忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

真琴シナリオは佳境。
祐一と再会するため、そして今度は祐一とずっと一緒にいられる事を願って、記憶と命を代償に人の姿でありつづける真琴。その正体は物見の丘に住む妖狐。
その奇跡の力も失われつつある中で、幼い記憶を取り戻した祐一は子狐を置き去りにした贖罪をするが如く真琴に接する。
真琴のストーリーであると同時に、祐一の過去と今を抉る物語でもある。

平坦なシナリオと演出。
美汐がかつて経験した事を祐一に語るカットを挿入しながら、真琴が人としての力を失って行く様子を淡々と描いて行く。悪く言うと説明的ではあるが、伏線の回収とクライマックスへ向けてタメを作るのにはこんな回も必要。
真琴のキャラデも徐々に幼く、飯塚雅弓のCVも幼児的に変化して行く。「あうーっ!」も回数が減ってきた。

「ホントはお前が俺と寝たいんじゃないか?」とエロゲ的(いや、それは確かに原作はそうだが)セリフを吐く祐一だが、嫌らしさは感じない。
真琴の行動が幼くなるに連れ、仲の良い年の近い兄妹のようだ。
もっとも真琴は恋人である事、結婚を望んでいる。祐一が真琴に対してどうありたいのか、それはまだ語られていない。
真琴のセリフ、アバンの「春が来て、ずっと春だったらいいのに」はエンドの「結婚したい、結婚、祐一と。そしたら、ずっと一緒にいられる」と対になる。

真琴に「思い出すな!」とは今を失いたくない祐一の気持ちの表れだが、美汐から「見守る事しか出来ない」と忠告。
そして、発熱の一度目は真琴の強い想いで持ち直したが、二度目はもうお終いだと。
その美汐は同じ様な悲しい過去を持ち今も引きずる。

学校を休み真琴に付き添う祐一。「あの子にはあなたが必要になる」舞の予言が現実に。
つかの間の、そして最後の穏やかな日々。
シナリオに絡まないあゆ、栞、舞は出番が無い。でも水瀬家が舞台である以上名雪は出てくるが、立場的には空気化。部屋の前から立ち去る名雪の表情は物悲しい。

サブタイからして次回は真琴シナリオの最後。悲しみと希望が、この身をかき回す事になるのだろうか。
個人的にはアニメの真琴のシナリオの真価は、ピリオド打ってから余韻をシリーズ中に現すことが出来るか否かだと思う。
真琴が祐一や他のヒロインたちとの記憶をしっかり留めて還ることが出来るように、次回シナリオに期待したい。
Kanon 特典オリジナルDVD付き 2007/2/1発売予定
その他の Kanon グッズ

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

★Kanon 第9話 「子狐の子守唄 〜berceuse〜」

【公式】タオル用意してました第

Kanon 第9話・「子狐の子守歌〜berceuse〜」を見て寸評

 キツネ…かぁ。しかも只の狐ではなく妖狐だったとは。 example:妖狐。今更ながらにして友岡氏作監はキレがあるわぁ、と思う。 狐と人間というと、触れ合いよりもどうしてもエキノコックスとかの方を心配してしまう俺は心が荒んでいるのでしょうか。  しかしまだまだ?

Kanon 09話 「子狐の子守唄 〜berceuse〜」

だからと言って、こういう展開は明らかに卑怯かと。いやいい意味での“卑怯”なんですけども。真琴が元の姿に戻りつつある=元気を急速に失っていく一連の流れが、その先の結末を否が応にも想起させられてしまうんで、残り少ない僅かな時間を祐一と過ごすシーンとかむしろ非

(アニメ感想) Kanon 第9話 「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

Kanon 1日に日に体力が弱っていく真琴。そんな彼女を気遣い、側にいて共に時間を過ごす祐一。そんな中、美汐に呼びだされた祐一は、彼女の口から真琴に関するある衝撃的な事実を聞かされるのでした・・・。

