忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

D.C.III~ダ・カーポIII~ 第11話「思い出と始まりの場所(ところ)」

ヒロインたちとのイチャイチャがいつまで続くと思っていた「D.C.III~ダ・カーポIII~」だが、急速に枯れない桜の謎やシリーズ全体に迫るシリアスな内容に転換してきた。
これを立夏ルートと言うのかは知らないが、彼女の過去なのか異世界の話がクローズップされてきた。彼女の魔女設定は寝言ではなくて、この世界では真実だったということらしい。

dc3_1101dc3_1102dc3_1103dc3_1104dc3_1105
dc3_1106dc3_1107dc3_1108dc3_1109dc3_1110

色々と思い出してしまったさくらの回想で、本編中では純一と音夢に対しては兄妹なんだから関係を進めちゃいけないような心の叫びを発してみたり、エンディングでは桜に願った音姫の姿があったりとシリーズの核心を垣間みせたりしている。
このさくらは、あのさくらが転生を繰り返した今の姿か。
立夏は中世欧州の魔女狩りの時代からの転生だろうか。今の清隆との関係や勝手知ったる朝倉家といった振る舞いから、もう少し伏線を張り回収してくれたら良いのだが、わかりにくい。解答編は分割2クール目に譲るということなのだろうか。それにしては過去編を中途半端に混ぜ込み過ぎたような感じだ。

dc3_1111dc3_1112dc3_1113dc3_1114dc3_1115
dc3_1116dc3_1117dc3_1118dc3_1119dc3_1120

ここに来て新聞部の活動も放置、他のヒロインたちも急速に影が薄くなっている。杉並や非公式新聞部も深く掘り下げることはなかったが、杉並の場合はどのシリーズでもどの時空でも全てにおいて謎だから、この程度で良いのだろう。

dc3_1121dc3_1122dc3_1123dc3_1124dc3_1125
dc3_1126dc3_1127dc3_1128dc3_1129dc3_1130

そして全てを思い出した立夏の過去の友人ジルも今回限りの登場か?
人を好きになった≒処女を失ったことで魔法を使えなくなったジルが魔女狩りで死ぬのは皮肉だが、この時代では立夏が魔法使い≒処女のまま残念な女で終わることのほうが心配。でも18禁ゲームではケジメをつけるのだろう。

D.C.III R ~ダ・カーポIIIアール~X-rated【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (2) [Blu-ray]D.C.III ~ダ・カーポIII~ [ブルーレイ初回限定特別版] (3) [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]