忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ココロコネクト 第13話「この五人がいれば」

「ココロコネクト」カコランダム編の最終話。
文研部の5人の前で起きた出来事は何も解決しないままだが、時間退行事件は一旦終わりを見せた。彼らを弄ぶ「ふうせんかずら」と「二番目」が一枚岩でもなく、何らかの力関係もあるようだ。だからこそ次の事件を引き起こす予感も漂わせているのだが、テレビシリーズとしては今回で終わり、第14話から第17話のミチランダム編はビデオグラムでの展開となる。

kokoro-connect1301kokoro-connect1302kokoro-connect1303kokoro-connect1304kokoro-connect1305
kokoro-connect1306kokoro-connect1307kokoro-connect1308kokoro-connect1309kokoro-connect1310

警告を無視して「二番目」の存在を明かしたペナルティなのか、太一にも時間退行が起き、時間帯も無制限となった。うかつに家に帰れず、外にもでられずに夜を明かす事になるのだが、伊織と2番めの父と母親にフォーカスして事件が進行していく。
新しい父親が来る度に性格を変えて生き抜いてきた伊織の生い立ちはすでに語られているからよしとして、せっかく母親が登場したのになぜ父親が何人も替わることになったのか掘り下げがない。浮気性な母親というわけでも無さそうなのだが、2番めの父親を追い返したくらいでは伊織の家庭の問題は解決せず、事件の芽は摘まれてはいない。

kokoro-connect1311kokoro-connect1312kokoro-connect1313kokoro-connect1314kokoro-connect1315
kokoro-connect1316kokoro-connect1317kokoro-connect1318kokoro-connect1319kokoro-connect1320

今まで相手の内面に踏み込むことをしなかった彼らだが、今回の時間退行やこれまでの人格入れ替わりに欲望開放によって、嫌でも他人と関わり向き合うことを「強要」された。
彼らが事件が収束したことにだけ満足して終わることは無さそうだが、事件をどう捉えて次に進むのか、もうしばらく見守るしかあるまい。
青春群像劇ではあったのだが、ここまでは群れるまでに至っていない。他の生徒や大人たちとどう関わっていくのか本番はこれからといったところだが、ミチランダムの視聴機会が少なそうで残念だ。機会があれば続編もレビューしたい。

ココロコネクト ヒトランダム 上 (初回限定版) [Blu-ray]ココロコネクト アスランダム 上(特典小冊子付)ココロコネクト ヨチランダム -愛と青春の五角形(ペンタゴン)BOX- (初回生産限定:4大初回封入特典同梱) (2012年11月発売予定)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]