忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」

あやせ回というか作中の「ラブプラス」風ゲームで中の人が共通する早見沙織回というか、レギュラーの話数ではなく、番外編のような印象の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第2話。

拍手


oreimo2_0201oreimo2_0202oreimo2_0203oreimo2_0204oreimo2_0205
oreimo2_0206oreimo2_0207oreimo2_0208oreimo2_0209oreimo2_0210

これまでどおり桐乃はキモいことに変わりはないが、京介もすっかり桐乃に引きずられてかキモさ倍増。罵り合いながらも「ラブタッチ」を共通キーにして会話ができるあたり、傍目では似たもの兄妹にしか見えない。
京介に対してキモいとの罵倒も桐乃とあやせではニュアンスや距離感が違っていて、桐乃の場合はまだどこかに許容範囲を残している。ところがあやせの場合は桐乃のためという名分があるから京介と会話するのであって、出来れば近づきたくないとう嫌悪感を漂わせている。ベッドで並んで座る距離にも違いが現れている。

oreimo2_0211oreimo2_0212oreimo2_0213oreimo2_0214oreimo2_0215
oreimo2_0216oreimo2_0217oreimo2_0218oreimo2_0219oreimo2_0220

その距離感の演出が少し違和感を覚えるパートもあって、幼なじみとはいえ麻奈実が理由なく京介の部屋に来て京介のキモい独り言を聞くのは唐突な感じがする。
もっとも、桐乃のこととはいえあやせが京介に相談することだって、これまでの経緯からするとかなりの冒険をさせている。桐乃が家にいながらも知らせずに京介の部屋で二人きりになるなんて、チャレンジャーだ。
その分、充分にキモい京介の姿を見せられて、これであやせの京介との距離が縮まるわけがない。あやせからの罵倒もローリングキックもご褒美になってしまうから、キモオタ京介は始末が悪い。
今回は読み切りのような決着だが、やはり黒猫が参戦しないと本編は始まらないようだ。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]reunion(期間生産限定アニメ盤)俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11) (電撃文庫)

 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]