忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

TARI TARI 第5話「捨てたり 捨てられなかったり」

捨てようとしても捨てられない想い出が今の和奏を形作っていることを徐々に炙りだしてきた「TARI TARI」の第5話。
彼女の唄が母親への後悔に封印されている限りは唄うこともない。でも離れたくはないし乗り越えたいという気持ちが、付かず離れずという「合唱時々バドミントン部」との距離を保っている理由でもあるのだろう。

拍手


taritari0501taritari0502taritari0503taritari0504taritari0505
taritari0506taritari0507taritari0508taritari0509taritari0510

コンドルクインズは亡き母のも関係していたし、当時の恩師は今の校長で今の教頭は同じ合唱部員だった。紗羽の母親の志保はOGだった。
核心に迫る裏側の部分では人間関係の狭さが都合良すぎではある。ただ1クール作品では、このくらいのご近所さん物語くらいの範囲に留めないと収集がつかなくなるし、深掘りも出来ないからこれくらいが丁度いい。

taritari0511taritari0512taritari0513taritari0514taritari0515
taritari0516taritari0517taritari0518taritari0519taritari0520

今回は和奏の過去、特に母親との関係にフォーカスして、ようやくメインヒロインと思われる和奏を描きはじめた。和奏が合唱部員として歌い始めることを決めるまで、それを見守りお節介を焼いていく登場人物たちの群像劇でもある。
このあたりで、新合唱部という基盤を作る原動力となった序盤のメインヒロイン来夏から、過去と現在の合唱部をつなぐ最終ヒロイン和奏に話しのバトンが渡ったくらいの位置だろう。

taritari0521taritari0522taritari0523taritari0524taritari0525
taritari0526taritari0527taritari0528taritari0529taritari0530

バドミントンの試合の応援や和奏の母親が弾く自由奔放なピアノの演奏シーンなどよく動いているけれど、中割りが良くないので残念な出来。
夏の光と影を感じさせる美術とコンポジットやエフェクトは素晴らしいと思う。

TARI TARI 1 (イベント招待応募券封入・初回生産限定仕様 ) [Blu-ray]Dreamer
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]