忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」(最終話)

作画アニメかと思ったものの、派手さはないが安定したシナリオ。その分、毒もないから物足りない部分もあるのだが、高校生活の終盤を切り取るには1クールの尺もちょうどよかったかもしれない「TARI TARI」最終話。

拍手


taritari1301taritari1302taritari1303taritari1304taritari1305
taritari1306taritari1307taritari1308taritari1309taritari1310

主人公たちの前に立ちはだかった年配女性と和解したり、廃校と同時の卒業エンドは同じP.A.WORKSの「花咲くいろは」を連想させたが、それだけ王道の展開でもある。
卒業後に進んだそれぞれの道をエンディングで描いたのは、伏線回収の義務を果たした面もあるが、1クールで完結させる意志の現れだろう。
これまで拾えなかったエピソードの番外編OVAくらいの展開は想像できるが、新たな生活を始めた彼らを描く第2シーズンは考えられない。

taritari1311taritari1312taritari1313taritari1314taritari1315
taritari1316taritari1317taritari1318taritari1319taritari1320

白祭自主公演を禁止する理事長だが、校長と教頭が生徒側についたことで抵抗は少なかった。深刻な困難を乗り越えるのがテーマでもないので、この程度の障害で済ませて問題ない。もっと言えば理事長登場や廃校エンドも必要なかった。
彼らには歌う場が必要だっただけで、教頭や声楽部が中ボスで止めても良かったかもしれない。白祭中止や廃校に他の生徒達が無気力とまでは言わないが、合唱部だけ盛り上がって他の生徒たちの存在感もないのは物足りない。

taritari1321taritari1322taritari1323taritari1324taritari1325
taritari1326taritari1327taritari1328taritari1329taritari1330

卒業後それぞれの進路に進む彼らだが、紗羽の海外行きがラストシーンのメインになった。田中が紗羽に告白したが、それをはっきりと演出しなかった。新しい彼らの生活を、これまでの白浜坂高校合唱部の枠にとどめて終わらせることはない証だと受け取った。
和奏をメインヒロインとしながらも、骨格となるエピソードの中心にいただけで、リード役の来夏、フォロー役の紗羽とのバランスは良かった。その反面、男子2人のエピソードの掘り下げが中途半端だったかな。

TARI TARI 3 [Blu-ray]TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]