忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」

演出などで色々と言いたいことはあるが、作画が多少回復していた。悪い事には変わりは無い。
そして今ごろ気付いたがフィーナの苗字アーシュライト、スペルはEarthlightなんだろう。
月光に対する「地球の光」遠く離れても、お互い鏡のような似た関係。

今回だけ切り取って見れば、許婚の陰謀と国王の苦悩、身を呈して単身月に戻る王女様と影に応援する側近、地球に残された主人公の決意と見守る家族たち。
ここまで書いて、なんだか素晴らしいSF冒険純愛物語のような気がして来た(笑)
しかしこれを描ききれない脚本、ぶち壊す演出、興ざめする絵のレベルで、アニメになったことがかえって悲しくなると言うもの。
さらにシリーズ構成から考えると、終盤になっての唐突感に溢れている。

絵コンテ、演出の問題としてはフィーナとセフィリアを描き分けられていない事。
カメラマン高野の撮影した亡きセフィリアの入浴シーンを見る国王ってのも哀れな感じだが、娘のフィーナの入浴シーンを盗撮しているのかと思える。
描き分けられないのか、意図的にミスリードさせようと言うのか真意はわからない。
大体、セフィリアのCVだってフィーナと同じでケチったとしか思えない。

元は平民だったという国王のセフィリアの回想が長く、もう少し伏線を張っておいて簡潔にまとめて欲しかったところ。今さら達哉の父の若い頃なんて登場させて、これから伏線張るのか?どのように回収するのだろう。それとも名も知らぬ恋のキューピットでした、で終わらせるつもりだろうか。

達哉もフィーナに置いていかれたとウジウジしてるが、カレンが月から迎えにきて俄然元気に。
確かにカップルとしては片翼では不完全だが、これまでの9話で家族の暖かい応援と周囲の見守りにより、二人の愛が育まれる部分が足りないので、急にどうしたんだ達哉?と違和感で一杯。
しかも「一緒に帰ってきたら婚約パーティーだ!」などと呑気なことを。
アニメオリジナリティーを意識する余りに、オーガストの原作が持つ通称「ワールド」のシナリオ構成を破壊してしまったのが余りにも痛い。

PS2版は今日(12/7)発売
オーガスト冬コミの販売物情報更新(リンク先には年齢制限なし)
http://august-soft.com/event/index.htm
冬コミセットは携帯ストラップ大丈夫かな?夏は不良品交換事件があった。
麻衣の抱き枕は悩みどころ・・・会場で触ってから考えよう。
瑞穂ちゃん再販もあるしなあ。絵柄は断然麻衣なんだが。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第10話「片翼だけのお姫様」

 駄目だあ。  私はこういう話に、思いっ切り弱いのです(^^;。  見ていてずっとわくわくしちゃって、次回がもう、楽しみで仕方ありません。  いいないいな♪。

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第10話 「方翼だけのお姫様」

セフィリア登場ヽ(゚∀゚ )ノフィーナより可愛く見えたのは気のせい?

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話

フィーナがカレンのことや達哉のことで単身月に帰国する話。ライオネスとセフィリアの学生時代が見られたことに驚きました。フィーナ似ていてしかもフィーナ以上に活発な人だったようで(笑)。いきなり達哉が倒れていてフィーナが月に出発。何事かと思ったら達哉....

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話 片翼だけのお姫様

ここまできたらもうラストまで付き合うつもりですけれども 結局、リースたちは何がしたいんだろうか・・・。 前回あれだけ達哉をぼろぼろにしておいて、見守るってオイ!

アニメ「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」第10話 感想。

第10話「片翼だけのお姫様」眠る達哉の元に座っているフィーナ。達哉へ語りかけますが、当然その声は届いておらず……。唇にキスをしようとしますが、直前で躊躇い唇は頬へと。フィーナは達哉を置いて月へと向かいます。月へと到着したフィーナ。そして登場したユルゲン。こ

(アニメ感想) 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第10話 「方翼だけのお姫様」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love VOL.1カレンが何者かに拘束された事実をフィアッカから知らされたフィーナは、ミアを伴い月へと戻ります。月で、父ライオネスと再会したフィーナは達哉との将来を考えていることを明かします。それを聞いた父は、フィーナの母である....

夜明け前より瑠璃色な 第10話 「片翼だけのお姫様」

ある意味今一番注目してるアニメのけよりな。余談ですが本日PS2版の発売日!ウチの職場のゲーム売り場では早々と売り切れてた!?Σ(゜д゜;)・・・まぁそんなに数

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-第10話「片翼だけのお姫様」

夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-第10話「片翼だけのお姫様」感想セフィリアとライオネスの過去が明らかに、そして達哉はフィーナを追い月へ―――

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 。。。。 第10話 片翼だけのお姫様 。。。。 地球から月までは 片道 約38万km  理科年表によると384、400km ・・・・ 自家用車で10万km走るのよりも遠いの

これが ホントの お姫様だっこ。ちょっと説得力に欠ける気がしなくもないけど、急展開なのは いがめない気がしなくはないけど、意外と良かったよ。ドラマしてきたな〜って 感じ。ライオネス国王の回想が 効果あったかな。あちこち 描ききれていない部分があるの....

