忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第11話「The right thing~生き方って何?~」

プロジェクト・イヴでヤミの母親のような役割であり、それと並行したプロジェクトでメアとも関係のあるティアーユ。
原作ではもっと早い登場だったが、彼女たちの過去を回想し未来につなげてまとめるためには必要な改編ということだ。

toloveru3_1101toloveru3_1102toloveru3_1103toloveru3_1104toloveru3_1105
toloveru3_1106toloveru3_1107toloveru3_1108toloveru3_1109toloveru3_1110

メアはネメシスの教えを頑なに守りながらも、ナナとの親友関係に心揺れている。この先彼女もリトのハーレムに加わるのかもしれないのだが、今のところはモモのハーレム化計画の中心にいるリトは興味深い観察対象くらいのところ。
現時点ではモモの頭の中には、リトとティアーユとヤミの親子丼3Pの設定は出来ているようで、メアも加わって親子姉妹丼の構想(妄想?)もあるに違いない。

toloveru3_1111toloveru3_1112toloveru3_1113toloveru3_1114toloveru3_1115
toloveru3_1116toloveru3_1117toloveru3_1118toloveru3_1119toloveru3_1120

ヤミとティアーユの再会の場面は感動的に演出し過ぎることはなく、まだ戸惑いの中にあるヤミの側はクールに描きつつも、あの無表情なヤミの現時点では精一杯の喜びを含ませている。同じ殺人兵器として、メアの件が一段落するまでのヤミは抑えめになるだろう。最終話で区切りはつくだろうか。

toloveru3_1121toloveru3_1122toloveru3_1123toloveru3_1124toloveru3_1125
toloveru3_1126toloveru3_1127toloveru3_1128toloveru3_1129toloveru3_1130

最終話でネメシスが前面に出ることはないと思うが、ハーレム化計画は着々と進み次の機会に続くといった形で終えるのだろう。
ヤミはメアやネメシスの出方待ちだが、終わりの方のカットで「気になる妹」などというタイトルの本を持っているあたり、姉としての存在をアピールして微笑ましい。

To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第2巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]To LOVEる―とらぶる― ダークネス 6 (ジャンプコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]