忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

謎の雪の街で記憶を辿る祐一の日常がゆっくり進んでいる。
原作PCゲーム、東映アニメーション版の記憶が所々欠けている私も祐一視点で見ていたが、そろそろ客観的に眺めると違う面が見えてくる。

2クールの余裕か、冒頭で書いたように話が遅い。言い方を変えればシナリオ再構成によって伏線を準備しながら、ヒロインたちの関連付けと丁寧な日常描写に尺を使っていると言える。
あゆ、名雪との幼い頃の「約束」そして「なくしたもの」
真琴、舞、栞が「そこにいる理由」「わからない、その答えを探している」
それらは「全て祐一のせい」にして主人公を汚すシナリオも一興だが、きれいに「輪廻と奇跡」でまとめるのだと思う。

祐一も典型的なゲーム主人公の振る舞いで、精力的にフラグ立てて歩いている。
夜中にいそいそと学校に侵入し舞との逢瀬。目に見えぬ魔物の恐怖を感じさせないのだが、そのうち祐一が襲われる時が来るのだろう。「大丈夫、私がさせない」と舞が言わない事を祈る・・・
栞は中庭で待ち伏せしてるし、ずいぶんと不思議ちゃんキャラに振っている気がする。
香里と絡んでから話が動くのだろう。
栞の苗字は秘密の割にはエンドロールでネタバレしてるぞ、京アニ。
オープニングでは、あゆの無くしたものも見せているがいいのか?

名雪と真琴、最近ではあゆも自宅でフラグ立て。幼馴染みキャラは不利だなあ、この先のイベントまでは名雪も空気化。
街を歩いて特定の場所と時間でイベント発生する、エロゲ―の美点を踏襲している。
「同級生」が浮かんだ人は古い!
その意味では、このアニメ「Kanon」も古いというか懐かしい感じが漂う。
最近の京アニファンも、ハルヒと比べて地味に感じている事だと思う。
「奇跡の物語」なんて普遍的とは言え、ここまでに忠実に時代を感じさせる京アニもある意味立派。

今回は前回出番の少なかった「あゆあゆアワー・うぐぅスペシャル」
幼時の時は白リボン、今は赤いカチューシャ。あゆのさまざまな表情が可愛らしく、時に切なく描かれている。
「ずっと祐一さんのこと待っていたのかも」なんて、秋子さん何か気がついているんだったら教えてくださいよ。でも祐一は言わないし、秋子さんに尋ねる事さえ思い浮かばない。
この不思議の国の一番の記憶欠落者は、祐一だと言う事実が徐々に浮かび上がってくる。

あゆがメインの回に見えて、真琴シナリオが進行中。
真琴、可愛いなあ。舞の「あの子のそばにいてあげて」ではないけれども、制作の愛が感じられる。
バイト面接落ちて、秋子さんから保育園らしきところの仕事を紹介されるエピソードを挿入。
ねずみ花火と味噌汁風呂は原作から。
ここで真琴に言う「同じ様な事を何度も繰り返し・・・」これは本作品のキーワード。

次回は真琴シナリオ加速。ぴろ登場。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」怖がりなあゆあゆ。

Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

■Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」  再び過去の扉が開かれる・・・。2人してタイヤキ食べて、街を歩いて・・・。そこであゆは自分の母親がいないという話をする・・・。それを聞いた祐一は「明日も、一緒に遊ぼうな!」という。こんな気の効いた子供い

Kanon 06話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

冒頭でやたらと過去回想が流れるのは、後半への大きな布石になっているのだろうけど、それ以上にあゆルートの占める比重が大きくなったりとかするのだろうか?秋子さんもかなり気付き始めているみたいだし。そうなってくれたら私としては何も言う事は無いんですが。とりあえ

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

夢・・・夢の始まった日・・・木漏れ日の光がまぶしかった。雪の感触が冷たかった。そして、小さな子供が泣いていた。その泣き顔が、今も思い出せない・・・この子供ってどう見ても祐一だよね?やはり7年前に

Kanon 第6話 謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜

あゆから、映画にデートのお誘いです。ヒィーーーうらやましぃッ!ヒュードロドロドロドロドロなぜ、あえて怖がらせる?一体、どれだけのお味噌いれたんだ!それと祐一!真琴を叱るのは良いけど、女性3人の前で裸でタオル1枚って・・・とりあえず何か着ろよ!

