忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-

禁書目録のテレビシリーズ第2期が終わってしばらく経過し、超電磁砲テレビシリーズ第2期開始直前ということもあり、公開からしばらく経ったところで2回鑑賞してきたので簡単な感想を。
事前情報は特に気にしていなかったので、総集編的なファンムービーかと思っていたが原作者鎌池和馬描き下ろしの新シナリオ。鳴護アリサとエンデュミオンを巡って、この学園都市で科学と魔術の思惑が交差する。
劇場公開の尺にピッタリ収まっているのだが、かなりのキャラ設定や美術設定を起こしつつも半分くらいは泣く泣く捨てているのではないか。学園都市での時間軸のホンの短いところを切り取っているはずなのだが、濃密で厚みのあるシナリオになっている理由はその辺に有りそう。これまでのテレビシリーズで提供されたドラマが観客サイドに事前に理解されている約束で進めていることもあって、大胆に切っても説明不足になることもない。テレビアニメの映画化の利点でもある。

index_movie01index_movie02index_movie03index_movie04index_movie05
index_movie06index_movie07index_movie08index_movie09index_movie10

今回のメインヒロインである鳴護アリサについて、そして彼女と対をなす存在のシャットアウラについての説明に時間を費やしているわけではないし、そのフォローも簡潔だ。このエンデュミオンの舞台を裏から操るレディリーについてもそれは同じ。
しかしこの華やかであり危うくもある装置を舞台に登場したゲストキャラとしては、文句なしの存在感を示している。
そんなニューカマーのキャラの引き立て役として、上条当麻にしてもインデックスにしてもオリジナルキャラたち総出演で盛り上げる構成になっている。

アリサにスポットを当てることでステージシーンの華やかさと裏仕事のシャットアウラの暗さのコントラストが際立ち、それが最後に融合するまでの流れを違和感なく仕上げる要因でもあろう。鳴護アリサ役に三澤紗千香を迎えたがアクセル・ワールドで感じた芝居の物足りなさはなく、楽曲と相まって歌姫を見事に演じたと思う。
ステイルの弟子の魔女っ子3人も本編での登場が期待される。
これだけ新キャラクターと新シナリオを送り出し続ける作品だから、次回シリーズも期待したい。

劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray] ポラリス (劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」劇中歌 )Shining Star-☆-LOVE Letter (劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 」イメージソング)(初回限定アニメPV盤)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]