忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

とある科学の超電磁砲S 第19話「学園都市研究発表会」

引っ越して出番がなくなったと思っていた春上さんだが、何かと理由をつけてしぶとく登場。でも本編には何も関係無さそう。チャイルドエラーの先輩として迷子のフェブリの受け入れ先探しの時に過去のエピソードを思い出させたくらいだ。

railgun2_1901railgun2_1902railgun2_1903railgun2_1904railgun2_1905
railgun2_1906railgun2_1907railgun2_1908railgun2_1909railgun2_1910

謎の金髪幼女フェブリ。美琴の名を知っているのは研究所などで聞き知っていたのだろうか。布束らしき人物もいた組織がフェブリを探しているが、前話でアイテムのレベル5麦野の能力を試したり、今回も美琴の能力を確認し実験につなげようとしたりとフェブリを巡って暗躍が続いている。
美琴を嫌うようなフェブリだが、能力実験の被験者なのだろうか。美琴が発する電磁波を嫌っているのかもしれないし、まずいキャンデーも能力体結晶みたいなものだろうか。布束が関わる以上、「絶対能力進化計画」に連なる計画の被験者のような気がしてならない。

railgun2_1911railgun2_1912railgun2_1913railgun2_1914railgun2_1915
railgun2_1916railgun2_1917railgun2_1918railgun2_1919railgun2_1920

「学園都市研究発表会」という学園都市の地味な文化祭のような舞台。ジャッジメントはその警備に、フェブリの世話を一時的にすることになった佐天さんと美琴は見学者の立場だが、襲撃されかかったところを一時撃退。次回はフェブリ争奪戦だろう。
今回の作監修正はレギュラーメンバーにクセがあるけれど、フェブリの表情だけは気合が入っている。
脚本に吉野弘幸、コンテ・演出に後藤圭二を初起用。アクションパートは少ないが、出会いから日常、そして発表会会場までの一連のフェブリと周囲の人物たちの描写は丁寧だった。

とある科学の超電磁砲S 第2巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] オトナアニメ Vol.31 (洋泉社MOOK) リンクス (初回限定アニメ盤) (「とある科学の超電磁砲S」新エンディングテーマ)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]