忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

中二病でも恋がしたい! 第5話「束縛の…十字架(ハード・スタディ)」

中二病患者が夢見る恋はリアルでの充実なのか。
劇中劇でのリアルとはいえ、もう既に六花は勇太に恋しているんじゃないかと思える「中二病でも恋がしたい!」の第5話。

拍手


chu-2-0501chu-2-0502chu-2-0503chu-2-0504chu-2-0505
chu-2-0506chu-2-0507chu-2-0508chu-2-0509chu-2-0510

勇太の方は黒歴史を消すのに必死ではあるのだが、その付き合いの良さから徐々に封印を破りかけている。六花にしても勇太に対する中二芝居に中二セリフは、照れ隠しの裏返し表現なのだろう。
元々中二病患者は、その真意を迂遠なしかも一定の様式美で表現しようとしているから、その究極に至ったところがリア恋につながるとも言える。

chu-2-0511chu-2-0512chu-2-0513chu-2-0514chu-2-0515
chu-2-0516chu-2-0517chu-2-0518chu-2-0519chu-2-0520

六花が期末試験で数学は平均点以上を取らないと同好会解散という危機的状況でのドラマだが、全く切迫感はない。でも六花は自分の居場所を賭けての深刻な事態であるはず。そんな状況も中二芝居に逸らしてしまうのが中二病患者なのだが、優しい顔をしてここまで六花を追い込んだ七瀬先生は只者ではない。
六花が申し出たプール掃除の結果を受けて、更にハードルを上げるという技からして、中二病患者の取り扱いマニュアルを熟知しているといっても良いだろう。

chu-2-0521chu-2-0522chu-2-0523chu-2-0524chu-2-0525
chu-2-0526chu-2-0527chu-2-0528chu-2-0529chu-2-0530

今話の内海紘子コンテ・演出、門脇未来作監コンビには満足。
シリアスにもならないエピソードを、ハイライトをピックアップして見せるシナリオと演出。それを素晴らしい日常ドラマだと勘違いさせてくれる作画と動画の表現力は、さすが京アニといっても良い。でもこれは逆に、それだけしか美点がないアニメーション作品とも言える。
本当に文句ない作品なのだが、欲を言えば本格的なエンタテインメントシナリオに取り組んで欲しいとも思う。

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]INSIDE IDENTITY
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]