Kanon 9話

泣きました。ちょっとウルウルきた、とかそんなレベルではなく、号泣しました

Kanon 第09話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

脚本:志茂文彦 絵コンテ・演出:北之原孝将 作画監督:門脇聡はい、3話のスタッフと同じですね、6話で一回りが確定です。サブタイの「子守歌」、記憶が失われ幼児化していく真琴にピッタリの言葉です。その後のberceuse(ベルスーズ)は、フランス語で「子守唄」という意

kanon第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」見ました

kanon第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」見ました。原作未プレイ、東映版未視聴な自分の感想ー。真琴オンリー…あゆがくどい位登場していた頃が懐かしいよ。祐一が街を離れる時に、置いてきぼりにされた子狐の咆哮が非常に物悲しかった…。祐一に、きっと最後への伏線である

Kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

やっぱり京アニだけはガチ!!

Kanon 第09話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」

前回で真琴=祐一が昔拾った狐ということが確定。そして今回の序盤でその当時の状況がさらに詳しく語られる。原作を知る人間としてはアバンも本編も真琴の挙動に見入ってしまう。欲しい物が100円ショップの鈴ってい

Kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

 ド畜生ッ!!←挨拶 くそっ!くそくそくそぉぅッ!!覚悟してたはずだっ!この先はイバラの道だ、と!先週明らかになった辛い現実は、今週になって一層辛く響くだろう、と!手を抜かない京アニの技は、オレをどうにかしてしまうだろう、と!それがどうだ、どうだよっ、フ

Kanon第9話「子狐の子守唄〜berceuse〜」

 真琴の正体が、10年前祐一と一緒に過ごしていた子狐で、事情を知る天野美汐は「真琴が記憶と命を引き換えに今の姿になっている。理由は祐一にまた会いたいという一心だけ。」とを祐一に説明した。そして真琴にも変化が現れて箸を落としたり、ちょっとした

Kanon 第9話「子狐の子守歌(ベルスーズ) ~berceuse~」

作画は素晴らしい。特に顔の筋肉が弛緩しつつある真琴の表情は儚くも美しい。 が、ちょっと期待しすぎたこちらが悪かったかしら。 演出に関しては非常にレベルの高い「普通」な出来。 なので、いつか書こうと思っていたOPについて。 このOP、(恐らく)3D背景

『Kanon』第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

 そろそろギャグを挟む余地がなくなってきました。茶化したりツッコミを入れたりするのがうちのデフォルトなのでレビューし辛くはありますが、もちろん文句を言う筋合いではありません。作画のクオリティが次第次第に下

Kanon 第9話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」

だめだ・・・もう見てられねえ(.;ロ;;)幼児退行は卑怯です。イヤでも観鈴ちんを思い出します。このままで行くとただの悲劇。救いはあるのでしょうか。春が来て、ずっと春だったらいいのに・・・冒頭のこ

Kanon 第9話

$FILE1[関連リンク]http

Kanon 第09話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」

前回で真琴=祐一が昔拾った狐ということが確定。そして今回の序盤でその当時の状況がさらに詳しく語られる。原作を知る人間としてはアバンも本編も真琴の挙動に見入ってしまう。欲しい物が100円ショップの鈴ってい

Kanon 第9話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」

[[attached(1)]]||<#FFFFFF' style='color

Kanon第9話 「子狐の子守唄 〜berceuse〜」感想

マジで泣く5秒前涙腺が危うい事になったのは事実です。という訳で次回、感動の嵐となるであろうkanon9話感想です。地味に気合いれて感想書きます。徐々に弱っていく真琴。天野から全てを聞かされた祐一は、真

Kanon 第9話「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

Kanon 第9話「子狐の子守歌 〜berceuse〜」悲しき物語…

アニメ「kanon」第9話 感想。

第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」食事を取る祐一達。体力の衰えを見せる真琴は、やはり箸を握り締める事が出来ずに何度も落としてしまう――箸を落としてしまう真琴を、複雑な表情で見やる祐一。脳裏を過ぎる、あの言葉。寒い寒いと連呼する真琴。真琴は暖かいのが好きだh

