忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

はぐれ勇者の鬼畜美学 第10話「ボクの居場所」

はぐれ勇者と新参勇者フィルのバトルは前回同様に単調。
ミュウを取り戻しに魔界からやってきたフィル理由や、アレイザードの事情を語りながらの一太刀ごとの打ち合い。技は少しづつ変化しているのだが、結局決め手は暁月の拳が勝った。

kichiku1001kichiku1002kichiku1003kichiku1004kichiku1005
kichiku1006kichiku1007kichiku1008kichiku1009kichiku1010

単身乗り込んできたフィルも相当にしぶとく、隠れた技をまだ持っているのだろう。最後の最後で復活して次回もまだ戦いが続くようだ。
今回は連れ戻しに来たフィルの事情はともあれ、こんな状況の中心に置かれてしまったことを、自分自身を責めてしまうミュウの心情がメインだ。
迷いながら身投げを図ったミュウだが、暁月は簡単にあきらめさせることをしない。その点で暁月はブレないので安心感はある。台詞回しはキザだが。

kichiku1011kichiku1012kichiku1013kichiku1014kichiku1015
kichiku1016kichiku1017kichiku1018kichiku1019kichiku1020

退屈なバトルを補完したのは、毒にやられた暁月をミュウが介抱するパート。
体温低下>全裸で暖めあうという、魔王の娘にも遭難パターンが刷り込まれているようで、ためらいながらも全裸になるミュウだが、制作上の都合でパンツは穿いたままだ。
要は介抱の名を借りて、暁月とミュウに擬似セックスシーンを演じさせている。ここで暁月のマッサージの秘技によって、気を注入されたミュウが昇天するのだが、これを暁月は解毒と称している。
これまで遠慮がちで臆病なことが多かったミュウもアク抜けして、最終盤では魔王の娘らしい素質を見せてくれることを期待したい。

はぐれ勇者の鬼畜美学 Vol.1 [Blu-ray]はぐれ勇者の鬼畜美学 Vol.1 BD ◆全巻連続予約購入特典:「原作描き下ろしテレカ」◆(Sofmap)iconはぐれ勇者の鬼畜美学 1 (ダンガンコミック)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]