忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

とある科学の超電磁砲S 第18話「お引越し」

「とある科学の超電磁砲S」シリーズ後半は「silent party編」。
何かを企図する研究者の集団が敵となるようだが、引きの会議シーンでは布束が参加しているらしいことが分かる。妹達編では美琴とは違う動機で「絶対能力進化計画」を阻止しようとしていた布束だが、アイテムの絹旗に捕縛されていた。新たな立場で美琴たちの前に登場することだろう。

railgun2_1801railgun2_1802railgun2_1803railgun2_1804railgun2_1805
railgun2_1806railgun2_1807railgun2_1808railgun2_1809railgun2_1810

研究者たちはアイテムと同系列の組織なのかと思えば、アバンではアイテムメンバーの能力を試すようなトラップを現場に仕掛けていたこと、街角でひったくり犯を逮捕したレベル4の婚后光子の能力の使い方を非難していることなど、能力者に反感を持っている言動が伺える。乱雑開放編のテレスティーナのようなラスボスとして描かれるのか、最終盤はパワードスーツやメカバトルになりそうな印象ではあるが、どうも小者っぽくていけない。

railgun2_1811railgun2_1812railgun2_1813railgun2_1814railgun2_1815
railgun2_1816railgun2_1817railgun2_1818railgun2_1819railgun2_1820

silent party編導入部である今回は枝先絆理の退院と彼女と住むために初春の部屋を出ることになる春上衿衣にフォーカス。この新編では話に絡まない印象だから、日常生活の舞台を替えて2人は脇に置いた扱いにするのかもしれない。彼女たちにとってはようやく幻想御手編の被害者の立場から離れ、独立した生活をこの学園都市で送るスタートである。
そして花壇で眠る少女フェブリが登場。後半の重要なキャラクターのようだが、美琴の名を知っている。謎の少女がもたらす新事件に注目したい。

とある科学の超電磁砲S 第2巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] リンクス (初回限定アニメ盤) (「とある科学の超電磁砲S」新エンディングテーマ)とある科学の超電磁砲 佐天&初春 抱き枕カバー

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]