『KANON』 第9話 観ました

だんだん真琴の終わりが見えてきてしまいましたよ。で、この真琴ルートの見所としては…(名雪好きにとって)名雪が怒ったところが見られる。(前回、祐一に秋子さんの事で抗議したところ)名雪が凹んだところが見られる。(今回、真琴に冷たくしていたと打ち明ける)名雪の

Kanon 第9話 「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

第9話 子狐の子守歌 〜berceuse〜

Kanon 第09話 「子狐の子守唄 〜berreuse〜」

歯磨きが辛いってどんだけ子供なんだ・・・もう子供じゃないって辛い時点で子供だよ。歯を磨いてやる祐一も祐一だがw真琴の記憶が戻りかけてきた。消えたピロ。どこにいったのか?消えたことと真琴に何かつながりがあるのだろうか?高熱をだしたことを言....

Kanon 第9話 「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

たった一つの想いだけで彼女は留まることが出来ていました。ずっとずっと一緒にいたいと思うその気持ちだけで、かけがえのない時間を手にするために。

Kanon 第9話 子狐の子守歌(ベルスーズ)-berceuse-あらすじ&レビュー

(あゆどころか、栞も舞も香里も佐祐理も登場しないとは)■水瀬邸 ダイニング家族全員で朝食中[沢渡真琴] あれ?お箸、落としちゃった真琴、箸を落とす。祐一、それを悲しそうな目で見ている[水瀬秋子]

Kanon/9話 子狐の子守唄 〜berceuse〜

残酷なほど真琴がゆっくりと弱っていく様を描いた9話。

Kanon 第9話

Kanon第9話「子狐の子守歌」

■kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

■kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」           萌え路線ばっかだったkanonも、そろそろ第9話。今回の感想を一言で述べますと、、、非常に鬱・・・。マジで鬱。とても鬱。蝶鬱。ブラブラブラボー鬱。そんなわけで、奏光ストレインを越える..

kanon 第9話「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!えっ、何がって?!そんなのマコピーの…

「Kanon」第09話

= 第09話:「子狐の子守歌〜berceuse〜」 =   徐々に人間らしさを失っていく真琴。||<#ffffff'style='font

Kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

Kanon 第9話子狐の子守歌〜berceuse〜 刻一刻と迫る真琴の死期。

Kanon 第9話「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

第9話 「子狐の子守歌 〜berceuse〜」春が来て、ずっと春だったらいいのに――。ただ裕一と会いたい一心で、人の姿になって現れた子キツネ。それが、『沢渡真琴』という少女の正体だった。しかし、それは束の間の奇跡の時。

TVアニメ Kanon 第9話 子狐の子守歌 〜berceuse〜 感想

「TVアニメ Kanon」祐一が真琴を探している時の場面。あのピアノの旋律には参ったね。しかし、どうしてこうも感情を揺さぶられてしまうのか。だけど、今回はまだ泣けなかった。まだ、おれは泣かない・・・

Kanon第09話「子狐の子守唄〜berreuse〜」

飛びに飛んでもう9話、最近はアニメを見るのに忙しいまあそれ以外も忙しいのですが そろそろまこぴーの最後が近づいてきています。小説版が出た当初はちょうど中学の頃なんだが小説読んで泣きました・゜・(/Д`)・゜・。「マジで・・・「ちょっwwwおまっww」ぐら..

Kanon 第09話「子狐の子守唄 〜berceuse〜」

テラマコピー・゚・(ノД`)・゚・。 ……とかいう単語が頭に湧いた私も、もうすぐダメなのかもしれんねorz

[アニメ] Kanon 第9話 「子狐の子守歌 〜berceuse〜」

Kanon第9話。奇跡の終わりはゆっくりと、だが着実に近づいてくる…

Kanon 第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

PCの前で、「あう〜」と呟きながら、潤目で視聴しました!