Kanon 第6話

$FILE1[関連リンク]http

Kanon 第6話・「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」を見て寸評

 とりあえず言いたいことはだ。秋子さんの寛容さは無敵ってことだな。いつのまにかお呼ばれされているあゆ、さらには真琴のどんな奇行・愚行も許してしまい、仕事まで世話してしまうなんて… アバンではあゆの過去がちょっとずつ描かれて行っているな。ということは最終的

『KANON』 第6話 観ました

早いものでKANONももう6話です。これがワンクール放映でしたら、内容的に焦りが出てくるところですが…、ツークール予定の話なので見ていて安心感がありますね。さてさて、今回はとある日曜日の話らしいですね。しかも、あゆと映画に出かける話。それにしても、せっか

Kanon/6話 謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜

東映版と比べると相変わらず、ゆっくりと展開しています。

『Kanon』第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

 大樹の根元を枕にし、血を連想させる夕焼けを見上げる形でアバンタイトルが始まります。視線を下ろすとそこには泣きじゃくる少年の姿が。モノローグはいつものようにあゆの声なので七年前に彼女に起こった不吉な出来事だと

アニメ「kanon」第6話 感想。

第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」祐一はまた昔の記憶を思い出す。そして恒例のように真琴はまた、祐一の部屋へと忍び寄る。洗濯ばさみの次は、花火だった――幼き日の記憶。たい焼きを食べたあゆの口から、祐一は自分の母親はいなくなってしまったのだと聞かされh

Kanon 第6話 謎だらけの嬉遊曲~divertimento~

絶望した!ブルマ姿が封印されたことに絶望した!! それにしても名雪さんはかわいいんだけれど、うぐぅ・・じゃなかった不遇 ですなぁ。 だからこそ我々は彼女をもっと愛すべきだと思うんです。

Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

原作からしてそうであると言えばそこまでなのだが、過去描写の盛り込み方が秀逸。エロゲ原作でありながら単なるハーレム作品や場当たり的な展開が続くわけでなく、しっかりと作品の世界観が構築されている。相変わらず各キャ

Kanon 第6話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

第6話 謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

 我らの名雪さんが寝惚けた姿以外でほとんど出て来ないのは、スタッフの愛情のなせるワザっすか、それともッ!!さあさあ、答えや如何にっ!!その返答次第ではっ!! いやーまーどーもしないけどさぁ…。orz 確かに管理人は名雪さんのどてら姿が好きだっ!線のようになh

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」感想

神。

Kanon第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

 今回は、祐一とあゆの7年前のシーンからスタートした。友達になった祐一とあゆは、待ち合わせをして一緒にたいやきを食べている。(あゆあゆ呼ばれるのは嫌いらしい)するとあゆがいきなり「祐一くん?」と呼びかけると「愛の告白か?」などと冗談を言う祐一に、

kanon 第六話

より過激にヒートアップしていく真琴の攻撃、あまりにも心の広い秋子さん。そしてだんだん対処が手馴れてきた今日この頃。kanon6話の感想です。それにしても今回のあゆは妙に可愛すぎて困り者です。ただ秋子さんの「足元がお留守になってますよ」発言のせいでヤ

(アニメ感想) Kanon 第6話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

Kanon 1真琴のイタズラに悩まされる祐一。最近、その過激さも増すばかり。祐一は、そんな彼女にバイトをするように勧めます。そして、マンガ喫茶のウェイトレスの募集を見つけ、真琴に電話をかけさせるのですが・・・。

Kanon6話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」 感想

このまったりと祐一のキョン化がたまらないKanonこの見方、あながち間違いじゃないかとwwww今回も過去の回想から。あゆルートでの話で一旦あさく伏線回収でリンクを張っているんですね。OP曲前のあゆの語りも

kanon 6話 を語る

武本さんらしい回でしたね。標識のカットは時かけを思い出しましたが(笑)小麦ちゃんといい、フルメタといい、やっぱ夕日好きなのかなー?武本さん。そういえばAIRでも美凪の回とかやってたような・・・?コンテ,演出:武本康弘   作画監督:堀口悠紀子ハ...

Kanon 第06話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

さって本領発揮してきましたよっと。や、1話から既に本領発揮しまくっていましたけどね(^^;放送開始直後はあまり乗り気では無かったのですが、Kanonのラスト付近のCGを見て感動シーンを思い出したり、5人

★Kanon 第6話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

【公式】花火襲撃、真琴エスカレ

TVアニメ Kanon 第6話 謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜 感想

「TVアニメ Kanon」この京アニ版KanonのDVD第一巻が1月1日に発売されるらしいですね。企業の方々と言うか運送会社様ですか?休む日も無しで、誠にお疲れ様です。しかし元旦はさ、やっぱ初詣に行かねばならんでし

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

やっぱり京アニだけはガチ!!

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

第6話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」  待ってた人がやってくることが一番嬉しいよ――。  ずっと待っていた――それが今回のキーワードです。あゆと真琴のイベントが進行…。それは必然?秋子さんが、

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

Kanon 第6話謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜 祐一も徐々に7年前のことを思い出しているようです。

Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」感想。

Kanon 第 6 話

    「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」 「愛の告白か?」 そんな頃からそのポテンシャル。やっぱ半端ないな祐一。そうやって唐突な切り替えしを磨いていったんですね。 ちょwスゴッΣ(・

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

真琴かぁいい〜(*´Д`)'`ァ'`ァ

KANON 第6話

うわー なんか 祐一君が沢山いる感じがするーこわいよー (ノД`)しかし時間割をちゃんと考えないと、いつか大変な事に・・・ならないのが、奇跡ですね。【KANON 第6話 謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜】>夕焼けに駅前。....

