忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

中二病でも恋がしたい! 第1話「邂逅の…邪王真眼」

京都アニメーション製作・制作の新作は中二病学園ラブコメ。何としても自社オリジナルコンテンツでの成功を目指す京アニの熱意に、これまで付き合いのあるポニーキャニオンとランティス、そしてTBSが製作委員会に参加。持ち込み企画とは違って、京アニが委員会筆頭を務めている。
ハードル下げての日常モノだが、中二やファンタジーをネタにするあたり、ハッキリ言って失敗企画だったムントをネタの肥やしに自己批判しているようにも感じてしまう。

拍手


chu-2-0101chu-2-0102chu-2-0103chu-2-0104chu-2-0105
chu-2-0106chu-2-0107chu-2-0108chu-2-0109chu-2-0110

第1話は手堅く高校入学当日のボーイ・ミーツ・ガールから。
元・中二病主人公が現在進行形の中二病邪気眼ヒロインと出会う、しかも同じ団地の上と下の住人という、学園シーン以外でも日常の展開を進めやすいというお手軽な設定。
主人公の中二病が再燃するのか、ヒロインの中二病が沈静化するのか、どちらもアリなのだが水と油でもない馴染みやすそうな二人の関係の微妙な変化を楽しむのがポイントかもしれない。

chu-2-0111chu-2-0112chu-2-0113chu-2-0114chu-2-0115
chu-2-0116chu-2-0117chu-2-0118chu-2-0119chu-2-0120

この第1話ではサブヒロインは顔出し程度だったが、二人の関係に様々な影響を与えていくのだろう。主人公の過去と二次元嗜好にマッチするのはメインヒロイン小鳥遊六花だが、新生活と三次元の好みは丹生谷森夏に傾くのだろう。
主人公・富樫勇太役には福山潤。これはもうわかりすぎるキャスティングで、ヘンタイでもギアスでも何でもこなす。ヒロインたちは若手が多め。今回は六花くらいしか演技をしていないが、芝居の方は合わないということもない。

chu-2-0121chu-2-0122chu-2-0123chu-2-0124chu-2-0125
chu-2-0126chu-2-0127chu-2-0128chu-2-0129chu-2-0130

シナリオはそれなりでOKだろうから、演出と作画でプラスαを付加する京アニスタイルとなるだろう。石原監督のオープニングコンテは、フラッシュで左右切り替えたせわしない手法。映画などでも見ることはあるが、ちょっと目に優しくない。
エンディングはガールズ・ロックに乗って「けいおん!」と似たテイストの仕上げだが、山田尚子コンテ・演出らしさが出ていて好印象。池田和美のキャラデは期待通り。
勇太と六花の周囲も動き出す次回以降も楽しみにしたい。

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]TVアニメ 中二病でも恋がしたい!OP主題歌(初回限定盤)(DVD付)
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]