忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

物語シリーズ セカンドシーズン 第4話「猫物語(白) つばさタイガー 其ノ肆」

ヴァンパイア・ハンターのエピソードの再登場だが、これは「化物語」の前、春休みにあった出来事以来なのだろうか。
もう一人、怪異の専門家を名乗る臥煙伊豆湖の登場。「何でも知っている」と、羽川翼の「何でもは知らないわよ。知ってることだけ」の決め台詞の裏を取るかのような挑戦的なセリフが印象的だが、短い出会いの会話の中で知っているはずなのにそれを解決しようとしない羽川翼への強烈な皮肉が込められている。
さらにもう一人、阿良々木母の斟酌のない物言いにさらにストレスを抱えるかと思った翼だが、新たな言葉に彼女自らの手で決着をつけようとする決意を見ることができる。

nekomonogatarishiro0401nekomonogatarishiro0402nekomonogatarishiro0403nekomonogatarishiro0404nekomonogatarishiro0405
nekomonogatarishiro0406nekomonogatarishiro0407nekomonogatarishiro0408nekomonogatarishiro0409nekomonogatarishiro0410

序盤をナビゲートしたのは戦場ヶ原ひたぎだった。これは羽川翼が彼女自身の言葉で彼女自身の問題を語ることが出来なかったのだから適役だった。徐々に話の脇に退いてきたことが分かる第4話だ。
決して突き放すでもなく憎むのでもなく、羽川翼が自分の感情の一部を嫉妬と認識したこととは違って、戦場ヶ原ひたぎは好敵手として羽川翼を迎える余裕を示している。

nekomonogatarishiro0411nekomonogatarishiro0412nekomonogatarishiro0413nekomonogatarishiro0414nekomonogatarishiro0415
nekomonogatarishiro0416nekomonogatarishiro0417nekomonogatarishiro0418nekomonogatarishiro0419nekomonogatarishiro0420

阿良々木家でのファイヤーシスターズも、兄の事情と羽川翼の問題を絡めて斟酌することなく、「正義」のカテゴリーのみで羽川翼を迎えている。確か両親は警察官ということで、この姉妹に限らず暦の根っこの部分を律する血のつながりを感じることができる。
自分の内面と向き合うことがブラック羽川と虎の問題に決着をつけるには必要だと思うが手助けなしで可能なのか、白馬の王子さまのように登場した暦が解決しては意味が無いと思うのだがどのように仕上げるのか注目したい。

猫物語(白) 第一巻/つばさタイガー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray] アイヲウタエ(期間生産限定盤)(DVD付)猫物語 (白) (講談社BOX)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]