忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第6話「まよちき」

主人公秋人が書く兄妹の禁断の恋愛を描く小説がリアルだとして、前回に引き続いて編集担当の神野薫子が話を回す「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の第6話。
出版社の編集担当が大企業の一般事務職みたいな制服という違和感はさておき、シスコン疑惑を探るために寮に乗り込んだところが、妹のブラコンとの激しいせめぎあいを目撃してしまったという新展開。まして生徒会を名乗る住人たちの異様さ、特に会長の性癖の有り様も浮き彫りになっている。

oniai0601oniai0602oniai0603oniai0604oniai0605
oniai0606oniai0607oniai0608oniai0609oniai0610

薫子のリアクションがテンプレ過ぎて単調なのがイマイチといったところ。彼女の妄想癖をもっと膨らませて劇中劇や百合プレイシーンに振ってくれても良かったと思う。
そのテンプレ的な兄妹のブラコンだのシスコンだのの掛け合いシーンも視点が客観的すぎて退屈だ。いっそ今回は薫子の視点だけでシナリオを構成してみたほうが合理的じゃなかったのだろうか。
薫子がハーレムに加わるとも考えづらいので、あくまで仕事上の付き合いとして妄想たくましく、この兄妹の茶番劇や同居人たちを映し出しても悪くないと思うのだが。

oniai0611oniai0612oniai0613oniai0614oniai0615
oniai0616oniai0617oniai0618oniai0619oniai0620

何はともあれ、この夜這いOKで夜な夜なスタンバイ状態の妹を兄から引き離すために、寮では秋子の部屋替えが敢行。別離をむせび泣く秋子だが、その障害も情熱に変えるだけの逞しさを持っている女子高生というのは、秋人のセリフじゃないが他にネルギーを向けるといいのにと突っ込んでみたくもなる。
これまでの秋子との想い出をフラッシュバックして、とても良い最終回風にまとめるのかと思ったら、新管理人登場で台無しにした。まあ、それも言いすぎかもしれないが、この話数での余韻を顧みずに次回予告につなぐ引きも良し悪し。
どうしたって頭の中は今回のエピソードなどどうでも良くなって、次回のロリ管理人登場に期待してしまうではないか。秋人の許婚とくれば、このハーレムの均衡も危ういものだ。ブラコン妹の存在意義を問う次回となるだろう。

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ Vol.1 [Blu-ray]Lifeる is LOVEる!!お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 5 (MF文庫J)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]