忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話「それでも彼と彼女と彼女の青春はまちがい続ける。」

最後の最後で下手を打った相模の情けなさに溜飲が下がるわけでもなく、雪乃に義理立てしたわけでもないのに相模に対して「骨を断たせて肉を斬る」といった自爆覚悟の八幡の行動に共感するわけでもない、ましてや文化祭の結末に感動するでもない、そんな宙ぶらりんの感情を未消化のままで本編を終えたことこそ、本作品らしさが出ているのだろう。
カタルシスなど犬に食わせておけというくらいの投げっぷりが清々しい。

oregairu1201oregairu1202oregairu1203oregairu1204oregairu1205
oregairu1206oregairu1207oregairu1208oregairu1209oregairu1210

シリース中盤までは拗ね者・ひねくれ者のどうしようもないアニメだと思っていたのだが、ラスト2話のまとめ方だけは評価したい。
今回の八幡の相模に対する物言いに対する葉山の言葉の裏にある心理描写が足りないとか、肝心の戸塚はどうしたんだと、もう少し尺の配分が良ければと思うのだが、このどうしようもない主人公たちにとって、最底辺からスタートする序章の幕引きとしては申し分ないようにも思う。

oregairu1211oregairu1212oregairu1213oregairu1214oregairu1215
oregairu1216oregairu1217oregairu1218oregairu1219oregairu1220

このどうしようもない孤独者を理解することは同世代には難しく、平塚先生や陽乃が八幡の良き理解者であったことを思うと、きっと彼女たちも苦い青春を送った経験があってこそなのだろう。
空気のような存在であった八幡がヒールとして認識され、存在感を持ってデビューしたこの文化祭は、彼らの第二幕の出発点となるのだろう。
少し八幡を理解したかのような雪乃だが、意外とその認識は甘いのではないかと思えたり、空気を読んで場に合わせているだけのような結衣が意外と化けそうな予感がしたりとキャラが立ってきた所で第1期を終えることになってしまったのは惜しい。
昔の事故が現在に引きずっている伏線も未回収のままかな。
彼らのまちがったままの青春ドラマ第二幕を期待したい。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray] TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」キャラクターソング集「やはりこのキャラソンはまちがっている。」やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。 (限定版) (新作OVA Blu-rayディスク(アニメ1話分を収録。渡 航脚本。) 同梱)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]