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

そろそろ山場がほしくなってきたな。微妙にマンネリ倦怠期感がしなくもない・・・

[Kanon]第6話 謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜

「Kanon」第6話です。夢・・というか昔の記憶か。幼いあゆは祐一にお母さんが好きかと尋ね、そして自分のお母さんが居なくなっちゃったとそんなことを祐一に語ります。。そんな夢から目が覚めるとねずみ花火を祐一の部屋へ投げ込む真琴。当然逆襲される真

Kanon 第06話

■Kanon■

Kanon 第6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

すでにラブラブですかー。

Kanon 第06話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」感想

祐一が子供の頃の回想。お母さんがいなくなったと話すあゆ。これ、いきなり重い話で困るよな。そこで、一緒にいようとする祐一が男らしいです。一方、今の時間。真琴が真夜中にねずみ花火を投げ込もうと

Kanon 第6話 謎だらけの嬉遊曲(ディヴェルティメント)-divertimento-あらすじ&レビュー

■赤い森[少女] 夢。夢の始まった日木漏れ日の光がまぶしかった雪の感触が冷たかったそして、小さな子供が泣いていたその泣き顔が今も思い出せない■■■■■オープニング■■■■■原作 Key/ビジュア

Kanon #06 「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」

「わからないその答えを探しに来ている、という答えはどうですか?」過去回想:祐一は子供の頃から口達者な奴だなホント・・・。「あのね・・・・、・・・・・・・・・ありがとう」「お母さんがいなくなっちゃったんだ・・・、僕一人おいて・・・・・・・それだけ」祐一が言

Kanon 第6話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

変わらない巡回コースでありながらほんの少しずつ全体が、全員が確実に前には進んでいる感じ。

秋子さん、「DRAGON BALL」に詳しいね

「Kanon」の第6話を見ました。<感想>「うぐぅ〜」の連発であゆあゆが可愛らしかったんだけど、母親に捨てられたと回想で言ったあゆあゆを思うと複雑。これはもう勘弁してよ。美凪だけで十分だって。でもきっとこの母親関係は重大なファクターの1つなん...

Kanon第06話「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

かのそぉ〜ついに6話 やばいねっやばいね。真琴のストーリーがのフラグが立ち始めたし。舞「もうすぐあの子には祐一が必要になる。他の誰よりも」と煽るし (*´・ω・)あ〜あ〜きこえない あ〜     あゆあゆ「祐一君あのね」祐一「なんだ?いきなり愛の告白か?...

Kanon 第06話 「謎だらけの嬉遊曲」

落とし穴は掘っちゃだめですよ♪今回はどのキャラよりも、ネ右一が一番輝いて見えたのは俺だけですかね?

Kanon

6話「謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜」 う〜ん「真琴」の謎が増すばかりです、原作のゲームを知らないのでどういう展開になるのかどきどきハラハラです。それに「舞」の「真琴」に対する発言も気になるし、「

(アニメ感想)Kanon 第6話 「謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜」

何かがおかしい名雪フィギュアwうぐぅ幼女形態から始まってます(;´Д`)ハァハァ

Kanon 第6話 『謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜』

今頃このアニメが2クールだと気付きましたorz

Kanon 第6話 『謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜』

今頃このアニメが2クールだと気付きましたorz

Kanon 第6話 『謎だらけの嬉遊曲 〜divertimento〜』

今頃このアニメが2クールだと気付きましたorz

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

口の人とは・・・

  • by jiro
  • URL
  • 2006/11/12(Sun)19:52
  • Edit
wataru様どうもです!

「Kanon」は確かに派手さはないですが、
失くした何かを思い出せるような
感じがするのがよきかなです。

所々”?”と思う意見が随所に
見られますがなるべく忘れるようにして、

>真琴、可愛いなあ。
このしみじみとした一文がいいですね。
wataru様のまこぴょんへの愛が見受けられます。

口の人とはおもえ・・・ゲフン!

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/11/12(Sun)20:22
  • Edit
jiro様、ありがとうございます。

>所々”?”と思う意見

気になさらずに記憶喪失にしていただけると宜しいかと。

まこぴょん、ゲームよりも東映版よりも丁寧に書かれている気がするんですよ。東映版はDQNな感じが強かったし、真琴シナリオ終ったら跡形も無かったし。
舞やあゆに絡めることで真琴が存在した意味を明確に(特に祐一に)示そうとする意図が感じられます。おっと書きすぎはいけませんね。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]