです。大好きなんです。一時期は、これさえあれば他はいらない、というくらいの勢いで、J.S.Bach大先生のフーガばっか聞いてました。かのベートーベンが「小川(bach)ではなく大海」と宣ったというJ.S.Bachの作品で、曲数においても技術的探究度合いにおいて

(アニメ感想) Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

Kanon 2007年 カレンダー忍び寄る黒い影・・・祐一の部屋にまんまと忍び込むことに成功したそれは、静かに祐一のベットへと迫ります。が、その時でした!部屋の明かりがつけられ、「なんのようだ」後ろには、祐一の姿が!!それを見て、あたふたと慌て始める真琴。真夜中...

★Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

【公式】謎ジャムの餌食にぃぃぃ

Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

とうとう、とうとうジャムの最初の被害者が・・・。そしてその彼女が、この物語の一番手にもなってきました。

Kanon 第07話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:坂本一也 作画監督:池田晶子池田晶子さん作監キタコレ、1話以来ですね。演出の坂本一也さんも1話以来ですな、ひょっとしてローテーションは6話回りですか。サブタイのfuga(フーガ)はイタリア語で「逃走」という意味、まー「遁走」曲だh

Kanon 第7話 家出と仔猫の遁走曲

夕方の帰り、祐一と一緒に歩くとき、真琴も素直じゃないんだけど、後ろについて来て、祐一が振り向くと、見つからないように道路標識に隠れる姿が可愛い。ほとんど見えてるし。猫になつかれて、肉まんを取られたときも、自分の分もまだ紙袋に残ってるのに、必死で追いかける

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

やっぱり京アニだけはガチ!!

Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

相変わらず真琴がメインと言っても過言ではない。今更ながらこの調子でとりあえず真琴ルートを片付けるのかと気づく。今回で天野さんフラグも立ちましたしね。次回予告でほぼ確信。毎回自然な流れで栞とのイベントも

Kanon 第7話・「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」を見て

 名雪「ねこ〜ねこ〜」あ、名雪は俺と同じクセがあるようだ…神奈川近郊にお住まいの皆様、ヒゲ面でネコと戯れている不審人物を見かけたらそれは俺です。生暖かい目で見つめてやって下さい。というか仔猫には特有の人間を惹きつける引力があるんですね。 と言うわけで、今

まこぴょんの太腿美味しそう

「Kanon」の第7話を見ました。<感想>初めてあゆあゆのモノローグなし。替わりに出るのはまこぴょん。この2人の対比ホント頻繁に行われますね。まあそれよりもまこぴょんのパジャマ姿が可愛くて、行動も可愛いからいいんだけど。・・・・・ってバカなこと書いて...

Kanon 第7話 家出と仔猫の遁走曲~fuga~

ああ・・・もうこの時点で泣きそうな俺ガイル・・・ 一気に山場を迎えそうな雰囲気ですね。 そして名雪さんはやっぱり最高です(*´д`*)

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

Kanon 第7話家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜 真琴がメインの回です。まだまだ核心ではない感じ。

kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

■真琴のイタズラはどんどん悪質になりますねえ。次は断髪ですか、「あはは」じゃないですよ。考えてみればコンニャクを背中に入れられた仕返しをまだ果たしていなかったんですね。■お母さんの苺ジャムがあればご

『KANON』 第7話 観ました

名雪〜〜〜〜!!グッドジョブ!いい仕事していますね。秋子さん特製イチゴジャムで糸目でご機嫌、朝食シーン。ネコを見た途端、糸目になってフラフラと猫に寄って行きネコアレルギー発症…祐一に部活中に猫が来ても寄るなよと言われて、『自信、ないよ〜』これは良い名雪で

Kanon第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜(フーガ)」  帰ろうぜ、お前は家族なんだからさ――。  記憶のない真琴の帰る場所は…… 真琴と猫のエピソードです。 名雪のねこねこ〜もあります(笑)アバンは

Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

第7話 家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜

Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲」

笑いあり、涙あり、シリアスあり、感動がある。そんな今回ですが、真琴シナリオに突入でシリアス、感動の部分がこれから増えてきそうです。とりあえず佐祐理さん、俺にも弁当作ってください!!

Kanon 第07話

■Kanon■

[アニメ] Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

Kanon第7話。真琴ルート導入編。空気になってきた名雪に光は差すのか?では、感想を。

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲〜Fuga〜」 感想

バイト決定祝いで秋子さんの特製ジャムという罰ゲー、、、ではなく祝福を受けることになった真琴。相変わらずその効果は半端ない。そして、すがる様な目で見られても困るよなw秋子さんが前では祐一たちは見守ることしか

Kanon 第7話 家出と仔猫の遁走曲(フーガ)-fuga-あらすじ&レビュー

■水瀬邸 夜真琴、廊下を忍び足で歩いている真琴、祐一の部屋のドアを開ける[沢渡真琴] あはは(今日の笑い方は佐祐理風)真琴、ベッドに近づく[沢渡真琴] あはは真琴、祐一の布団に手をかけようとする部屋の明かりがつく[沢渡真琴] わ[

Kanon 第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

全力で逃げてーーッッ!!

Kanon 第07話 「家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜」

真琴のイタズラはまだ止まらないのか・・・ハサミ持ってきて何するつもりだったんだろうか紙飛行機作ろうと思ったって無理あるなぁwハサミ使わないとかツッコミ鋭すぎですよwでも精巧な紙飛行機って切り込みとかいれなかった?w使ったのは祐一のノートだっ....

(アニメ感想) Kanon 第7話 「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

Kanon 真琴 名刺ケース冒頭は、真琴の性的イタヅラから始まります∩( ・ω・)∩

【感想】『Kanon』第7話「家出と仔猫の遁走曲 〜fuga〜」

 今回の衝撃シーンの舞台となった、京阪守口市駅前を撮影してきましたので、ご覧下さい。 宜しくお願いします。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

伏線深いなぁ

  • by jiro
  • URL
  • 2006/11/20(Mon)22:18
  • Edit
wataru様どうもです!

>夜行性の真琴
そうか・・・もしかしなくても
これも伏線で、今回のアレが・・・。

>AIRほどではないが「家族愛」を感じさせる演出
あったかい家庭ですよね、水瀬家。
外は雪のせいで寒く感じるのに、
家が映る度に何だかホッと一息。

まるで外から自分の家に帰ってきた
みたいに感じます。

「CLANNAD」というのもやって欲しいです。

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/11/20(Mon)22:41
  • Edit
jiro様は鋭いので、コメントつけづらいんですよ(笑)

私には重くて苦手なのですが、AIR好きならCLANNADは良いかと。Kanonで精一杯です・・・

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]