Kanon第9話「子狐の子守歌〜berceuse〜」

子狐の子守歌〜berceuse〜「春が来て、ずっと春だったらいいのに」真琴があの子狐であったことを確信した祐一。その日も校門前で待っていた真琴に、祐一は「たまには何でも買ってやる」と申し出る。「鈴の音が大好きだったのよ、あの子」「お前は何も思い出さなくていいん..

真琴を是非我が嫁に!

「Kanon」の第9話を見ました。<感想>頑張った・・・今回の私は頑張った。予告の鎮魂歌には寒気が走ったけど頑張った。だからもう来週はゴールしてもいいよね。「もうすぐあったかくなるさ・・・」どう見てもありえないこの言葉。成人式をこの間やってい...

Kanon 第09話

■Kanon■

Kanon

第9話 う〜感動です!次回はもっと感動できるんでしょう!これまでの「真琴」に起きた事が奇跡だとすれば、できればアニメオリジナルで奇跡を起こして欲しいものです!個人的にはハッピィエンドが好きなんです

Kanon 第9話 「小狐の子守唄〜berceuse〜」

真琴づくし第二弾!! もはや見守るしかない別格中の別格アニメ、Kanon。今回も静かに静かに始まります。 冒頭、またしても箸を落とす真琴。前回より明らかにちゃん

Kanon 第09話「子狐の子守歌〜berceuse〜」 感想

徐々に人としての機能が弱くなってきている真琴。祐一は10年前に子狐を拾って水瀬家で半月ほど飼っていたことを思い返す。というか、子狐可愛いなぁとか思いっぱなしなんだけど。それに、『春が来て、ずっと春だった

[Kanon]第9話 子狐の子守歌〜berceuse〜

「Kanon」第9話です。いつも通りの水瀬家の朝の食卓。でも・・真琴の手からは箸がポトリと・・何度やっても手に付かず。そんな姿を見ながら美汐の言葉を思い返す祐一。次第に人として振舞うことができなくなると・・まだまだ寒い日が続きますが今から春の

Kanon 第09話 「子狐の子守唄」

真琴のほうを見てられない今回・゚・(つД`)・゚・というわけで今回は、かわいい動物を中心に注目してみますたww新たにアニメで動物萌えを開拓してしまったぜ、全く京アニめ・・・( ̄ー+ ̄)

Kanon 第09話 「子狐の子守歌〜berceuse〜」

全米が泣いた! あうぅぅぅ(ノД`)・・・画面がにじんで上手くタイプできないや・・・

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

ゲームのアニメ化は難しい

  • by jiro
  • URL
  • 2006/12/03(Sun)13:36
  • Edit
wataru様どうもです!

>飯塚雅弓のCVも幼児的に変化
上手いです。やはり実力派は違う。何年もやっているその重みもあります。だから泣けるんだよなぁ。

>ピリオド打ってから余韻
頼むから空気にだけはしないで欲しいです。これだけの経験が忘れ去られたら・・・。この辺がアドベンチャー系ゲーム作品を作る上での難しさでしょうかね。

だからといってキャベツは許せることは出来ませんが。

私からもトラックバックさせていただきます。

Re:ゲームのアニメ化は難しい

  • by wataru
  • URL
  • 2006/12/03(Sun)13:51
  • Edit
jiro様、こんにちは。
始まる前は飯塚雅弓の演技がとても心配だったのですが、第1話でホッとしたのを覚えています。
声のキャスティングは難しいですね、キャスト変更で騒ぐ気持ちが良くわかります。
真琴は飯塚雅弓でないとダメな体になっています。

真琴シナリオは終ってからが始まりかもしれないです。だから京アニのシリーズ構成で最初に持ってきたのだと信じています。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]