忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

まおゆう魔王勇者 第10話「あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」

魔王の変装をしてメイド姉が大演説を行った結果、冬の国が農奴解放への動きを後押ししたことにより冬の国は中央の支配から離れ始めている。教会の権力と結託した中央の貴族は自らが安住する富と権力の集約システムを維持するためにも、この事態を看過するはずがない。
その隙を突き青年商人は穀物の相場操縦を行い、先物取引での莫大な利益を上げるために仕掛けをしている。中央対南部三国連合の争いの結果がどちらに転んでも彼に損はない。

maoyu01001maoyu01002maoyu01003maoyu01004maoyu01005
maoyu01006maoyu01007maoyu01008maoyu01009maoyu01010

前週の総集編をはさんでの第10話。予算とスケジュールが厳しそうな作品だが、それに見合わない内容を盛り込もうとしているのが原因ではないかとも言える。
ファンタジーの舞台で中世欧州の史実をモチーフにしながら、政治・経済・宗教などを織り込んで魔王と勇者に担わせた構成は、いかに脇役が活躍しようともコンテに起こすまでに切り捨てねばならないことが多すぎる。
その脇役が活躍するほどにシナリオは複雑になり、肝心の伏線提示がおざなりのぶつ切りになっていないだろうか?

maoyu01011maoyu01012maoyu01013maoyu01014maoyu01015
maoyu01016maoyu01017maoyu01018maoyu01019maoyu01020

前話のメイド姉の演説は重要な場面ではあったが、シリーズ全体を俯瞰すると尺を取り過ぎてバランスが悪いと思う。
他にも中央対南部の政治的なシーンは背後に回して、青年商人の動きに代表させても良かったかもしれない。
魔王が居ない人間界では彼女が打った布石が効いているものの、勇者は自身が戦線に出ることを自制している。やはり魔王の帰還を待つしかないのだろうが、「汚染」の儀式にそれほど意味を持たせなくてもいいのに。

まおゆう魔王勇者 (2) (初回生産限定特典:朗読劇「夜の部」優先購入応募券) [Blu-ray]まおゆう魔王勇者完全設定資料集TVアニメーション まおゆう魔王勇者 O.S.T.まお盤


拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]