忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話「そして、それぞれの舞台の幕が上がり、祭りは最高にフェスティバっている。」

これまでの10話分はイントロみたいなもので、ようやく上っ面を取り去った主要キャラクターの地が見えてきた。文化祭を舞台にしているが、それはこの人間ドラマの背景に過ぎず、舞台に上がった彼らの終幕が楽しみになってきた。

oregairu1101oregairu1102oregairu1103oregairu1104oregairu1105
oregairu1106oregairu1107oregairu1108oregairu1109oregairu1110

実行委員の仕事で追い詰められた雪乃だが、原因の半分は変えられない自分にある。そんな雪乃を助けるつもりではないのだろうが、同じ奉仕部のよしみを装って八幡が本気を出したようだ。「仕事しない半分」の筆頭である相模がジワジワと追い込まれていく。相模が実行委員長に立候補したのも女子グループ間のパワーバランス争いの一部なのだろうが、そんな邪な態度では委員会の現場は回らない。

oregairu1111oregairu1112oregairu1113oregairu1114oregairu1115
oregairu1116oregairu1117oregairu1118oregairu1119oregairu1120

そんな相模をひと目で見ぬいて先に利用したのは雪乃の姉の陽乃。相模は嫌な奴には見えるが、根が浅い。でも陽乃の腹黒さは底なしのような印象で、そんな外面と内面の激しいギャップを持つキャラをクレバーに演じる中原麻衣の芝居のおかげでもある。
雪乃が少しだけデレ、鈍い八幡には結衣がアタック宣言とハーレムの予感さえするのだが、そんなに普通のラブコメにならないことだけは間違いない。修羅場もないだろうが、今回陽乃が仕掛けた呪いとでも言うようなトラップが待ち構えていそうな嫌な予感。
相模にしても、次回で簡単に救済される安い展開でないことを願う。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray] やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。 (限定版) (新作OVA Blu-rayディスク(アニメ1話分を収録。渡 航脚本。) 同梱やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6 (ガガガ文庫)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]