忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

とある科学の超電磁砲S 第22話「STUDY」

これまでの絶対能力進化計画でのクローン研究の経験を生かし、というか協力させられているのだろうが、今はサイレントパーティーで人造人間への関与を続ける布束。
以前の妹達を救おうとして果たせなかった経緯を引きずったまま、今度はフェブリを逃し、体内毒素の中和剤データを美琴に託そうとしたのは、彼女なりのケジメなのだろうか。
テレスティーナは美琴を始め学園都市の能力者たちを実験材料呼ばわりしたが、優秀そうだが主体性のハッキリしないまま流される布束も、無能力者のコンプレックスを利用されている有冨たちサイレントパーティーメンバーもまた研究対象にしかならない皮肉。

拍手


railgun2_2201railgun2_2202railgun2_2203railgun2_2204railgun2_2205
railgun2_2206railgun2_2207railgun2_2208railgun2_2209railgun2_2210

妹達編を通し美琴は孤独の限界を知り友情を知り、クローンと人造人間の一種の純粋さと儚さに出会った。そして課せられた己の運命を仲間とともに切り拓こうとする強さが備わった。
組織同士の能力バトルが中心の禁書目録シリーズとは違い、超電磁砲シリーズではいわば籠の鳥の学園都市の中での能力者の葛藤、無能力者の恨み、それらの人間の感情のゆらぎまで利用して研究を進めようとする、陰のゲームマスターの存在が話を織り成している。
女子中学生主人公にはいささか荷が重い話が続くが、時折差し込まれる日常回との配分具合で鬱になることはない。

railgun2_2211railgun2_2212railgun2_2213railgun2_2214railgun2_2215
railgun2_2216railgun2_2217railgun2_2218railgun2_2219railgun2_2220

そこで今回は水着回ではないものの、ささやかながらアイテムメンバーたちが水着姿を披露してくれた。一番派手な露出がお子様体型のフレンダであるのはご褒美ではあるが、いかにも背伸びをして大人ぶった水着をチョイスしたに違いないと思われるのがフレンダのツメの甘さ。ツメは甘くてもポロりはないというのは監督の隙のなさか。基本的にパンチラもさせないようだし…
次回はフェブリがプロトタイプだとすれば、進化系の人造人間ジャーニーの登場が予告され、シリアスな終盤になる。もう水着回などないだろう。
ジャーニーもまたロリ美少女であることを祈りながら次回を待つ。

railgun2_2221
とある科学の超電磁砲S 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray] とある科学の超電磁砲 S 2014カレンダー とある科学の超電磁砲 佐天&初春 抱き枕カバー
 RSSリーダーで購読する

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]