夜明け前より瑠璃色な Clescent Love 第10話 「片翼だけのお姫様」

第10話 「片翼だけのお姫様」よあけなもいよいよ盛り上がってきましたね。今回は個人的に普通に面白いと思いましたが、みなさんは感じたのでしょうか。まぁ、今までが酷すぎたんですけどね(笑)前回、ユル

夜明け前より瑠璃色な【第10話】

フィアッカよりカレン拘束の情報を聞いたフィーナは単身(ミア付属)月へと戻る。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話 「片翼だけのお姫様」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話 「片翼だけのお姫様」今週のキャベツ達哉、行っきま〜す!作画はある程度回復してますが、この展開は…

空気読めてないなぁ

「夜明け前より瑠璃色な Crescent Love」の第10話を見ました。<感想>たった1話にしてフィーナと達哉の存在感を上回ってしまった感がするフィーナの両親の学園生活。そこに達哉の父ちゃんまで挿入してくるのは達哉とフィーナの父ちゃんがあった際のやり取りを....

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話「 片翼だけのお姫様」感想

ライオネスが只の無能な王にしか見えないんですが。微妙な感じは拭えませんね…カレンが拘束されていることを知ったフィーナは単身スフィリアへ。カレンが説得に失敗したのであれば、今度は自分が説得すると言うも

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」

博士「実に素晴らしい・・・」 助手「空気アニメですね・・・」

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」

リース(フィアッカ)の話はもう終わりですか!?なんちゅうあっさりとした流れなんだ・・・

[アニメ] 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第10話 「片翼だけのお姫様」

夜明けな第10話。フィーナvs強大な力、国家。その頃達哉は…?倒されて寝ていましたヽ(;´д`)ノ

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」

 ホームステイを切り上げて月に戻ったフィーナは父、ライオネスに直接達哉のことを進言した。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話「片翼だけのお姫様」

カレンを助けるために月に行く決意をしたフィーナ。そんなフィーナに対しさやかは「月で不穏な動きがある」と助言をする。これから最終回までずっとユルゲン絡みの話がメインなんでしょうか。こっちの見る気も減退

夜明け前より瑠璃色な −Crecent Love − 「片翼だけのお姫様」

月に戻ったフィーナ。地球に居るときとは、打って変わって身分を隠さず行動。別人のようです。て、過去のことだったのか。

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話「片翼だけのお姫様」

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話「片翼だけのお姫様」フィーナ、愛の言葉

夜明け前より瑠璃色な

「片翼だけのお姫様」  まぁ正直茶番のような気もする展開ではありますが・・・、どうにも「達哉」の考え方があまり稚拙すぎて・・・、今回の月の王様のエピソードも「達哉」を補助するシナリオを用意したと思

夜明け前より瑠璃色な第10話の感想−主役よりお母様が美しい件についてw(・・は書いてないです(汗

作画、今回は良かったですね。EDのテロップ見ると、今回の原画さんは、全員日本人で19名のようで。前回は、日本人7名+外国の方6名のようですから、体制が全然違うようですね。ネタとしては物足りないでしょうが、やはり綺麗なほうがぼくは好きですよ〜

夜明け前より瑠璃色な-Crescent Love- 第10話「片翼だけのお姫様」

前回の記事で、予告に攻殻機動隊のトグサみたいな人がいる〜っ!!・・・と、書きましたが、その正体は、フィーナの父・ライオネスの若かりし頃の姿でした( ̄∇ ̄;)実は、ライオネスも平民の出身でした。だったら、

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話「片翼だけのお姫様」

地球と月――フィーナが乗りこえようとしているもの。身分の違い――フィーナの母が乗り越えたきたもの。過去と現在、ふたりの王女が超えなければならなかった障害…今回は、フィーナの亡き母についても語られます。なんかイメージと違って活発すぎ(笑)

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love 第10話 「片翼だけのお姫様」

クローンじゃね?

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」見ました

夜明け前より瑠璃色な 第10話「片翼だけのお姫様」見ましたー。今回は作画がまともっぽかった。途中のディフォルメ2頭身の所とかは合っていないなー手抜きっぽいなーと思ってみてしまいましたが。こう毎回作画の話をするアニメってのも珍しいですね。あらすじ。フィーナが月

夜明け前より瑠璃色な 第10話 片翼だけのお姫様

フィーナ・ファム・アーシュライト彼を、達也を愛していますから。朝霧 達也今やっと、その約束が守れます。行きます、月へ!リ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

「ワールド」

  • by あずれ
  • 2006/12/08(Fri)16:39
  • Edit
> オーガストの原作が持つ通称「ワールド」のシナリオ構成を破壊してしまった

というか、「ワールド」を避けるべく(たぶん、この「ワールド」を好きになれなかった監督さんが?)いじったところ、つまらなくなってしまった、という感じがします。

あと、2話(でしたっけ)がどう展開するか、ある意味楽しみ(?)です。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/08(Fri)20:45
  • Edit
あずれ様

構成とか脚本の問題よりも、ここまで来ると企画の失敗でしょうね。
ちょっと残念です。

カ・イ・ガ・ン!

  • by jiro
  • URL
  • 2006/12/09(Sat)09:49
  • Edit
wataru様どうもです!

ここまで無茶苦茶ですと
作画の酷さももはや過去の話。
ストーリーがグダグダの方が目に余ります。これ損害賠償請求されても文句言えないような・・・。

>素晴らしいSF冒険純愛物語のような気がして来た(笑)
そんな話だったのかぁ!!

今私は開眼しました。
来週が楽しみになりました。

私からもトラックバックさせていただきます。

Re:カ・イ・ガ・ン!

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/09(Sat)19:43
  • Edit
jiro様

>来週が楽しみになりました

いや、皮肉でしょうが期待すると裏切られて機関銃撃ちまくることになりますから・・・

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]